2022年06月03日

高橋ヒロムが史上初BOSJ3連覇、エースオースティンがバレクラ入りでアレックスゼインと決別〜6.3新日本・日本武道館大会、結果&情報まとめ ※注目コメントを追加

カテゴリー:新日本プロレス

2206033.png



 いつもの更新とは少し違い、まず結果と出来事を中心にアップします。
 あとでコメントと私の感想を追加。

※「注目の試合後コメント」を追加しました。
 感想も書くと言いましたが、時間なくなりましたのでそちらは別記事で。


 注目・試合後コメントはこちら

6.3新日本・日本武道館大会、結果&情報まとめ

▼大会前


 オープニングで欠場発表。
■(新日本プロレスリング株式会社
https://twitter.com/njpw1972/status/1532652677762494464



【お知らせ】
ジュース・ロビンソン選手が急性虫垂炎のため、6.3日本武道館大会を欠場。一部対戦カードが変更へ。


▼ 第1試合
 ○:本間朋晃 vs X:大岩 陵平
 4分36秒  中こけし→片エビ固め


▼ 第2試合
エース・オースティン、エル・リンダマン、ウィラー・ユウタ、○アレックス・ゼイン
vsロビー・イーグルス、YOH、ティタン、X:クラーク・コナーズ
6分43秒  シナモンツイスト→片エビ固め


アレックス・ゼインがフィニッシュをとるってのが大きい。またすぐ来日しそう。
しかし6分は短いなー。 #B

▼第3試合
○TJP、フランシスコ・アキラ
 vs X:田口隆祐、マスター・ワト
6分47秒  ピノイストレッチ

 TJP&ワトはJrタッグ王座挑戦をアピール。
 このチームは、経験積んでいけば面白い。
 アキラには良い先生となりそう。


▼ 第4試合
○ザック・セイバーJr.、○金丸義信
vs EVIL、X:SHO
4分56秒  腕ひしぎ十字固め

ザック&金丸に少しトキメイていたが、そんな気持ちもまとめて金丸にあしらわれた。

 ザック&金丸は、NEVER6人タッグ王座挑戦をアピール。
 
▼第5試合
バッドラック・ファレ、チェーズ・オーエンズ、○エル・ファンタズモ
ジェフ・コブ、グレート-O-カーン、●アーロン・ヘナーレ
 8分08秒  CRU→片エビ固め

 フィニッシュ前、エプロンにエース・オースティンが現れる、ファンタズモをアシスト。

 試合後、オースティンの持っていたカードには‥「バレットクラブ」と。バレクラ加入。

 残念がるファン多そうですが、新日本のレギュラーになれたってことでしょう。
 問題は、アレックス・ゼインとの中。
 そして、G1参加を希望しているファンタズモがヘビー級のヘナーレに勝利。

 オースティンとゼインで創った世界に、新日本が共有を求めた。
 2人はある意味で商社だ。また日本で会おう。

▼休憩
 ここからゲスト開設に宮根誠司さんが。
 この前ドラゴンゲートに来たばかり。
 自分のタイムラインはざわめきまくってました(笑)。



 休憩明け。

 SANADAが現れ、IWGP USヘビー級王座挑戦を簡潔にアピール。
 ジュース・ロビンソンが間に合うのか?
 そして本間さん‥。

▼第6試合
○鷹木信悟、内藤哲也、BUSHI
vs タイチ、X:TAKAみちのく、DOUKI
9分31秒  グラウンドコブラツイスト(カウント3)

 試合後、宮根誠司氏がロスインゴ入り‥と見せかけナシ。

▼セミ=第7試合

 オカダ・カズチカ、矢野通、○タマ・トンガ、邪道
  vs ジェイ・ホワイト、ドク・ギャロウズ、石森太二、X:外道
 8分33秒  ガン・スタン→片エビ固め

 試合前、ジェイに呼び込まれKENTAが登場。正式にバレットクラブ合流。

 タマ・トンガが、ガンスタンで勝利。欠場、ワールドで試合を見ているだろうカール・アンダーソンのジタンダが聞こえてくるような。

▼メイン
『BEST OF THE SUPER Jr. 29』優勝決定戦
○高橋ヒロム vs ●エル・デスペラード
30分37秒 TINE BOM2.5 (新技)
 ※高橋ヒロムは史上初の3連覇、4度目の優勝

