2022年09月06日

新日本プロレス声援解禁大会が大盛り上がり、コール・ブーイング・「帰れ」」「愛してます」、正直これがプロレス〜選手コメント集

カテゴリー:新日本プロレス

09051.png


 約2年半ぶり、新日本プロレスで声援が解禁。
 他団体では既に行われていますが、今回は明らかにボリュームが違った。
 選手のコメントなど紹介。


EVILはバレクラ入り後、初のブーイング


観衆:700人(札止め) ※コロナ規制席数、50%以下にする必要あり。また、感染予防を優先される、声援しない人のための席ブロックも設けられていました。

▼配信アーカイブ ※本日は無料です!


 大会詳細、試合後コメント、など
■バーニング・スピリット ? 東京・後楽園ホール 2022/9/5 | 新日本プロレスリング
https://www.njpw.co.jp/tornament/362193?showResult=1



 第1試合から、声援に関する選手コメントを中心に紹介。

▼第1試合


試合後コメント
ーー2年半ぶりに声援が解禁され、風になれの大合唱があり、そういった意味で大きな意味のある試合だったと思うのですが
みのる「と思うのが、これから出てくるヤツらがいっぱい喋んだろどうせ。オレにしてみたらこれが新しいスタートだとか、な、次の第一歩だなんてこれぽっちも思ってねえから。これがあるべき姿だ。プロレスの、な。腹の底から応援して、腹の底からふざけんなこのヤロー!って文句言って、な。1日楽しんで、明日の活力にする。それがオレが考える日本におけるプロレス。オレはずっとそう思ってる。別に偉そうな、なんかスゲー位の高い競技だとか、なんか鼻につくような名前とかそんなもんいらねーよ。
オレが思う最高のプロレスは“大衆娯楽”だ。オレは常日頃、ずーっとそう思ってる。日本にプロレスが根付いて、何十年、50年、60年、新日本が50年だからもっとだ。70年とか。大衆娯楽としてこの日本にずっと根付いてきたプロレス。一つあるとすれば新たなる一歩、新しい一歩踏み出したぐらいだ。それにしても何かある度にオレ第1試合の男になってんな、オイ。ふざけんなよ! オレはよ、今日出てくるIWGPチャンピオンであろうと、『G1』チャンピオンであろうと、どこのチャンピオンであろうとオレは常日頃、テメーらの首狙ってる。忘れんなよ。

それともう一つ、ここでお知らせがありまーーす。鈴木みのる10月、また、外の世界に一人で行ってこようと思う。今度はアメリカ、カナダ、そしてイギリス。一人で世界中回って来ようと思う。そうだな、言うなれば鈴木みのる一人ワールド・ツアー。誰も来なくていい、誰も。オレがな、去年、一年前、アメリカで、何十試合と戦ってて、どこの一つも誰一人としてそれを記事にすることもなければ、どこも報道されることもなかった。だけど数万人、いや数十万人、アメリカの国民たちがみのる、みのると声をかけて、言ってくれた。今年も楽しく行ってこようかな。そう、オレにはよ、ちょっとよ、世界を回らなければいけない理由も一つできたんだよ。それはこれから……。
(※東スポ岡本記者を見つけ)なんだよ、なんでオマエいるんだよ。なんでオマエがいるんだよ」
岡本記者「取材で……」
みのる「ええ!?」
岡本記者「取材です」
みのる「取材拒否だよ。(※やり取りをカメラマンが写真を撮っているのを見て)こんなとこで写真撮ってねーで、上行ってオマエらのプロレス、存分に楽しんで来い」

▼第2試合
EVILはヒールになって初のブーイング。

▼第3試合
ーー初めて声援を受けたと思いますが
オーカーン「初めて、“Great-O-Khan! Great-O-Khan! Great-O-Khan!”という大歓声を受けたのは、貴様、何年やってんだ記者を。オイ! 何年やってんだ貴様ら。初めてな訳ねーだろ。イングランド、アメリカでは大歓声を受けてる。日本の愚民どもがちょっとシャイだっただけじゃねーか。そのぐらい許してやるよ、それぐらい器が大きいんだよ。その分、今後一番大きな声援を出すがよい。一応言っておくぞ、余はプロレスなんかが大嫌いなんだよ。だから余のことは好きじゃなくていい。ただし! 一番応援している、一番ついていきたくなるレスラーであればそれでいい。それを示すのが貴様ら帝国民達の声援次第だ。あ、あとグッズ買うことだな。以上」

▼第4試合
アキラ「今日は(ファンから)本当の日本のプロレスの熱を感じられた。今日の観客は熱狂していたね! 俺たちは2年半ぶりにやっと、声援を楽しむことができた。今日の試合で彼らはUNITED EMPIREを応援してくれていた。『アキラ、アキラ! TJP、TJP!』ってね。ああ、興奮した。この気分を毎日味わいたいよ」

▼第6試合
KENTA「(自伝を片手に現われて、TVカメラマンを見ると)特徴ねえな! いやいやこの間はありがとうございました。まさか持ってるとは思わなかった。いい仕事したな、こいつ。歓声あり、何年ぶり? 凄いじゃん。でもね、プロレスファンって凄いよ。他の競技ってみんなちょっと声出しちゃったりしてんのに、そんな中でしっかり守ってここまで来たプロレスファンは凄いよ。たまにちょっとアレだけど、凄いよな。今日、歓声あると違うわ。ブーでも何でも歓声あると、楽しんでるだろ、これ見たらな。これだよ。これがエンターテインメントだよ。ほんで、やっぱりこれ! (自伝『足跡』を見せながら)“あし・あと”! これ今日も、東スポに何言われようと今日もやるから。しつこいって言われようが何しようが…」
下田「(コメント中に急に姿を現し)KENTA選手!」
KENTA「下田(美馬)さん、今日はなんすか? 今日はなんすか?」
下田「実は自伝が……(と言ってから、KENTAに何かを耳打ち)」
KENTA「ええ!? Kindleから電子書籍版が出る? ちょっと見せてください、見せてください」
下田「すいません。今日は持ってないんですよ〜」
KENTA「なんだよ。それも見たいのに、それ。イメージだけでもそれを見たいのに〜」
下田「すいません」
KENTA「(TVカメラマンを見て何かに気づき)……まさかお前、持ってないよな……
(なぜかTVカメラマンは電子書籍版の『足跡』のページが開かれたタブレットを持っており、KENTAはそれを受け取ると)特徴ない奴! お前……! (電子書籍版『足跡』を見せながら)はい、これ電子書籍版が出るからね。こんな感じで。いつでも、いつでもスマートフォンとかで見られる。あなたのスマートフォンに俺の“あし・あと”が持ち運べる。これ(紙の本)だと荷物がかさばるから嫌だっていう人いるんでしょ?
「ねえ? しかもこれ(電子書籍版)だったらポケットに入れて、ポッケ……いや俺、ポッケって言う人嫌いなの。俺、ポケット派だから。あれ、いい年こいてポッケって言う奴いるけど、俺は大嫌いなの。これ電子書籍。ポケットに入れて持ち運べるから。あとほっぺね。ほっぺただから。ほっぺも嫌い。これ電子書籍版をポケットに入れて持ち運べるから。どうこれ? 便利だから。9月7日だったかな? 調べて。Kindleで電子書籍版が出るから。それで明日知ってる?
「明日の試合。メインネンベントゥ(本人の発音)、メインネンベントゥ。ということは、今日来ている客全員で“あし・あと”の大合唱いけんじゃねえの、勝てば? いけんじゃないの、それ?」
「内藤のなんか“デ・ハポン”とか、そんな時代じゃないよ。全員でこれ、“あし・あと”ってやった瞬間に内藤が乱入してきたら、俺キレるかんな。やらせろよ。やるから。絶対に勝ってやるから。乱入してきたら本当にキレるよ。全員で明日来る奴、覚悟しとけよ。俺が“あし・あと”ってやるから。俺は勝ってやるから、それ。練習しとけよ? 練習するほどのことでもねえけど、今日見た奴、『表紙変わっちゃった。前の表紙のほうが良かったな』っていう奴いるでしょ? 心配しないで。(自伝のカバーをめくるともう1枚カバーが出てきて)ただのおまけだから。何回も言うけどおまけだから安心して買って。表紙とかもそういうのはいいから。持ち運びやすいほうがいいなっていう人はもうKindle、電子書籍で出るから。分かった? 分かった? 結局、今日俺が……電子書籍も決まって、何が言いたいかって言うと、試合数が遅くなって、ちょっと客が飛ばし過ぎちゃって、1試合目2試合目から飛ばし過ぎちゃって、ちょっと疲れてたんじゃないのってこと! ペース配分考えろよ」

