2022年09月27日

樋口和貞が竹下幸之介超えV2、日本人ヘビー級同士でインパクトだらけの激戦みせた〜9.25 DDT・後楽園、情報&感想

カテゴリー:DDT

09263.png


 2大タイトルマッチが話題となっていたDDT・後楽園ホール大会についていろいろ。
 発表もこちらで。
 一番下に私の感想も。


樋口和貞が竹下超え

 全試合結果は以下で。

 観衆:701人(札止め) ※歓声アリ50%席数

▼公式ダイジェスト
■Who's Gonna TOP? 2022 | DDTプロレスリング公式サイト
https://www.ddtpro.com/results/18931



<配信アーカイブ>
■Who's Gonna TOP? 2022| DDT、プロレスリングノア、東京女子プロレス、ガンプロ、路上プロレスを見るなら | WRESTLE UNIVERSE(レッスルユニバース) | WRESTLE UNIVERSE
https://www.wrestle-universe.com/ja/lives/iZzQDYEkGo8has5WpvJLoR

 DDTでついに覚醒、強さを背負った樋口和貞と、AEWでブレイクし世界が注目するレスラーとなった竹下幸之介が激突。

▼この試合で最もインパクトあったシーンかも

 大げさでなく大激戦の末、ぶちかましで樋口が勝利。





 次挑戦は、元・同ユニットの坂口征夫。
 竹下・遠藤という団体2大エースを超え、DDTはヒグチを中心に回りだす。
 これで竹下幸之介はAEWへリターン。12月にまた一時帰国する予定。



 セミでは、上野勇希がカーラ・ノワールを下す。

▼これはチャンス

 カーラ・ノワールは良かった。入場以上に試合が素晴らしい。
 DDTは良い外国人呼んでます。

 DDTは10月末に2大タイトル戦、そして11月から「D王GP」へ。
 12月にTDCホールでビッグマッチを予定しています。

発表まとめ、D王GPにRSP参戦

<10.23後楽園、全カード>
■10月23日後楽園大会全カード決定/KO-D無差別級選手権試合、樋口vs坂口! UNIVERSAL選手権試合、上野vs竹田! D王GPに向け、出場選手6人がスペシャル6人タッグで激突! フェロモンズvs高木軍の決着戦は2vs5のハンデ戦、なんとダークマッチに! | DDTプロレスリング公式サイト
https://www.ddtpro.com/news/18939
以下、主要カード
▼KO-D無差別級選手権
 樋口和貞(c) vs 坂口征夫
▼DDT UNIVERSAL選手権
上野勇希(c)vs竹田“シャイニングボール”光珠
▼吉村直巳&火野裕士&クリス・ブルックス vs 遠藤哲哉&MAO&納谷幸男
▼須見和馬デビュー戦:平田一喜vs須見和馬

<D王GP開催>

■DDT最強を決めるリーグ戦「D王 GRAND PRIX 2022」全出場選手&ブロック分け決定/EXTREME王者・ジャネラ、“オハイオの悪魔”RSP(リッキー・シェイン・ペイジ)、納谷、KANONが初出場! | DDTプロレスリング公式サイト
https://www.ddtpro.com/news/18933
【Aブロック】
遠藤哲哉(6度目の出場/第3回準優勝)
佐々木大輔(5度目の出場)
上野勇希(4度目の出場/第5回準優勝/DDT UNIVERSAL王者)
吉村直巳(3度目の出場)
ジョーイ・ジャネラ(初出場/DDT EXTREME王者)
SP(初出場)

【Bブロック】
樋口和貞(5度目の出場/KO-D無差別級王者)
クリス・ブルックス(4度目の出場)
MAO(4度目の出場)
火野裕士(2度目の出場)
納谷幸男(初出場)
KANON(初出場)
 今年は40歳以下限定。
 RSPはリッキー・シェイン・ペイジの名で来日経験ある大型選手。優勝戦線に絡んでくるのでは。

<ディーノが本を出版>
■男色ディーノ、デビュー20周年記念書籍の発売が決定! さらに12月21日後楽園ホールにて男色ディーノ20周年書籍出版記念(予定)大会の開催も決定! | DDTプロレスリング公式サイト
https://www.ddtpro.com/news/18934
 チケットを買うともれなく書籍がついてくる。
全席指定8,000円(当日8,500円)※20周年書籍付き
 お得かどうかはほんの内容次第か。
▼まだ本は書いていない


一夜明け会見

▼【記者会見】9.25「Who's Gonna TOP? 2022」後楽園大会一夜明け記者会見


■【記者会見】死闘から一夜明けたKO-D無差別級王者・樋口和貞「竹下幸之介に勝ったので堂々とDDTのチャンピオンとして歩んでいきたい。坂口征夫を倒したい」 | DDTプロレスリング公式サイト
https://www.ddtpro.com/news/18942
■【記者会見】UNIVERSAL王座初V成功の上野勇希「一発勝負で未知の対戦相手、強豪とタイトルマッチをしたい」 | DDTプロレスリング公式サイト
https://www.ddtpro.com/news/18943

ブラックアイ感想

> WRESTLEユニバースでLIVE観戦。
 セミの上野勇希vsカーラ・ノワールも良かったのですが、ちょっとメインがすごかったですね。
 樋口和貞vs竹下幸之介、内容が素晴らしかった。
 日本人の大型選手同士で、スピードもあってぶつかり合いもあって、それでいてただ技を出し合うのでもなく‥。
 特に、技へのカウンターがことごとくハイ・インパクト。テレビ前でも声が出てしまうような攻防が連発。
 あとは技が1つで終わらず連携していくものもイイ。
 全てがド迫力なので、本当に引き込まれました。
 一つだけ引っかかったのは、ふぃにっしゅの”ぶちかまし”。
 これだけやって単純な技に戻るというのは凄く良いのですが、ちょっと説得力があと少し欲しかったか。
 ぶちかましでもいいんですけど、すいません、ここまですごすぎたので。

 戦前に竹下選手が語っていた「新時代のプロレス」、日本人大型選手同士対決がこれだけの内容を残したという意味ならあったかもしれない。
 また別の意味で言っていたような気もしますが、どうなんだろうか。
 樋口鉄柱図付きのカメラアングルは新しかったかも。あれ最高でしたね。

 私はプロレスにおける「強さ」というのは、かなり広い意味があると考えておりまして、MMAで勝てるかとか、格闘技的なものだけではないだろう。
 常人を超えたモノを見せつけられれば、「弱い」とは言われないのではないでしょうか。

 樋口選手は、こういう試合を他の選手ともできるか、ですね。
 それが達成されれば、DDT全体のレベルも上がるでしょう。




 個別記事ページ→ 樋口和貞が竹下幸之介超えV2、日本人ヘビー級同士でインパクトだらけの激戦みせた〜9.25 DDT・後楽園、情報&感想

posted by sugi
2022年09月 03:03 | Comment(0) | DDT
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。