▼フィニッシュ



公式結果

■BEST OF THE SUPER Jr.29 ? 東京・日本武道館 2022/6/3 | 新日本プロレスリング
https://www.njpw.co.jp/tornament/344741?showResult=1
・ヒロムが宿命のライバル対決を制し、
・前人未到の『BOSJ』3連覇!
・長期欠場中のKENTAがBULLET CLUB合流!
・SANADAが復帰&USヘビー挑戦を宣言!
・オースティンが衝撃のBULLET CLUB入り!
・鈴木軍はNEVER6人タッグ挑戦をアピール!
・TJP&アキラはノンタイトルで田口&ワトを撃破!

▼映像アーカイブ


確定したカード

▼IWGP USヘビー級:ジュース・ロビンソン(c) vs SANADA
▼IWGPジュニアタッグ選手権:田口隆祐&マスター・ワト(c) vs TJP&フランシスコ・アキラ
▼NEVER6人タッグ選手権:EVIL&高橋裕次郎&SHO(c) vs ザック&金丸義信&?
▼IWGPジュニアヘビー級選手権:石森太二(c) vs 高橋ヒロム ※ヒロムは明言せずも、例年通りなら挑戦へ

 なお、登場が噂されていたKUSHIDA選手は現れませんでした。


注目の試合後コメント

 引用は一部です。全文はリンクサ先で。

■BEST OF THE SUPER Jr.29 ? 東京・日本武道館 2022/6/3 ? 第2試合 20分1本勝負 | 新日本プロレスリング
https://www.njpw.co.jp/card_result/360197
アレックス・ゼイン「今回は信じられないような凄いツアーだった。みんなにお礼を言わせてくれ! サンキュー、ニュージャパン、そしてファンのみんな! サンキュー、サンキュー、サンキュー! またすぐにこのマットに戻ってきて、残りの奴らを生きたまま食ってやりたいぜ! イタダキマス!」

エル・リンダマン「まあ、いろいろ申し訳ない気持ちとかあるんだけど、そんなのは一旦全部忘れて、本当に楽しかったの一言ですね。各々、こうやって一緒にコメントを出してない通りね、これから、明日からはまたひとり一人の戦いに戻っていくと思うんで、もっと強くなったリンダマンが、またこの新日本プロレスに来るかどうか分からないけど、今回は爪痕…とは言えねえな。まあ、引っかき傷ぐらいのもんは残せたかなと思いますけど、次は爪痕どこじゃ済まさねえぞ。食いちぎってやるよ、新日本プロレスを! まあ、いくら言っても負け惜しみだから、次からのリンダマン、GLEATにご期待ください。みんなでGLEATしようぜ(と言って、拳を突き出す)」

ウィラー・ユウヤ「ところで、俺は明日、アメリカに帰る。初めて『BEST OF THE SUPER Jr.』を経験出来て本当に良かった。みんなが俺の経歴を知ってるかどうか分からないが……俺の親父はアメリカ人で元海軍だ。そして、お袋が育ったヨコスカで二人は出会った。二人は結婚して、俺の姉を日本で生んだ。そして、アメリカで俺が生まれたんだ。日本で育ち、日本を経験することが出来なかったことが、俺にとっての最大の後悔の一つだ。これまで俺のルーツである場所に、繋がりを感じる機会がなかった。プロレスは、そんな俺に日本に帰るチャンスを与えてくれた。5年前、俺はプロレスの試合のために来日して、祖母が亡くなる前にもう一度彼女と会うことが出来た。そして今、プロレスが再び俺をここに連れてきてくれた。この3週間、たくさんの素晴らしい場所を訪れ、日本のことをもっと知ることが出来た。だから、(日本語で)ミナサン、アリガトウゴザイマシタ。シンニホンプロレス、アリガトウゴザイマシタ。アメリカニ カエリマス。デモ……(英語で)また日本に帰ってこれることを願ってるよ」

エース・オースティン「このリーグ戦のために来日したことで、俺の人生は変わった。元の人生に戻ることは二度とない。インパクト・レスリングとXディヴィジョンを代表して世界を飛び回り、ここニュージャパンにやって来ることが出来た。このツアーで得た何千もの新たなファンたちが、俺を追ってアメリカのインパクトを見に来てくれると信じてる。日本でエース・オースティンの姿を見るのは、今日が最後じゃないと約束する。俺はすぐに戻って来る。(カードを見せながら)それはINEVITABLEだ」

ロビー・イーグルス「でも俺はリーグ戦でウィーラー・ユウタから勝ってる。この結果が示すものは? ベルトの挑戦権利をゲットしたってことだ! それからリンダマンのベルトにも挑戦出来るんだよな!? 日本、アメリカ、フィリピン、オーストラリア、ニュージーランド、マレーシア、どこでもいいぞ! 俺の腰にベルトを巻きたいんだ。そのためなら、“forbidden door”でもなんでもこじ開ける。俺にやられたチャンピオンたち、答えてくれ!」

ティタン「他の出場選手と組んで、対戦出来て非常に良かった。彼らひとり一人が世界のベスト・レスラーだ。だからそんなメンバーの一員になれたことをとても誇りに思う。この気持ちを忘れずにこれからもやっていく。いつも見守ってくれる神のおかげで無事にこのシリーズを締めくくることが出来た。『BEST OF THE SUPER Jr. 29』を通し、俺はたくさんのものを収穫出来た。みんな応援ありがとう。君たちみんな、そしてティタンは、イモータル(不死身)だ!」

クラーク・コナーズ「いつになるかは分からないけど、俺はまたすぐに(日本のリングに)帰ってくるよ。ビザも取れたからこれからはいつでもアメリカと日本を行き来出来る。日本のリングを主戦場に戦っていく準備は出来ている。どんな強敵でも、チャレンジでも俺は受けて立つ。そして全てをモノにして世界最高のジュニア戦士になる。そしたらヘビー級に転向っていうのもありかな。日本、ファンのみんな、そして一緒に闘ってくれたレスラーのみんな、ありがとう。みんな忘れないでくれ、 LET’S GET WILDだ。イジョー!」
 みんな良いコメント。

■BEST OF THE SUPER Jr.29 ? 東京・日本武道館 2022/6/3 ? 第3試合 20分1本勝負 | 新日本プロレスリング
https://www.njpw.co.jp/card_result/360198
TJP「オマエは勝つまでこれ(ベルト)に触っちゃダメだ! アメリカのスポーツ界では、勝つ前にトロフィーに触れるのは”bad luck”(不吉)なんだ。だけど、俺たちUNITED EMPIREに”luck”(運)なんて必要ない。俺たちは俺たちの運を作り上げるんだ! 俺たちがナンバーワンチームであることは、今日証明できた。言っただろう、俺たちは『BEST OF THE SUPER Jr.』で優勝することになんて興味はなかった。優勝なんて、単なるオマケだ。俺たちはこのリーグ戦で存在感を示すんだと。もっと大きな闘いに勝つためにね。今日はその第一歩を踏み出した。そして見ての通り、俺たちが勝利した」

アキラ「FANCULO(イタリア語でFxxK)。今日、俺たちは何かを証明することができた。『BEST OF THE SUPER Jr.』の間ずっと言っていたことだが、俺たちはこのニュージャパン・プロレスで存在感を示したかった。そして、アイツらを倒すことで、今日それを実現できた。だが、俺たちの仕事はまだ終わってない。俺たちはあのベルトを手に入れないといけないんだ。だけど心配ない。TJPが言った通り、UNITED EMPIREに運なんて必要ないんだ。自分たちの力で達成できる。ワト、タグチ、お前たちがターゲットだ。お前たちには手も足も出ないだろう」
 もうユニット加入済みの2人は「次」に向けてコメント。
 
■BEST OF THE SUPER Jr.29 ? 東京・日本武道館 2022/6/3 ? 第4試合 20分1本勝負 | 新日本プロレスリング
https://www.njpw.co.jp/card_result/360200
ザック「この男(金丸)は天才だぞ。タダイマ。俺はどこへも行かない。心配するな。今も日本に住んでる。チョークをかけられたせいで視界がぼやけた……。ジョージ・マイケルは見えないが。でも、頭の中で“ファイナル・カウントダウン…”って聴こえてきた(と、ヨーロッパの『ファイナル・カウントダウン』を歌い始める)。久しぶりにこの曲を聴いたな。どっかのバカ(ブライアン・ダニエルソン)が昔インディー時代に入場曲として使ってたよな。歌詞はこんな感じだ…… “WE’RE HEADING TO VENUS…”。ビーナス(金星)は遥か遠いけど、シカゴは…(ここだけ日本語で)モットチカイ、ネ?」
 ザックがダニエルソンの名前を!
 この2人の対戦は世界中のプロレスファンが見たがっていますよ。

■BEST OF THE SUPER Jr.29 ? 東京・日本武道館 2022/6/3 ? 第5試合 30分1本勝負 | 新日本プロレスリング
https://www.njpw.co.jp/card_result/360201
※ここで、ゼインがオースティンの前に現れて突っかかる。
ゼイン「ヘイ、一体何が起きてんだ、オースティン。お前、BULLSHXT CLUBに入ったのか?」
ジェイ「ヘイ、ミスター・ゼイン、これはBULLET CLUBの問題だ。お前には関係ない。何か言いたいことでもあるのか?」
オースティン「オマエ(ゼイン)はここから出てけ。そうでなきゃ……」
ゼイン「俺に出て行ってほしいなら、お前ら全員で俺を出ていかせてみろ!」
 ※ジェイ、ギャローズ、外道も現れ、BULLET CLUBがゼインを襲撃。全員で倒れたゼインにストンピングを浴びせる。
ジェイ「これでも、まだ何か言いたいことがあるか!?」
オースティン「俺はお前に警告した」
オーエンズ「ヤツの靴下を取れ!」
オースティン「BULLETCLUBに関わるとこうなるんだ!」
ジェイ「そういうことだ! 俺はエース・オースティンを気に入ったぜ、ベイビー! CLUBへようこそ、エース・オースティン! これこそ、TOO SWEET! BULLET CLUBの問題だ!」

オースティン「アレックス、楽しい時間だったよ、マイ・フレンド。ゴチソウサマデシタ! みんな、何でこんな決断に至ったんだって聞いてくるだろうけど、そんなの愚問だ。エース・オースティンのBULLET CLUB入りはINEVITABLE(避けられない)だったのさ。 BULLET CLUBはプロレス界のトップに君臨している。BULLET CLUBが最強だ。このユニットに誘われて、断る理由があるか? こんなの人生に一度しかない誘いだ。まさにTOO SWEETな誘いだよ。イタダキマス!」
ゼイン「(※ヨロヨロと立ち上がって)FXXK!」
一緒にいて楽しかったのは否定していませんね。


■BEST OF THE SUPER Jr.29 ? 東京・日本武道館 2022/6/3 ? 第6試合 30分1本勝負 | 新日本プロレスリング
https://www.njpw.co.jp/card_result/360202
内藤「右目の手術をし、そして5月1日、福岡PayPayドーム以来、1カ月ぶりにこのリングに帰ってきました。俺は右目を2回、右ヒザを2回、公表してないけどそれ以外に2回、計6回手術しているわけで、手術すれば回復はする。でも、残念ながら元通りに戻ることは絶対にあり得ない。じゃあ、どうするか? そこを考えて、そして変化させていくこともプロレスの楽しみ方かなって、俺は思うんでね。だからこそ俺はこのタイミングで、このリングに帰ってきました」
内藤「俺の帰りを待ってくださっていた皆様、大変長らくお待たせしました。もうなんの心配もないんでね。俺のプロレスを存分に楽しんでください。じゃあ、次は6月12日、大阪城ホール大会でお会いしましょう。アディオス!」

 タイチと鷹木がバクステでも口論。動画でどうぞ。

 話題はジャンボ鶴田?


■BEST OF THE SUPER Jr.29 ? 東京・日本武道館 2022/6/3 ? 第7試合 30分1本勝負 | 新日本プロレスリング
https://www.njpw.co.jp/card_result/360203
タマ「おい、カール。カール・アンダーソン、どこだ? オマエもBULLET CLUBの連中と一緒に来るはずだったんじゃないのか。でもオマエは現れなかった。俺がNEVER無差別級のベルトを獲った瞬間にハデに背後から襲撃をしかけといて、すっぽかすとはどういうことだ!? 俺はオマエのせいであの瞬間に浸ることもできなかった。もちろんオマエらのとった行動に驚きはしなかった。オマエらには忠誠心ってものが微塵もない。
BULLET CLUB立ち上げ当初から、忠誠心が一番大事だって言ってたくせに。オマエは変わってしまった。オマエら(Good Brothers)は欲にまみれて去っていった。オマエらの誰1人として尊敬に値しないが、中でもオマエ、カール・アンダーソンは心底軽蔑する。俺はオマエに敬意を表し、ガンスタンを継承した。オマエは俺にとっては尊敬できる兄貴同然の存在だったから。2012年にオマエが『G1』決勝でオカダと当たった時だって、俺はオマエのセコンドについた。それにオマエがタナハシと闘った時(NEW BEGINNING 2013)だってそうだ。俺はオマエの隣で学んだ。オマエのようになりたいって思っていたんだ」
マ「でもオマエはさっさと出て行った。オマエが忠実なのは金だけだ。そしてオマエは変わり果てた。WWE、インパクト、他の団体も含めて、それらがオマエを変えてしまった。オマエは捻くれて、怒りっぽく、妬み深い人間になった。だけどな、カール・アンダーソン、オマエが俺のホームであるニュージャパン・プロレスに今さら戻ってきても、もう昔のようにオマエを尊敬することはできない。オーサカ『DOMINION』で俺はオマエの遥か先を進んでるってことを教えてやる」

オカダ「ジェイにもリング上で言われた通り、オマエがこのベルトを獲る? それが分かんない俺がステューピッドだって? 言ってくれるねぇ。俺はなぁ、オマエが言ってること、全く理解できないよ、ジェイ。だったら俺はもうバカでもいいよ。オマエがホントのバカなのか、ソーリー、ステューピッドか。それがどっちなのか、6月12日に分からしてやるよ」

ジェイ「オカダ、リングでも言ったが…それなりに英語は話せるみたいだな。知らなかったヤツもいるだろうから俺から教えてやる。オカダはまぁまぁ英語が話せるんだ。見た目ほどバカじゃないようだ。アイツは誰よりも俺の実力に気付いてる! アイツは俺の方が実力があるってことをもう分かってる。その証拠に俺たちの対戦成績は3-1で俺が勝ち越してる! オマエら忘れてただろうな。

KENTA「だからもう、(※立ち上がりながら)手短にするけど、結局俺が、久しぶりにここに来て何が言いたいかっていうと、だいたいBULLET CLUBの分裂騒動が起き始めたのが3月で、今日が6月で、3、4、5と3ヵ月の間ヒゲで引っ張ってきて『もう飽きた』とか言われながらヒゲのネタで引っ張るのはけっこう大変だったってこと!」
 オカダはジェイから一本とった、のか?

■BEST OF THE SUPER Jr.29 ? 東京・日本武道館 2022/6/3 ? 第8試合後 | 新日本プロレスリング
https://www.njpw.co.jp/card_result/360536

ヒロム、マイク「デスペラード…どっちが楽しめるかじゃねぇな。悪いけど俺は、ものすごく、ものすごく楽しくて、ものすごく刺激的だった。ありがとうございました!(※大拍手から立ち上がり) 藤波辰爾さん、ジュニアヘビー級を広めていただき、本当にありがとうございます!(※大拍手の中、藤波に向かって頭を下げる) そのおかげで、世界からこれだけスゲェ、いや! こんなにすごすぎるジュニアヘビー級選手たちがそろって、こんな素晴らしい大会ができました。あらためてありがとうございました!(※大拍手の中、再び藤波へ向かって頭を下げる) 『昔のプロレスはすごかったな〜』『昔のプロレスはよかったな〜』『昔、プロレス見てました』。よく言われます。たしかに、30年前、40年前、そして50年前とは違い、コスチューム、体の大きさ、いろんなことが変わってきたと思います。でもな、俺たちレスラーにある…俺たちレスラーの根底にある闘魂は!! 何ひとつ変わってねぇんだよ!! 50周年なんてな、ただの始まりだ!! この先の明るい、いや!! 明るすぎる未来をー!! (※以下、ヒロムの声に合わせてファンが手拍子)もっと! もっと! もっと! もっと! もっと! もっと! もっと! まだまだいけるかーーっ!? もっと! もっと! もっと! もっと! もっと! みんなでーーーっ!! 楽しもうぜーーっ!!(※大拍手)」

■BEST OF THE SUPER Jr.29 ? 東京・日本武道館 2022/6/3 ? 第8試合 時間無制限1本勝負 ? 『BEST OF THE SUPER Jr. 29』優勝決定戦 | 新日本プロレスリング
https://www.njpw.co.jp/card_result/360204
──デスペラード選手は1年半の間に限らず、このシリーズを通しても意識してきた存在かと思うんですが、再びこの武道館の決勝の舞台で戦ってみて、感じたものはどうでしょう?
ヒロム「だって、自分で言うのも悔しいけどさ、自分の立ち位置、パラメーターっていうのは自分で理解してなきゃ上に上がれないんですよ。俺は自分の位置を理解している。人気、会社の貢献度、全てにおいて、今ジュニアのトップはエル・デスペラード。それは間違いない。俺は今日勝ったけど、実力があるのはデスペラード。あいつはこんなこと言われたくないだろう。でも、俺はちゃんと自分の立ち位置を全て理解した上で真実を言ってる。だから、今日やることは……凄いメンバーだったけど、正直凄いメンバー、誰が上がってきてもおかしくなかったかもしれないけど、なんとなく始まる前から、決勝でやるならデスペラードなのかなって、なんとなく思ってました」
──今回は世界中から最高峰の選手が集まった中で、長い歴史の中で史上初の歴史を作った点はいかがでしょう?
ヒロム「これから実感してくるんじゃないですかね? これだけ長い歴史のある『BEST OF THE SUPER Jr.』、29回、来年は30回、その中で3連覇っていう人間はいない。そして4度目の優勝という男もいない。そういう歴史を作れたっていうのは一つ、俺も改めて結果を出せたのかなって、素直に思いますね」
──そして、最後に改めてマイクを手にして、「これが俺たちの『SUPER Jr.』」というふうに言葉を残されました。どんな思いを込めたのでしょうか?
ヒロム「いや、2018年かな? 対石森、この『BEST OF THE SUPER Jr.』のことを俺は同じセリフを言いました。“これが俺たちの『SUPER Jr.』だ”。なんか久しぶりじゃないですか? これだけ本当に世界の強豪が集まってやれた。20名での『BEST OF THE SUPER Jr.』。これで“俺たちの『SUPER Jr.』”って言わないで、なんて言うのかなと。去年、一昨年、コロナの影響で所属選手のみのままワンリーグでの開催での2連覇でしたけど、やっぱり改めて凄いなと。今回の『SUPER Jr.』を盛り上げたのは、間違いなく外国人選手、そしてGLEATからのエル・リンダマン選手、そしてもちろん新日本プロレスの選手。そう思った時にさ、目の前に藤波辰爾さんがいるんだよ。新日本プロレスのジュニアヘビー級の第一人者・藤波辰爾さんあっての俺たちジュニアなのかなって思ったんで、お礼を言いました」

デスペラード「(立ち上がって)葛西さん、葛西さん、すんません。約束守れませんでした。ファンタズモ、大事なとこでいつもポカするしょっぱいレスラーが……すまんな、また失敗したよ。でもよ、いいか? 大事なとこで失敗するのはもうおしまいだ。次は俺が勝つ!」


ツイート





関連リンク

■「BEST OF THE SUPER Jr. 29」いよいよ、開幕前からこんなにワクワクするのは久々・メンバー文句ナシ!〜関連情報まとめ: プロレス専門ブログ・ブラックアイ3
http://blackeyepw.com/article/189535038.html
■アキラ、ゼイン、オースティン、コナーズ‥Aブロック開幕戦の初参加選手はどうだったか?〜「BEST OF THE SUPER Jr.29」: プロレス専門ブログ・ブラックアイ3
http://blackeyepw.com/article/189540634.html
■イーグルvsファンタズモげ今リーグベスト級激戦〜BOSJ残り2公式戦、Aは石森・エース、Bはデスペラード・ファンタズモがトップ/新日本:プロレスニュース・トピックス: プロレス専門ブログ・ブラックアイ3
http://blackeyepw.com/article/189565630.html





 個別記事ページ→ 高橋ヒロムが史上初BOSJ3連覇、エースオースティンがバレクラ入りでアレックスゼインと決別〜6.3新日本・日本武道館大会、結果&情報まとめ ※注目コメントを追加

posted by sugi
2022年06月 22:07 | Comment(0) | 新日本プロレス
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。