2021年04月01日

ダブプロレス「「BREAK ON THROUGH 2021」トーナメントが面白そう、目指せインディ発掘の場としての「J-CUP」復活、もしくは日本の「バトル・オブ・ロサンゼルス」


2104012001.jpg


 西日本を中心に活動、東京での大会も珍しくない団体「ダブ・プロレス」が、興味深いトーナメントを開催。


準決勝で3WAY・決勝はシングル

 ダブプロレスと言えば、インディファンには、試合中に音楽をガンガンかけるDJスタイルですっかりお馴染み。
 ハードコア路線で、かつてのECWも少し連想、最近はSTRONG HEARTSとの抗争が話題となりました。

 来週、団体の枠関係なしのジュニア・トーナメントを開催。

■ダブプロレス公式 blog : 4月5日(月)6日(火)2DAYS!「BREAK ON THROUGH 2021」梅田TRAD
 http://www.dovepro.net/archives/51274910.html

 「BREAK ON THROUGH 2021」、誰が一番突き抜けているかを決める。







 カードはこちら。
■4月5日(月) 大阪「umeda TRAD 19時開始
<1回戦> ※A
▼谷嵜なおき(ダブ) vs 矢野啓太(ワラビー)
▼山下りな(フリー) vs HUB(フリー)
▼木下亨平(ダブ) vs 拳剛(フリー)

<1回戦> ※B
▼中津良太(BASARA) vs TORU(TTT)
▼"brother"YASSHI(ダブ/メリケン) vs エル・リンダマン(GLRAT/STRONG HEARTS)
▼宮本裕向(666)TiiiDA(フリー)

■4月6日(火) 大阪「umeda TRAD 19時開始
<準決勝>
▼1回戦Aの勝者3人による3WAY
▼1回戦Bの勝者3人による3WAY
<決勝>
▼準決勝の勝者同士

※トーナメント以外にも追加試合アリ
 準決勝で3WAYを行う形は、米PWGの「バトル・オブ・ロサンゼルス」(実力者が世界中から集結するトーナメント)にも近いか。
 PWGは決勝が3WAYですが、日本ならダブの方式のほうが受け入れられやすいのかも。
 「バトル・オブ・ロサンゼルス」は、その優勝者・出場者が必ずステップアップしてしまうトーナメント。ファン・関係者の注目度はハンパない。
 団体としては、本来の、中央ではほぼ無名なインディ選手にもスポットが当たるJ-CUP的なものを目指していくようですが、PWGも絶対に意識しているでしょうね。

 メンバー、なかなか面白い。
 本命は実績から言って宮本裕向か。それにHUBが続く?
 いやでも全選手に優勝の可能性はあるでしょう。
 男女関係無く今のインディーで、最もブレイクしている山下りな、その実力は見た人なら誰も認めるエル・リンダマン、現CCW認定カナディアンヘビー級王者の木下亨平、BASARAを代表する選手の一人な中津良太も負けられない。
 そして最大の注目は矢野啓太か。エントリー自体が話題。
 元ドラゴンゲート・闘龍門系の対戦も楽しみ。

2大会合わせて3300円でLIVE配信

 参加選手12人は、連日Twitterで、1〜2人ずつ発表されていました。毎日ワクワク。
 この発表方法、どこかやってくれないかと期待していたのですが、ダブがやってくれましたな。海外ではあるんですが。

 発表時の映像が完成度高かった。





 ダブプロレス公式チャンネルで、全12選手の発表Vは見られます。
■ダブプロレス - YouTube
 https://www.youtube.com/channel/UC1Hp7hWypFauxG6VXoGCUnw





 YouTube映像の完成度は、大会配信のクオリティの高さも想像させます。
 当日は、トーナメントが主役の配信でありながら、煽り映像等にも力を入れ、生で一つの映画を撮るような感覚で行うとか。
 もともとは、配信に特化した形の大会を考えていたんだそうです(有観客で開催)。それだけ力、入ってる。

 配信購入はこちら。
■「BREAK ON THROUGH 2021」 - ツイキャス
 https://twitcasting.tv/c:bj504/shopcart/59934
 なんと2大会で3300円!
 PPVとしては安いですね。そして、あのメンバーですから。
 大会後も、4月19日まで視聴可能。

 こちらのインタビューもチェックを。
 トーナメント開催の意味合いを詳しく語って下さってます。

 グンソ・インタビュー:週刊プロレスモバイル
■DOVEの近況
 https://wp.bbm-mobile.com/sp2/Interview/InterviewDetail.asp?aid=01284&pg=1&c=0110&sendtime=20210401152908
■BREAK ON THROUGH 2021とJ-CUP
 https://wp.bbm-mobile.com/sp2/Interview/InterviewDetail.asp?aid=01285&pg=1&c=0110&sendtime=20210401152612
■プロレスの“配信”について
 https://wp.bbm-mobile.com/sp2/Interview/InterviewDetail.asp?c=0110&pg=1&aid=01286
■“インディー”へのこだわり
 https://wp.bbm-mobile.com/sp2/Interview/InterviewDetail.asp?aid=01287&pg=1&c=0110&sendtime=20210401152612

参考記事

■プロレスショップ フリーバーズ - BOLA バトル・オブ・ロサンゼルス(PWG Pro Wrestling Guerrilla)|Yahoo!ショッピング ※バトルオブロサンゼルス説明
 https://store.shopping.yahoo.co.jp/freebirds/pwgbola.html
■矢野啓太を知らないでいられるのは、幸せなことなのだ。|港キラねこ|note
 https://note.com/kirakure/n/n3a81ec8d1a9b



 個別記事ページ→ ダブプロレス「「BREAK ON THROUGH 2021」トーナメントが面白そう、目指せインディ発掘の場としての「J-CUP」復活、もしくは日本の「バトル・オブ・ロサンゼルス」

posted by sugi
2021年04月 16:03 | Comment(0) | プロレスニュース・トピックス
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: