2021年09月17日

「G1クライマックス31」の注目点と予想を書いてみた〜最強ブランドで勢いづけられるか

カテゴリー:新日本プロレス

21091612.png


 G1クライマックス、もう始まるよ。
 個人的な注目点・注目試合と予想を書いておきます。
 参考にしていただければ嬉しいが、どちらかと言えば自分のための確認が目的かな。どれを見るべきかのチェック。


2年連続、飽き開催

 今年も秋開催。20人参加の2ブロック。

■G1 CLIMAX 31 | 新日本プロレス
 https://www.g1climax.jp/



 例年通りなら、優勝者には正月の東京ドーム大会メインでのIWGP挑戦権が与えられる。
 恒例ではあるが、今のところは未確定。権利証の防衛戦が行われるのかも不明。

G1出場者
▼A
飯伏幸太
内藤哲也
鷹木信悟
ザックセイバーJr.
矢野通
石井智宏
高橋裕次郎
KENTA
タンガ・ロア:初
グレート-O-カーン:初

▼B
SANADA
タイチ
YOSHI-HASHI
後藤洋央紀
ジェフ・コブ
EVIL
タマ・トンガ
チェーズ・オーエンズ:初
オカダ・カズチカ
棚橋弘至

 正直、サプライズと言える出場はナシ。
 ビザが出ないため新外国人が呼べない、他団体も変わらずあてにしない、そうなると難しい。
 更にジェイ・ホワイト、ウィル・オスプレイらは、新日本・アメリカ大会のため来日不能。厳しい。

 それでも元々、層の厚い団体です、好カードはズラリだし、内容でも引きつけてくれるでしょう。

<注目点1、最強ブランドで団体の流れを変えられるか>
 いきなりリーグ戦自体の話からは少しそれるのですが、このところの新日本、いまいち勢いに乗れない印象。
 名勝負級の試合はあるんです、コロナ関連で欠場した選手も戻ってきた、それでもまだどこか好調感がない。集客のイメージは大きいか。
 まず盛り上がる最強ブランド「G1クライマックス」で、ハッキリ上昇させられるか。
 要請者数も下がり気味、ワクチンも回り始めた近頃、お客さんは戻ってくるか。

<注目点2:なんだかんだ初顔が楽しみ>
 グレート-O-カーン、タンガ・ロア、チェーズ・オーエンズの初出場3人は楽しみ。
 やっぱり新鮮な顔は気になります。
 タンガ・ロアが化けるような予感あるのです、私は。 
 ただ、3人とも優勝争いは厳しそうである。

<注目…3:レギュラー参戦選手だけだからこそ内容は保証済み>
 トップ級選手同士の初対決は少ないが、何度かやって好勝負を繰り返している鉄板カードは多い。
 見れば満足度は高いのでは。どう話題性を生むのかも楽しみ。

<“逆”注目点:EVILはもう追わない>
 バレクラ入りから1年以上経ちましたが、もういいでしょ。
 勧善懲悪としてスッキリするような試合が少なすぎ。鷹木線もイマイチ。
 自分、昨年は気にして追っていたんですよ。敗れたザック戦は良かった。名勝負とまでは言いませんが、かなりスっとした。
 あとYOSHI-HASHI戦も良かった。
 でも、この1年を振り返ると…公式戦も多いし、もう積極的に追う必要は無いでしょう。
 評判の良い試合があれば後から見ます。


注目の公式戦/G1

 では全公式戦を並べながら、注目の試合に触れていきます。
 後半に行くにつれ、文章量が少なくなっていますが、気にしないで。時間が。

■G1クライマックス31の各大会の全公式戦発表! | トペスイシーダプロレスブログ〜新日本とNOAHの情報を中心に発信〜
 https://tope-suicida.tokyo/archives/19538
公式戦カードはこちらからコピペさせて頂きました。

★付が注目公式戦。



【9月18日(土)大阪大会】開幕戦 Aブロック
 A飯伏幸太 vs 高橋裕二郎
★Bグレート・オーカーン vs タンガ・ロア
 C矢野通 vs KENTA
 D内藤哲也 vs ザック・セイバーJr.
★E石井智宏 vs 鷹木信悟

 開幕戦メインは石井vs鷹木。当たる度に大激戦、鉄板で盛り上がるカードでしょう。
 今までと違うのは、鷹木がIWGP世界王者であること。石井が勝っておけば後にも大きい。
 ラリアットの向こう側が見たい。

 初参加同士の対決となるオーカーンvsロアにも星。モチベーション高い同士なので好勝負となりそう。
 Aブロックの掻き回し約決定戦のような。タンガ・ロアはイメージを一変させる活躍を期待したりしている。
 


【9月19日(日)大阪大会】Bブロック
 AYOSHI-HASHI vs EVIL
Bジェフ・コブ vs チェーズ・オーエンズ
 CSANADA vs タマ・トンガ
 D後藤洋央紀 vs タイチ
★E棚橋弘至 vs オカダカズチカ

 久々にG1で棚橋vsオカダ。もう正座して見ます。
 一つのプロレスの正解がここにある。
 過去のG1対戦は、オカダの1勝3分。普通に闘うと30分では足りない。
 でもおそらく“時間”とも闘ってくれるはず。そこも見所。

※参考
■新日本プロレス「G1」開幕迫る! 注目リーグ戦ピックアップ@棚橋弘至vsオカダ・カズチカ【週刊プロレス】(BBM Sports) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/c277ec3ff9200df9166fa2353358d933ec8c98e5






【9月23日(木)大田区総合体育館大会】Aブロック
 @矢野通 vs グレート・オーカーン
 AKENTA vs 高橋裕二郎
 B内藤哲也 vs タンガ・ロア
★C飯伏幸太 vs 石井智宏
★D鷹木信悟 vs ザック・セイバーJr.

 鷹木vsザックは展開予想しずらく楽しみ。鷹木がレスリングに付き合うかどうか。
 飯伏vs石井も毎回好試合。ここでMAX出せるかどうかで飯伏のコンディションが分かるか。



【9月24日(金)大田区総合体育館大会】Bブロック
★@棚橋弘至 vs 後藤洋央紀
 Aタマ・トンガ vs チェーズ・オーエンズ
 BYOSHI-HASHI vs ジェフ・コブ
★CSANADA vs タイチ
 Dオカダカズチカ vs EVIL

 SANADAvsタイチ、全日本出身対決が新日本の生まれた地で…、いや大田区は三冠王座が統一された場所。王道にとっても特別な会場。

 第1試合で棚橋vs後藤。意味あってのことか?
 新日本の“底”の時期に、復活の兆しを感じさせた名勝負をしている特別なカード。

※参考
■棚橋弘至VS後藤洋央紀!伝説のベストバウトたる理由 - NJPW FUN
 https://www.njpwfun.com/entry/2020/04/02/180000






【9月26日(日)神戸大会】Aブロック
 Aグレート・オーカーン vs 高橋裕二郎
 B矢野通 vs タンガ・ロア
 C石井智宏 vs KENTA
★D飯伏幸太 vs ザック・セイバーJr.
★E鷹木信悟 vs 内藤哲也

 鷹木vs内藤の同門・優勝候補対決。内藤にすれば勝っておきたい。

 飯伏vsザックは当たる度、本当に面白い試合をしてくれます。
 ファイトスタイルがハッキリ違うので、攻守逆転が分かりやすくノリやすい。
 でも、そろそろ飯伏がグラウンドでも…。

 石井vsKENTAも楽しみだ。




【9月29日(水)後楽園ホール大会】Bブロック
 @タイチ vs EVIL
 ASANADA vs チェーズ・オーエンズ
 B後藤洋央紀 vs ジェフ・コブ
 ★C棚橋弘至 vs タマ・トンガ
 ★Dオカダカズチカ vs YOSHI-HASHI

 オカダvsYOSHI-HASHIの同門ケイオス対決。
 凱旋帰国以来、ずっとオカダの背中を見続けてきたYOSHI-HASHI 、今年が過去最も勝てる可能性がありそう。
 会場は何度も6人タッグ王座を防衛してきた後楽園だ。

 棚橋vsタマも好試合の予感、
 タマはどんな闘い方でくるか。ダークホース的なポジションを取るなら勝っておきたい。



【9月30日(木)後楽園ホール大会】Aブロック
★@石井智宏 vs タンガ・ロア
★Aザック・セイバーJr. vs グレート・オーカーン
 B飯伏幸太 vs 矢野通
★C内藤哲也 vs 高橋裕二郎
★D鷹木信悟 vs KENTA

