2022年06月09日

AEW世界暫定王者決定戦にまずはジョンモクスリーが進出、まさかのウィルオスプレイ登場も〜禁断の扉PPVに向け大きく動く

カテゴリー:AEW

Screenshot_20190101-171200-678x381.png


 AEW×新日本・“禁断の扉”Forbidden Door PPVに向け、大きく動き出しました。
 暫定王者決定戦はAEW出場者が決定。
 オカダのIWGP世界王座に挑戦名乗り。
 AEW新王座に新日本からも代表派遣。
 そして本日最大のサプライズは、ウィル・オスプレイ登場。


■[AEW] 速報 6月8日放送のAEWダイナマイト 試合結果:前編 バトルロイヤル、PACvs.マーフィー、ウィル・オスプレイ登場、他 ? 青空プロレス試合結果速報
https://aozora-pwresult.com/archives/56082
大会全結果はこちらで。
■AEW Dynamite live results: Casino Battle Royale, winner faces Jon Moxley - WON/F4W - WWE news, Pro Wrestling News, WWE Results, AEW News, AEW results
https://www.f4wonline.com/news/aew/results/aew-dynamite-live-results-casino-battle-royale-winner-faces-jon-moxley
 オブザーバー版。

暫定王者決定戦、AEW代表決定

 まず変速時間差のバトルロイヤル。
▼第1試合 バトルロイヤル
<出場者>
ダービー・アリン、エディ・キングストン、トニー・ニース、ランス・アーチャー、ダニエル・ガルシア
リッキー・スタークス、ジャック・ヘイガー、レイ・フェニックス、スワーブ・ストリックランド、キース・リー
ジョン・シルバー、竹下幸之介、マックス・キャスター、オースティン・ガン、コルテン・ガン
ホッブス、カイル・オライリー、ボビー・フィッシュ、ダンテ・マーティン、ウィーラー・ユウタ
アンドラデ・エル・イドロ

▼公式動画、フィニッシュまで見られます


 竹下幸之介も出場。彼がAEW代表で新日本と対戦していたら衝撃すぎますね。
 最後は、BOSJ帰りのウィラー・ユウタと、新日本Jrでも活躍したカイル・オライリーが残り‥オライリー勝利。
 
 メインで暫定王座進出者決定戦。

 ジョン・モクスリーがカイル・オライリーに勝利。
 順当にAEW代表となりました。
 大阪城ホール大会における、棚橋弘至vs後藤洋央紀の勝者と王座決定戦を行います。

禁断の扉興行でIWGP世界王座戦も?

 これ以外にもForbidden Doorに向け動きが。
 
<IWGP世界ヘビー級王座にAEWから挑戦表明が>
 新日本プロレスを主戦場とするデビット・フィンレーに勝利したハングマン・ペイジが、オカダ・カズチカのIWGP世界ヘビー級王座に挑戦表明。
 そこにアダム・コールが現れ、「ジェイ・ホワイトが新王者になるかもしれないじゃないか」と。更に自身もIWGP世界ベルト挑戦を表明。
 新日本の宣伝もしてもらってありがたい。
 2人で近く挑戦者決定戦かな?



<AEW新ベルト王座決定戦に、新日本からも代表が>
 AEWでは「All Atlantic(オールアトランチック)」なる王座が新設され、本日のDYNAMITEから王座決定戦へ向けたトーナメントが行われています。

 Forbidden Door PPVで王座決定4WAY。そこに新日本プロレスからも代表が出場することに。
 様々な国の選手で争うベルトのようです。
 大西洋だと日本関係ある化?との疑問はあるが、こちらも気になる。
 新日本側の発表が待たれます。

こちらのほうが重要? オスプレイAEW登場

 今日のダイナマイトでは、新日本関連のサプライズも。
 ウィル・オスプレイがAEWに初登場しました。
 ユナイテッド・エンパイア軍のヘナーレ、オージー・オープンも一緒。

 新日本プロレスも即伝える。

 これはかなり驚きました。
 オスプレイは、過去の問題が「Speaking out」運動のなかで指摘され、コンプライアンスにはうるさいAEWに上がることは難しいだろうと言われていました。
 日本ではほとんど報道がないこともあり、全く話題になりませんが、海外ではこれをきっっかけに団体をクビになったり、引退するレスラーが続出しています。
 ただ、リングに上がったということは、問題が無いと判断されたのかもしれません。説明があるはず。

 オスプレイの場合はパワハラとされていて、本人は否定もしている。
■オスプレイ、ジョーイ・ライアンも加害者? 史上最悪のプロレスセクハラ問題「#SpeakingOut」の衝撃:DropkicK(後半有料)
https://ch.nicovideo.jp/dropkick/blomaga/ar1918305



 オスプレイらは次回ランペイジで試合が決定。
■[AEW] 次回のAEWダイナマイト&ランペイジの対戦カード:ユナイテッドエンパイアの試合、AEWタッグ王座3WAYラダー戦、他 ? 青空プロレスNEWS
https://aozora-band.com/wpwn/archives/51268
6人タッグマッチ
FTR&トレント・バレッタ
vs.
ウィル・オスプレイ&オージーオープン
 新日本・大阪城ホール大会の直前ですが、ランペイジは録画となります。
 オスプレイは腎臓感染症で6.3日本武道館を欠場、これが復帰戦となる。

Forbidden Door興行、決定・やるかも?対戦カード


■6月27日(日本時間・月) 『AEW x NJPW: Forbidden Door』 [午前9:00開始]

<決定カード>
▼AEW世界暫定王座決定戦
 ジョン・モクスリー vs 「棚橋弘至vs後藤洋央紀]商社

▼初代オールアトランティック王座決定4WAY戦
 PAC vs. イーサン・ペイジ or ミロ vs. ペンタ・オスクロ or マラカイ・ブラック vs. 新日本プロレス代表の選手

<やるかもしれないカード>
▼IWGP世界ヘビー級選手権
 [オカダ・カズチカvsジェイ・ホワイト]勝者(c)
vs
アダム・コールorハングマン・ペイジ

<LIVE配信> 新日本ワールドPPV https://njpwworld.com/lp/l_ppv_live_282_1_int

 なお、出場が期待されるブライアン・ダニエルソンは、負傷を抱え欠場しているとの情報が出ています。
 間に合うのか? 彼の場合、無理はできないのですが。

 今日の「DYNAMITE」を見ていると、「ニュージャパン」という単語が何度も何度も飛び交っていました。
 負傷者続きで正直苦しいAEWですが、 禁断の扉が完全に開く日に向け力の入れようは感じます。
 新日本からも盛り上げていきましょう。、

 AEW「DYNAMITE」、LIVEで見るなら「FITE TV」。
 https://www.fite.tv/join/aew-plus/
 ちょっと遅れてでもいい人は新日本ワールド。日本語実況版も配信。

関連記事

■CMパンクの欠場でPPV「Forbidden Door」までの流れが急展開で大変更、新日本・AEWで代表を決め暫定王座決定戦〜後藤洋央紀「やるしかないだろぉ!!」: プロレス専門ブログ・ブラックアイ3
http://blackeyepw.com/article/189581389.html
■棚橋弘至がCNパンクと対峙・タイトル戦決定か?のすぐあと、MJFが“パイプ・ボム”ばり衝撃マイクで話題をかっさらう: プロレス専門ブログ・ブラックアイ3
http://blackeyepw.com/article/189576406.html
■竹下幸之介がハングマンペイジと一騎打ち、戦いぶりで観客の支持を集めるも敗戦・試合後には母へ電話、Xは伊藤ちゃん!/AEW:プロレスニュース・トピックス: プロレス専門ブログ・ブラックアイ3
http://blackeyepw.com/article/189547987.html



 個別記事ページ→ AEW世界暫定王者決定戦にまずはジョンモクスリーが進出、まさかのウィルオスプレイ登場も〜禁断の扉PPVに向け大きく動く

posted by sugi
2022年06月 16:04 | Comment(0) | AEW
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。