▼セミ

※ヒロムはバックステージに来るなり声にならない大笑いをし
ヒロム「危ねえ、危ねー! あまりにも楽しすぎて、あまりにも嬉しすぎて、笑い声すら出なかった。危なっ。いやー、これなー。何が足りなかったのか、わかっていたつもりだけど、今日ハッキリとわかった。やっぱりオレが求めてたのは、オレがプロレスに求めてたのはこの、声援だ、声だ。例え、応援とかそういう目的じゃなかっとしても、とりあえずこの声が出てるそのプロレス、それを求めてた。今日、やっとわかっていた答えだったけれども、わかりました。オイオイ、みんな。コロナ前よりか、声出てるんじゃないの?
今日、半分だろ? マックスの半分にも関わらず、マックスだった頃よりか、声が出ちゃってるんじゃないの? ハハーン、ということは皆さーん、コロナ前は本気じゃなかったんですねえ。ついに、みんなも本気になったと。いや、このコロナ禍でみんなも溜まってたのを今日、吐き出したんだろうね。でも、今日だけじゃなく、それをずっと続けてくれ。ずーっとこの声をオレたち、レスラーに聞かせてくれ。ああ、やっとなんか嬉しい、すごく嬉しい、いやあのー、ほんとにこれはねー、ほんとに正直に言う、ほんとにこのコロナ禍になってやっぱり物足りなかった。
拍手、嬉しいよ、嬉しいけどさ、プロレスの醍醐味を9割、9.5、いや9.9失った状態で、試合してたと改めて思いました。いやあ、そう。これがプロレス。あれー、そうだ。これがプロレスだ。なんか、すごく嬉しいです。ただただ嬉しいです。よおし、この中で、いろいろ全部やりたいよね。声援がこれだけある中で、オールスター、ジュニアのオールスター、そりゃやりたいよ。いつになるかわからないよ。いつになるかわかんないけど、やっぱり、この声援ある中、いや、フルハウスで声援ある中、やりたいな。ほんとに気持ちよかった。ありがとう。ありがとう。ありがとうプロレス、ありがとう」

内藤「かつて、最高の空間というのはレスラーとお客様が一緒に作り上げるものだって言ったことがあったけど。今日試合して、改めて感じましたよ。最高の空間というのはレスラーだけじゃ絶対に作ることはできない。会場のお客様と一緒に作り上げるものだって。今日、歓声ありのプロレスを経験できてよかった。
次は“デ・ハポン”の大合唱、お客様と一緒にしたいな。その為に必要なこと、それは! メインイベントに戻ること。さあ、どうやってメインイベントにもどろっかなー。カブロン!」

タイチ「脱がされた。誰が、誰がもろだしだよオマエ。誰がまわし外れたからオマエ、負けてんだ。誰がもろだしで負けだよ。誰かもろだし相撲だよ。オマエ、コラ。まあいいや、長いんだ、このシリーズ。まだまだやってかなきゃならないでしょ。この2年半、3年? 声出せなかった中で、今こうやって帰ってきて、テメーらが声援貰ってる2年だか3年前、それぞれの立ち位置変わったろ。それぞれもらう声援の色も変わったろ。そういった、そういった話この後、この後、詳しく、(YouTubeの)生配信で、してやるよ。オマエら、感想聞かせてくれ。この後、すぐ、生配信。以上。ザックゴメンな」
ザック「(※日本語で)ダイジョーブ、心配ないよ」
タイチ「まわし取られちゃった」

ザック「(日本語で)コノアシドウダ! ワルイデス! ワルイ!痛い! ナイトーに全部壊れさちゃう! 2年半ぶりにようやくファンが歓声を出せるようになった! オレはこのパンデミックの間ずっと日本を離れなかった、今日は楽しかったよ。ナイトーの野郎から膝にドロップキックを食らうまではな! このヤロー、ナイトー! これで3試合が終わったけど、あのバカと14試合も残ってる。どうしたらシングルのベルトに挑戦できるのか、まだ計画は何も思い付いてない。俺はシングルのベルトだけに集中してる。
(日本語で)マダ ワカラナイ。脳みそがちゃんと動いてない。それもあのバカの顔を毎日見てるからだ!ナイトーは(日本語で)ダッサイ! 今日ここに集まったファンはみんなバカ……でも、バカでも彼らの声を聞けたのは良かったよ。すごく良かった」
 
▼メイン

オカダ「凄い歓声があって、いやプロレスっていいなって、やっぱりこれぞプロレスだよっていう気持ちも凄く感じましたけども、正直、あれぐらいの歓声っていうか、しっかり皆さんの気持ちっていうのは歓声がない中でも伝わってましたんで。まあ、もう少しでしょう。プロレスもそういうところが素晴らしいじゃん。3カウント入る前にしっかり返して、3カウント入らなかったでしょ?
 また、こうやって立ち上がって攻めていけることが出来ると思いますんで、しっかりと皆さんもまだまだ油断は出来ないですけど、盛り上げていきたいと思いますんで、よろしくお願いします。そして、JONAHとこうやってやって、前哨戦で1本獲れましたんで。あんなデカくて強そうに見えるけど、『G1 CLIMAX』のチャンピオンはオレだから。しっかりそれを分からせるように闘っていきたいと思います。ありがとうございました」

棚橋「(泣きながら現われて、涙が引くと上を見上げながら)嬉しくて、嬉し過ぎて、何も浮かんでこない……。今日がまた新たな始まりです。リング上でも言いましたけども、この2年半、ただただ新日本プロレスを応援してくれた、ワールドで見てくれた、東スポ、週プロ、様々なプロレス媒体で試合結果や新日本プロレスの盛り上がりを気にかけてくれていたファンの皆さん、2年半という月日は長かったです。
 長かったですが、この2年半を皆さんの声援がたった1日で埋めてくれました。ワープしてきました。まずは第一歩です。今日の喜びをずっとみんなと共有したいのであれば、選手、そしてファンの皆さんも気をつけてね、生活していくことが大事だと思うし、そして最後に言わせてください。
 (また顔をクシャクシャにして泣きながら涙声になり)2年半、ちゃんとルールを守って、拍手のみの応援で、会場に来てくださった、ワールドで見て応援してくれた新日本プロレスのファンの皆さんを、心の底から誇りに思います。ありがとうございました」






■【新日本】約2年半ぶり声出し解禁で大“ヒロム”コール! 「風になれ」大合唱も復活(東スポWeb) - Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/9a8d2d7f8c74318ffeee62ed374c356580598857
■新日本プロレス、2年半ぶり「声出し応援可」で開催 鈴木みのる入場で「風になれ」の大合唱(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/e3c5322b4beb75f5ef4cf60d6ae16d3cd7fcd508
■【新日本】声出し解禁で2年半ぶり「大歓声」に棚橋弘至「うれしすぎて何も浮かんでこない」(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/d60edf2806995117c5f6fb71b911c4cbeb0000e9
■【新日本】歓声解禁で1年分の鬱憤爆発 拷問の館に容赦ないブーイング&「帰れ」コール発生(東スポWeb) - Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/e7fa6f7bb1991d84865a17a2badb3ec149b07211
■【新日本】内藤哲也 歓声復活で持論再認識「最高の空間はレスラーだけじゃ絶対につくることはできない」(東スポWeb) - Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/f3675dc6fa583b8be399d51cd11e7b2d7a322689
■棚橋弘至、大声援に感激の涙 新日本プロレス、2年半ぶり「声出し応援可」で開催(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/359beb4d4c39d072cdf09503bf12bba4f53ec7f4

■新日本・ムタと仲間割れのオーカーン「問題はたくさんある」もヒクレオ破壊予告(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/eb7018f7ef3ce5bde5e06e0e2e8e56a4ca5d5798




フル客席より声援優先にしてもいいのでは

 やはりプロレスに歓声は必要だと再認識。
 ナシで今までよくやっていた、見ていたと想います。

 ただ、これですべて声援解禁というわけではありません。
 まだ限定、アリにするには、マスクなどルール徹底は当然で、客席を半分にしたうえ、地域・会場の判断も必要。
 でも、どうなんでしょう。
 今日の大会で思い知らされましたが、今後はフル客席より声援アリを優先すべきなんじゃないでしょうか?
 これまでは仕方ないんです。ルールをしっかり守ってきたからこその今がある。
 まぁあのでも、集客は苦戦している団体がほとんどだし。
 テレビで見ていても、空席のあるシーンとした会場から中継するより全然楽しい。生観戦もしたくなる。
 もちろん興行収益とか、様々な問題はあるのでしょうが、今日の大会を見てしまうと、声援ナシに戻るのが怖くもなる。

 何か国内プロレスのvsコロナの流れが変わる予感すら感じた、本当に素晴らしい盛り上がりでした。
 今日(9.6)の新日本・後楽園ホール大会も声援OK。
 ただしチケットは前売りで完売しております。

 声援OK大会を幾つか。
■10月26日(水)&27日(木)後楽園ホール大会は「声出し応援可」で開催! | 新日本プロレスリング
https://www.njpw.co.jp/376106
■新日本プロレス、10・16長岡、11・2小松大会を声出し応援可能に…9・5、6後楽園ホール大会に続き(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/74b6cdc1f25907177f3306c73ba6dcccb243bfee

■TAKAみちのく公式
https://twitter.com/takam777/status/1560116865673809922
9.12 タカタイチデスペマニア・代々木第2、声出しOK、

■NOAH公式
https://twitter.com/black_eye2/status/1562029632508940291
 10.30有明アリーナは声援OKに。

 まだありますが、ちょっと時間ない。すいません。
 新日本以外の団体でも声援OK大会は増えつつあります。
 新木場1stRINGは団体の判断のみで、声援OK大会がかなりあります。
 確認してみてください。 



 個別記事ページ→ 新日本プロレス声援解禁大会が大盛り上がり、コール・ブーイング・「帰れ」」「愛してます」、正直これがプロレス〜選手コメント集

posted by sugi
2022年09月 03:27 | Comment(0) | 新日本プロレス
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。