 鷹木vsKENTAは今年のNJCが好試合でした。それと今回で見比べたい。

 内藤vs裕次郎、人によっては今年のG1で最も重要な公式戦としているのでは。
 内藤哲也がRIJを結成してからは初シングル。
 特別な試合にならないわけはない。特に裕次郎がどう挑むか注目。

 ザックvsオーカーン、各種格闘技の達人オーカーンがナイフを抜くか。
 ただ、同じ刃物でも種類が違うようにも。噛合うか楽しみ。

 石井vsタンガ、どこまで石井が熱くさせられるか。
 着火できばとんでもない好試合になる可能性も。

 なんと5試合中、4試合も★つけてしまった。



【10月1日(金)浜松大会】Bブロック
 Aジェフ・コブ vs タマ・トンガ
 BEVIL vs チェーズ・オーエンズ
★CYOSHI-HASHI vs タイチ
 Dオカダカズチカ vs 後藤洋央紀
★E棚橋弘至 vs SANADA

 棚橋vsSANADA、今年は浜松で。毎回、じっくりレスリングが堪能できるカード。

 YOSHI-HASHIvsタイチ、この2人でどれだけの好勝負となるか楽しみ。



【10月3日(日)愛知大会】Aブロック
 Aグレート・オーカーン vs KENTA
 Bタンガ・ロア vs 高橋裕二郎
 C矢野通 vs 内藤哲也
★D石井智宏 vs ザック・セイバーJr.
★E飯伏幸太 vs 鷹木信悟

 飯伏vs鷹木、IWGP世界線として行われるはずだったカード。
 過去、名勝負って言えるほどの内容にはなっていないので、今回は期待。

 石井vsザック、毎回好試合ですね。ザック相手だと石井は関節技も使う。

※参考
■新日本プロレス「G1」開幕迫る! 注目リーグ戦ピックアップB鷹木信悟vs飯伏幸太【週刊プロレス】(BBM Sports) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/e2a7583eb294c815164ccb728d06b238ccc9a7e0



【10月4日(月)後楽園ホール大会】Bブロック
★@棚橋弘至 vs チェーズ・オーエンズ
 AEVIL vs タマ・トンガ
 Bタイチ vs ジェフ・コブ
 C後藤洋央紀 vs YOSHI-HASHI
★Dオカダカズチカ vs SANADA

 オカダvsSANADA、“ライバル”対決。最近はあまり言いませんが。
 毎回が好試合。コブラクラッチvsドラゴンスリーパーが見られるか。

 棚橋vsオーエンズ、クラシカルな引き出しが噛合いそう。
 オーエンズにとっては特別な公式戦でしょう。第1試合でも20分ぐらいやって。




【10月7日(木)広島大会】Aブロック
 A飯伏幸太 vs タンガ・ロア
 Bザック・セイバーJr. vs 高橋裕二郎
 C矢野通 vs 鷹木信悟
★D石井智宏 vs グレート・オーカーン
★E内藤哲也 vs KENTA

 内藤vsKENTA、星争いとしても重要な1戦。
 一方で、広島がホームな内藤を相手に、KENTAが観客をどこまでヒートさせてくれるかも見物(声援禁止だけど)。



【10月8日(金)高知大会】Bブロック
 AYOSHI-HASHI vs タマ・トンガ
 B後藤洋央紀 vs チェーズ・オーエンズ
★CSANADA vs ジェフ・コブ
 D棚橋弘至 vs EVIL
★Eオカダカズチカ vs タイチ

 オカダvsタイチ、かつて札幌で好勝負を展開。ぼちぼちタイチが勝ってもおかしくないと思うのですよ。

 SANADAvsコブ、身体能力高い同士。とんでもない展開期待。




【10月9日(土)大阪大会】Aブロック
★Aザック・セイバーJr. vs KENTA
 B矢野通 vs 高橋裕二郎
 C鷹木信悟 vs タンガ・ロア
★D飯伏幸太 vs グレート・オーカーン
E石井智宏 vs 内藤哲也

 飯伏vsオーカーン、睨み合った瞬間、ワクワクyしそうな気がします。

 ザックvsKENTA、毎回ちょっと新日本っぽくない試合をしてくれる。なぜ第2試合?




【10月12日(火)仙台大会】Bブロック
 Aタイチ vs タマ・トンガ
 BYOSHI-HASHI vs SANADA
★Cオカダカズチカ vs チェーズ・オーエンズ
 D後藤洋央紀 vs EVIL
★E棚橋弘至 vs ジェフ・コブ

 棚橋選手はアスリート型レスラーとの対戦が一つ壁のような。コブをどう攻略するか。

 オーエンズにとってはオカダ線も特別すぎますね。噛合いそう。




【10月13日(水)仙台大会】Aブロック
 A石井智宏 vs 高橋裕二郎
 BKENTA vs タンガ・ロア
 C矢野通 vs ザック・セイバーJr.
D鷹木信悟 vs グレート・オーカーン
★E飯伏幸太 vs 内藤哲也

 飯伏vs内藤は、毎度試合前は変なドキドキが見る側にありますね。最近は真っ向の試合多い。
 リーグ線としてもかなり重要。




【10月14日(木)山形大会】Bブロック
 Aタイチ vs チェーズ・オーエンズ
 B後藤洋央紀 vs SANADA
★C棚橋弘至 vs YOSHI-HASHI
 Dジェフ・コブ vs EVIL
★Eオカダカズチカ vs タマ・トンガ

 タマ・トンガ、オカダ相手は大一番。ここで好試合を残せるか。

 棚橋vsYOSHI-HASHI 、かつてこんな対戦が。
■【深読み】棚橋弘至 vs YOSHI-HASHI〜涙の理由と新ユニット誕生!?|2018年7月30日:香川・高松「G1」新日本プロレス - 薮田博史公式ブログ
 https://puroresu.hatenablog.com/entry/%E6%A3%9A%E6%A9%8B%E5%BC%98%E8%87%B3_YOSHI-HASHI
 今年の公式戦ではどんなコメントが。



【10月18日(月)横浜武道館大会】Aブロック
★ 飯伏幸太 vs KENTA
★石井智宏 vs 矢野通
 鷹木信悟 vs 高橋裕二郎
 内藤哲也 vs グレート・オーカーン
 ザック・セイバーJr. vs タンガ・ロア
※リーグ戦の試合順は得点状況により決定

 飯伏vsKENTA、何度か対戦していますが、また今回はシュチエーション違うような。
 KENTAはNJCの闘いぶりが素晴らしかったので、このG1はかなり期待しています。
 飯伏線は弾ける予感あるのです。最終公式戦なので、コンディションが心配ではあるが。

 ここまで矢野選手の公式戦には★を付けていないのですが、メットライフで魅せた「恐い矢野通」で来るかどうかで話は変わる。
 ただどちらにしても試合時間は短いのかな。
 最終公式戦の同門・石井線で、出し切ってくれれば嬉しいが。



【10月20日(水)日本武道館大会】Bブロック
★ 棚橋弘至 vs タイチ
★ オカダカズチカ vs ジェフ・コブ
 後藤洋央紀 vs タマ・トンガ
 YOSHI-HASHI vs チェーズ・オーエンズ
 SANADA vs EVIL
※リーグ戦の試合順は得点状況により決定

 オカダvsコブは因縁モード。メットライフは思ったほど弾けなかったが、ハマればとんでもない試合になるでしょう。
 1シリーズ終わって、コブがブロック1位になっても文句が出ないようなオーラを身にまとってくれていれば。

 棚橋vsタイチも好勝負必至。どちらも1位の可能性残して武道館に来て欲しい。
 もうタイチはIWGP世界王座に挑戦してもいいとは思うのだが、このG1で誰もが納得できる結果・内尿を残してほしい。



【10月21日(木)日本武道館大会】
 Aブロック1位 vs Bブロック1位



ブラックアイ予想

 最後に予想。
 Twitterでちょろっと書きましたが、変えました(笑)。

<単勝>
・本命:オカダ・カズチカ
・対抗:内藤哲也
・穴:タイチ

<馬単(優勝-準優勝)
・オカダ-KENTA
・オカダ-飯伏
・内藤-タイチ

 「オカダ-KENTA」は。ちょっと自信あるちょっとだけど(笑)。
 



 個別記事ページ→ 「G1クライマックス31」の注目点と予想を書いてみた〜最強ブランドで勢いづけられるか

posted by sugi
2021年09月 03:30 | Comment(0) | 新日本プロレス
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: