2022年05月19日

リンダマン、ユウタ、ティタン、TJP‥Bブロック開幕戦の初&久々参加選手はどうだったか?〜「BEST OF THE SUPER Jr.29」

カテゴリー:新日本プロレス

2205143.png


 Aブロックに続きBブロックでもやります。
 初参加と、コロナ後は来られなかった久々参戦選手を取り上げます。
 時間が無かったので簡単め。


 Aブロックについてはこちらで。
■アキラ、ゼイン、オースティン、コナーズ‥Aブロック開幕戦の初参加選手はどうだったか?〜「BEST OF THE SUPER Jr.29」: プロレス専門ブログ・ブラックアイ3
http://blackeyepw.com/article/189540634.html



 試合結果、私の感想、試合後コメント、ファンの感想。

デスペラードvsティタンが熱戦に

 大会結果は以下で。

■BEST OF THE SUPER Jr.29 ? 山形・酒田市国体記念体育館 | 新日本プロレスリング
https://www.njpw.co.jp/tornament/344726?showResult=1
大会詳細、試合結果、試合後コメント。

● DOUKI vs エル・リンダマン
第4試合 30分1本勝負
『BEST OF THE SUPER Jr. 29』Bブロック公式戦
 ○DOUKI vs X:エル・リンダマン
 9分21秒  スープレックス・デ・ラ・ルナ

<ブラックアイ感想>
 期待のリンダマン、まさかの敗戦スタート。ただ、投げ技中心に見せ場は十分。
 決着した瞬間、見慣れているDOUKIの勝利に拍手がワッと響く。
 まだ外敵。これを1シリーズかけて変えていくのです。
 DOUKIがGLEATのベルトに、挑戦することはあるのだろうか?

▼試合後コメント
DOUKI「ヘッ……リンダマン、オマエと、オマエの言葉に納得したすべての人たちに、この言葉を贈ろう。ざまあみろ。ヘッヘッヘ……ざまあみろ。ほんとに言っちゃうよ、ざまあみろ。リンダマン、オマエがよ、サクッと行けると思ってた相手に、やられる気分はどうだ? それに、リンダマンのコメントに、“あぁ確かに”とか、“的を射てるわ”とか“的確だ”とか思っちゃったすべてのクソヤローども、心底ざまあみろと思うよ。リンダマン、オマエ、強ぇな、やっぱり。『(BEST OF THE)SUPER Jr.』にエントリーされるだけのことはあるよ、やっぱり。3年前の俺だったら、もしかしたら負けてたかもしんない。でもな、これが新日ジュニアだ。そう簡単にいくと思うな。なんか言ってたな、ほかにも。今の俺のスタイルじゃ、もう天井だって? まぁ、それもオマエの一つの考えだ。俺はよ、自分のやってきたスタイル、変えるつもりはない。自信があるからな。まぁ人間だからさ、最善手とかそういうのあるとおもうけど、俺は自分のスタイルを今さら変えるつもりはないよ。オマエの考えもあるし、俺の考えもある。見てるヤツらだって、いろんな考えがあるだろうな。でもな、今日、この瞬間に関しては、俺の方が正しかったみたいだな。リンダマン、悔しかったら、またいつでも相手になってやる。そん時までにな、俺もコメント力、もうちょっと磨いとくよ」
 DOUKI「さて、これで終わりじゃねぇぞ。まだ1戦目だからな。(※集まった記者に向かって)わかってるよな、オマエら? 俺の次の対戦相手、わかるヤツいるか? (※返答がない……)オイ、ふざけんなよ、もう4年目だぞ。いい加減、わかってんだろ、俺のパターン? 毎回、聞いてんだろ、オイ? 言ってみろ、次の対戦相手。(※誰も答えない……)ほんとにわかんないのか、オマエ? 笑ってんじゃねぇよ、コノヤロー。知ってんだよ、ほんとは」
 DOUKI「(※ここから英語で)ウィーラー・ユウタ、ウィーラー・ユウタって人間がどんなヤツなのか、どんなキャラなのか、(試合の)スタイルさえも知らない。でもオマエの名前だけは知ってる。ウィーラー・ユウタは2022年(プロレス界で)最も話題になってるヤツだ。ウィーラー・ユウタはシンデレラボーイだ。世界がウィーラー・ユウタを欲している。世界中がウィーラー・ユウタを見たがってる。そんな中で俺がアイツに勝ったら、どうなるかな?アメリカに行っちゃうのかな? (※不気味に笑い)俺がアイツに勝って、話題の的になってやる」

リンダマン「(※コメントスペースにたどり着くなり崩れ落ち、フロアに顔を突っ伏す。しばらくして顔を上げ、フロアに座り込んだ状態で)あぁ……チャンピオンとして、GLEATのチャンピオンとして挑んだ『BEST OF THE SUPER Jr.』、初戦でまず1敗だよ、クソッ……。全部の選手を見て、全部の対策を立ててきたつもりだったけど、今日のDOUKIは、いつものDOUKIじゃなかった。つまりは、今から当たるほかの選手も、今まで以上の力を持ってると。俺の計算違いだ、あぁチキショー」
 リンダマン「だけどな、2つ言いたいことがある。DOUKIとは、ここで終わらせるつもりはないわ。あんだけ俺に突っかかて来て、俺があいつのことコケにしてやってんのに、俺が負けたまま引き下がるわけにはいかないからよ。あと、これ、負け惜しみじゃないけど、『SUPER Jr.』、リーグ戦初戦で負けたヤツの優勝確率、知ってるか? 90%以上だ。獣神サンダー・ライガーが全勝優勝した、その時以外は、リーグ戦初戦、みんな優勝者は負けてるんだ(※注=ほかにプリンス・デヴィットが全勝優勝を果たしている)。どういうことかわかるか?」
 リンダマン「(※フロアに置いていたベルトを手にして、ポンポンと軽く叩いて)DOUKIには可能性がなくなり、このリンダマンには優勝の可能性がまだ残ってるってことだ。信じるか信じないかは、あんた次第。東京に帰って、入江茂弘とのタイトルマッチ。GLEATのYouTubeで生配信あるから、そっちでもよかったら、見てくれよな……」

<ファン感想>
■140字プロレス【プロレス“プチ“レビュー】さん
https://twitter.com/thumbtackyuki89/status/1526608603448492032
「両者投げのムーヴを序盤に入れることで軽量級ながらパワーという手札を見せる。リンダマンはべしゃりのライド感、DOUKIはカウンターのジャベ。抜け出してたのはリンダマンだが、必殺技と投げられるイメージを最後に着弾させたのはDOUKI。リンダマンまさかの初戦敗北。☆3.5」 / Twitter

■ミルクモンスター@スイッチブレイドと共に呼吸をさん
https://twitter.com/milkmonster2/status/1526804948003848192
「昨日の全試合で最も新日本をプロレスを体現した試合でしたよ。DOUKI、リンダマン、どちらも全く引かないし、どちらが勝ってもおかしくない試合でした??下手したらライバルストーリーとして続いてもいいぐらい白熱した闘いでした?? #njpw #BOSJ #DOUKI #STRONGHEARTS」 / Twitter

■tamakashiyuさん
https://twitter.com/KN13736287/status/1526583049219375104
「結局リンダマン選手もDOUKI選手も、相手を否定せずに自分の意見を言うのね??2人ともステキすぎる。尊敬する。バクコメ見てそう思いました。 それにしてもDOUKI選手が例年通り報道陣に次の対戦相手聞いても誰も答えなくて「オイ!4年目だぞ!??」ていうとこめっちゃ笑った??さすが鈴木軍w」 / Twitter





● ロビー・イーグルス vs ウイラー・ユウタ
第6試合 30分1本勝負
『BEST OF THE SUPER Jr. 29』Bブロック公式戦
 ○:ロビー・イーグルス vs X:ウイラー・ユウタ
 11分30秒 エビ固め

<ブラックアイ感想>
 ユウタ、彼らしい技術は幾つも見られたが、この試合に関してはロビーが1つ上だったように感じた。
 今リーグ戦、新顔&久々参加選手の「自分を見てくれ」アピールはハンパない。
 それに比べるとユウタ少しおとなしめ。じっくり戦うスタイルだからというのはあるでしょうが、もっとガツガツ行ってもいいのかも。
 でも全然ダメってことはありません。
 ロビーは良かった。ピュア王座のルールまで考えて戦っていたんですな。

▼試合後コメント
ビー「”LOOKIE, LOOKIE, I’VE GOT HOOKIE…”(1991年の映画『フック』のセリフ)AEWにフックって名前のレスラーがいてこのセリフを思い出したよ(笑)。ネットでウィーラー・ユウタの名前がトレンド入りしてるな。記者会見で俺がコメントしてる時も、Twitterはあいつの名前で大盛り上がりだった。AEWのファンはこぞってあいつを優勝候補に挙げてるけど、Blackpool Combat Clubのアイツはたった今この俺に敗れた。そうだ、アイツは”BOB OF THE SUPER Jr.”、スナイパー・オブ・ザ・スカイに負けた」
ロビー「今日俺はリストテープに”DOOR KNOCKING”と書いてリングに上がった。なぜなら今日俺が対戦した相手は“FORBIDDEN DOOR”の向こう側から来たからだ。今日は俺がドアを蹴破って、閉ざされていた扉をこじ開けた! ROHピュア王者のウィーラー・ユウタからこの俺が3カウントを獲った! それはつまりどういうことだ? 俺はアメリカの(就業)ビザを持ってる。トニー・カーン、AEWのリングでもROHのリングでもどっちでも構わないが、俺にはベルトに挑戦する権利があるよな? ROHピュア王座のルールに従って、今日は一度もリング場外に出ることなく最後まで戦った。『BEST OF THE SUPER Jr. 29』、この勢いに乗って勝ち進んでいくぞ」
ロビー「今年で俺にとって4年連続の出場となる『BOSJ』。今年参戦してる外国人選手の中で4年連続で出場しているのは俺だけだ! でも、いい結果を残すなんてことは言わない。このリーグを優勝しないと意味がない! 今年は俺の年だ。今まで俺のことをちゃんと見ていないファンがいたら、ここからちゃんと俺に注目しろよ。このリーグを優勝するのは俺だ。次の公式戦の相手はBUSHIか。それから(ワシントンDC大会で)リオ・ラッシュが俺の名前を出してたよな……。最近ウィル・スミスが(アカデミー賞でクリス・ロックに)“Keep my name out of your mouth!(俺の名前を出すな!)”と言ってたが、気安く俺の名前を出したからには、お前も俺に撃ち抜かれることになるぞ」

ユウタ「ロビー・イーグルス、ずる賢い野郎だ……。昨日までは前哨戦の負けにイライラしてたけど、今日公式戦一発目でも結果を残せなくて、さらにイラついてる」
ユウタ「でも、ロビーと対戦して俺は多くのことを学ばせてもらったし、彼に対して心から敬意を払ってる。どこで間違えたのか振り返ってよく考えないといけない。なんで結果を出せないんだろう? 俺には、命懸けの試合を戦い抜いてきた偉大なレスラーたちが、メンターとして支えてくれているというのに」
ユウタ「でも一夜にして凶暴な俺に生まれ変わることは出来ない。それでも公式戦は進んでいく。この失敗も糧にして成長していきたい。そしてチャンピオンとして、メンターたちに認められるような戦いを残していきたい。でも今日は運が味方をしてくれなかった」
 支えてくれている偉大なレスラーとは、AEWで同ユニットの、スティーブン・リーガル、ジョン・モクスリー、ブライアン・ダニエルソンらです。

<ファン感想>
■九目さん
https://twitter.com/esmeralda_jurar/status/1526521878415745024
「素晴らしい攻防だった。 ロビーの達者さに ユウタがしっかり応じて 噛み合っててすごい面白かった。 #BOSJ #njpw」 / Twitter

■ウスク?@2.17モモモさん
https://twitter.com/uskmk2nd/status/1526521176297639937
「ロビーvsユウタ全国どこでやってもウケるぞこれ 歓声出せないのが勿体無いと思えるぐらい #BOSJ」 / Twitter

■ミルクモンスター@スイッチブレイドと共に呼吸をさん
https://twitter.com/milkmonster2/status/1526563066610978816
「ロビー・イーグルスとウィーラー・ユウタ、イケメン対決やなぁ??ロビー盤石の勝利だったけど、試合中のユウタの面構えが良かった??ユウタはオーソドックスな試合運びの中にオリジナル技を混ぜつつ、要所で荒々しさも魅せますね。雰囲気込みで今後大スターになりそうな予感がする? #njpw #BOSJ」 / Twitter

● TJP vs マスター・ワト
第7試合 30分1本勝負
『BEST OF THE SUPER Jr. 29』Bブロック公式戦+
 ○:TJP vs X:マスター・ワト
 12分21秒 ピノイストレッチ

<ブラックアイ感想>
 TJPのかろやかでありキビキビする動きに驚かされる。
 そこまで派手な技はないのですが、1つ1つ動きに惹きつけられます。
 ちょっとレベルが違うのかも。
 実は自分はWWEでの印象があまり良くないのだが(CWC含め)、ここに来てイメージ変わりそう。
 新日本レギュラー勢、けっこう苦戦するのでは。

<試合後コメント>
TJP「(フランシスコ・アキラが拍手をする中)氷嚢は必要ない。俺はかすり傷ひとつ作らず、この戦いに勝利した」
TJP「ワト、ひどいあだ名でお前を呼んでこき下ろしてやりたい。今日のところは絶対にお前を“マスター”とは呼ばない。お前は俺のマスターでもなければ、明らかに今日、このリングのマスターでもなかった。経験の差で俺を上回ることが出来なかったと思うか? それともお前がちっとも“マスター”なんかじゃないからか? その両方だと思うぞ」
TJP「勝って結果を残すとか、優勝してトロフィーを獲るとか、そんなのは当たり前の話で、それ以外に俺が狙ってるものはお前が腰に巻いてる“それ”だ」
TJP「記者会見でお前に忠告をしたはずだが、今日、もう一つお前に忠告する。お前はそれを避けて通ることは出来ない。全てUNITED EMPIREがいただく」

ワト「(IWGPジュニアタッグのベルトを抱えながら床にうずくまり)ああ……クソッ! TJP、強えな。あの野郎!」
ワト「(立ち上がって)今年は俺が優勝するんだ! こんなところで止まってるわけにはいかねえんだ! 俺が絶対優勝する!」

<ファン感想>
■ミリオーネさん
https://twitter.com/trtt_million/status/1526752973447397376
「TJPvsワトの公式戦を見たわけだけど、試合に終始横たわるTJPの横綱相撲感が凄まじいな。ワトに勝機らしい勝機を感じるのが極めて難しい試合だった。 ただTJPを相対的に凄いと思うのは、それだけ今のワトを抑え込むのが至難の業であることを雄弁に物語っているわけで、不思議と嬉しくもなるんだよな。」 / Twitter

■ 140字プロレス【プロレス“プチ“レビュー】さん
https://twitter.com/thumbtackyuki89/status/1526608814447140864
「TJPの動きの鮮やかさ。メジャーリーガーの捕球からスローイングまでの速さ、ファンタジスタのトラップからドリブルに至る繊細なタッチ的なモノを日本人とはココが違うとワトに見せつける展開。ワトは1・2・3、TJPは1→2,3だった。☆3.25」 / Twitter

■さなりぃさん
https://twitter.com/sanarixi/status/1526591417329807360
「TJPvsワトもう一回見た。TJPやば過ぎ。負け越しとか言ってごめんなさい。ワトも頑張ってついて行ってたとは思うけど厳しかったな。技の精度より技と技の間というか、デスペや中邑的な「所作」が必要な気がした。」 / Twitter

● エル・デスペラード vs ティタン
第8試合 30分1本勝負
『BEST OF THE SUPER Jr. 29』Bブロック公式戦
 ○:エル・デスペラード vs X:ティタン
 13分45秒 ピンチェ・ロコ→エビ固め

<ブラックアイ感想>
 ティタンの動き素晴らしい。さすがメヒコから1人、代表のような形で参加してるだけあります。
 飛ぶだけでなく、足攻めをやり返す場面も。あれは良かった。
 デスペラードの攻めっぷりもサスガ。好試合となりました。

<試合後コメント>
デスペラード「(コメントブースに現れるなり座り込み、右ヒザを擦りながら)ああ、痛え! 痛え! 痛え、クソッ! 楽しい! 素晴らしい。ルチャじゃ全然追いつかねえ。いやあ、面白いわ、やっぱあいつ。ティタン、ありがとうよ。来てくれてよ。お前みたいな奴が来てくれると、最高にやってる甲斐があんだよ」
デスペラード「あいつは自分のスタイルをメヒコとハポンのミックスドで、“メヒポン”スタイルと呼んでいる。確かにルチャードールがそのまま来ただけじゃな、日本の、あとアメリカのプロレスになかなかフィット出来ないんだけど、あいつはやっぱり考え方が2〜3歩先にあるね。素晴らしいよ」
デスペラード「でも、悪いけどな、こっち『SUPER Jr』が始まる前にケチついちまってんだよ。ベルト失くしちゃった。で、石森選手がチャンピオンで……失礼、石森チャンピオンが『俺を見てろ』と。そりゃそうだよ。Aブロック、み〜んなてめえの敵だ。楽しいだろうな」
デスペラード「問題はBブロックだ! リンダマンが、いやあえて言うけどリンちゃんが、インタビューで『地味なブロック』って、俺が思ってたことを言っちゃった。言うんかいって思ったけど、まあ実際そうだ。派手な、ヒロムみたいなタイプがいるブロックじゃねえ。だけどその分な、ねちっこいもの見せられるはずだぜ」
デスペラード「なあ、ウィーラー・ユウタ、あとロビー、TJP。あのへんなどは今日も見てて分かっただろ。(自分の右の拳を見ながら)これどこまで通用するかな? 全部ぶち抜いてやる、俺のロコモノで」

ティタン「俺の『BEST OF THE SUPER Jr.』は黒星スタートとなってしまった。だけど負けて得点が獲れなかったことに落ち込むより、今日の試合を通して得たものを次の試合に活かすほうに目を向けたい」
ティタン「俺は今日の結果を完敗とは思いたくない。俺を成長させてくれるチャンスだって思いたい。今日の結果を受けて俺はもう一段上のステップに上がることが出来る」
ティタン「MUCHAS GRACIAS! 日本のみんなありがとう。応援ありがとう。『BEST OF THE SUPER Jr. 』、最後まで戦い抜くよ。俺は“エル・イモータル”、ティタン」

<ファン感想>
■140字プロレス【プロレス“プチ“レビュー】さん
https://twitter.com/thumbtackyuki89/status/1526608920504315904
「ティタンの軽やかなステップ。デスペラードをダンスにご招待。ルチャの独創性にデスペラードの整合性が襲う。ティタンが陽ならデスペラードは陰。キチンと場を呼んでのヒール濃度の高い振り幅の提示。最後のマイクについつい加点しちゃうのよ。好勝負。☆4」 / Twitter

■ みおさん
https://twitter.com/nekozima303030/status/15265332865874329609
「ティタンがもう美しかったしもう眼福……(*´?`*) デスペさんマイクもバクステも最高にダークヒーロー感凄すぎて耳が幸せ…(*´∀`) 結果もう全部幸せ… 地味じゃないよBブロック…わたし大好きだよBブロック……」 / Twitter

■ジョンフリーさん
https://twitter.com/t1ZX6x9lb8sxkfu/status/1526529463122464770
「デスペさんもティタンのルチャを一番うまく魅せれるのは俺なんだとCMLLのトップオタとしての気概を感じますねw #BOSJ」 / Twitter

 以上。
 ‥ファンタズモさん、BUSHIさん、すいません。
 サドンデスってもう疑われなくなったの?

 A・Bブロックの開幕戦、自分の個性を強く押し出す選手が多く、それは最初だからかまわないのだが、"大激戦"というような公式戦はまだ少なく感じていたりはした。でも、デスペvsティタンは試合としてかなり面白かったです。
 今後、それぞれの戦いぶりがわかってくるにつれ、白熱する試合も増えてくるでしょう。
 こういう雰囲気も、海外・他団体勢が多いからでしょうね。リーグ戦を続けて見ていけば、変化に気づけて更に楽しめるかも。

 BOSJは始まったばかり。
 できる限り追っていきたい。もう見るのが間に合わなくなってますが(汗)

 しかしやっぱりプロレスにガイジンは必要だなぁ。





 個別記事ページ→ リンダマン、ユウタ、ティタン、TJP‥Bブロック開幕戦の初&久々参加選手はどうだったか?〜「BEST OF THE SUPER Jr.29」

posted by sugi
2022年05月 04:29 | Comment(0) | 新日本プロレス
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。