2021年03月29日

秋山準がKO-D王座V1・敗者の樋口和貞にベルト巻かせる衝撃、おそらく長く記憶されるシーンに〜3.28 DDT・後楽園。情報まとめ&感想


CBIMG005.jpg


 秋山準のKO-D王座初防衛線、樋口和貞に完勝。
 試合後のやりとりが話題。
 3.28 DDT・後楽園の情報まとめと感想。


敗れた樋口が戦前要求通り、秋山に「ハイ」と返事し…

 大会結果はDDT公式サイトで。
 札止めだったんですね。

 観衆:669人(札止め)。

<動画>

▼メイン後





<試合後コメント>




<メイン後、男色ディーノ・マイク>
改めて秋山がマイクを持つと「これでリーグ戦負けたやつ全員リベンジしました。もうリング上で闘って勝負つける奴はいないかな? ただ1人だけ、紙面をにぎわせたやつが……1人いるんだよ。(大石に向かい)今日君何になったんだっけ?(大石「ケツゾンビです」)ケツゾンビ、君は毎回いろいろなるね(会場笑)DDTって普通この辺でディーノの曲とか流れないんすか? スリル? 流れないの? 流れんじゃないの? ディーノ!」と叫ぶと、『スリル』が流されディーノがリングに上がる。ディーノは秋山の腰のベルトかその下あたりをジックリと見つめる。秋山「おい、どこ見てんだ?(会場笑)どっちだ? どっち見てんだ? どっちだよ、オイッ!」ディーノ「どっちもに決まってんでしょうが!(会場拍手)」秋山「どっちもって言ってもな、今この試合見た? これどうすんの? 俺アナルなんとかとかかからないよ? 何ゾンビ?(大石「ケツゾンビです」)ケツゾンビかからないよ、俺? 大丈夫?(ディーノの視線を感じて)オイッ、見んなって!(会場笑)見んな!」ディーノ「準ちゃん……準ちゃん! それはいけない、それはいけない! そのベルトを持って私を呼び込むのはよくない!(会場拍手)DDT、今日24周年、そのうちワタシが居たのは20年弱、DDTのすべてを知っているわけではない、でも! ワタシはそのベルトに思い入れがあり過ぎるわ!(会場拍手)ポイズン澤田JULIE、高木三四郎、佐々木貴、MIKAMI、あと飯伏・ケニーが才能を見せつけ、入江茂弘がギリギリの闘いを繰り広げ、佐藤光留が民意を背負って闘い、一瞬だけども高梨・大家がその名を刻み、HARASHIMA、坂口、KUDOが看板を背負って闘って、竹下・遠藤が扉を開いて、ワタシが持っている時もそうでない時も、思い入れがぎゅーっと詰まってんのよ。そこに手が届かなかった人の思いもある。準ちゃん、あんたがDDTを知らなくて、それでも闘っていた頃、ワタシたちはワタシたちでもがいていた。DDTはここまで来た、秋山準がDDT一員になってこのシチュエーションを作り出した。ワタシはね、そのベルトを持って呼び込まれたらここ数年ずっと抑えつけて来た気持ちが爆発してしまう! それはよくない、準ちゃん! それでも! それでもあんたはワタシを呼び込んだのね。いいでしょう! DDTはここまで来た! あとはワタシが勝つだけだ! おいっ、いつ! ワタシが勝つ瞬間はいつ!?」これを受け今林GMが4月11日後楽園大会でのKO-D無差別戦を正式決定。ディーノ「なるほどなるほど! DDTはワタシをビッグマッチには持って来ない、ワタシが勝つなんて思ってない! わかった、DDT、いいでしょう、そうでなくちゃね、ファ●ク!(本部席に中指を突き立てる)いいよ、準ちゃん、遠慮なく、今心からDDTへようこそ(中指を突き立てると会場から拍手が巻き起こる)」秋山「(大石に向かって)お前、どっちだ? どっちだ!」ディーノ「さぁ、選んで」と言うも、大石はエプロンで困り果てるのみ。秋山「よし、わかった。4月11日、俺は君のことリスペクトしてるから。な? ここまでDDTの顔として来た君のことを、リスペクトしてるから。俺も生半可な気持ちで君とやろうなんて言ってない。イデオロギーかなんかわからないけど、4月11日やろう。みなさん、いいですか!?(会場拍手)」するとディーノが歩み寄り、秋山のベルトをポンポンと叩き、最後に股間を軽くタッチする。秋山が「オイッ!」と叫ぶもディーノはリング下へ。ディーノは客席を背に秋山に両手の中指を突き立て退場。最後は秋山が「みなさん、4月11日、ディーノとのタイトルマッチ、また見に来てください。本日はありがとうございました!」と大会を締めくくった。

<秋山準、試合後コメント>
秋山 まあ正直ホッとしていますね。俺の中でも少なからず緊張感があったので、いい試合ができたんじゃないかな。
――樋口選手の気持ちを感じた?
秋山 ずっと感じてますよ。だってアイツ、俺が来てからずっと上がっているんじゃないの? 見てる人はどうなの? 俺は中にいるからわかんないよ。以前のを知らないから。
――殺気だったり雰囲気は……。
秋山(遮って)だから俺は言うことを聞けって言ったけど、ヘッドコーチとして一つ言うとしたら(俺が)来て伸びているということは別に今イジる必要がない。オマエは好きなように文句言って、俺に反発してみぃ。その代わり自分の言動にはしっかり責任を持っていけ。俺だけじゃなくって誰に対しても今のスタンスを変えるな。俺にはそれ、ほかの人には違う、そうじゃない。ずっと今日の樋口を貫け。まあ俺から言えるのはそれぐらい。それはヘッドコーチとかじゃなくて先輩レスラーからのアドバイスだ。絶対それのほうがいい。だから俺はアイツの反発をいじくったりしないし、今日はアイツの反発がもっと来るように「オマエがベルト巻け」って(言った)。俺がベルトを腰に巻かなかったのはそのためもある。アイツに俺の腰にベルトを巻かせてやろうと思って。一番悔しいよ、何言われるよりも。これDDTの最高峰のベルトでしょ。それを取り戻しにきた……俺が外敵みたいになっているけどなあ、まあいいや。取り戻しに来た。それを巻かれた……それほど悔しいものはない。その悔しさでまた向かってこい。
――腰に巻いた感想は?
秋山 気持ちいいね。久しぶりに腰に巻いて気持ちいい。
――ディーノ選手とのタイトル戦が決まった。
秋山 俺、別にディーノについて簡単だからどうのこうの言ったわけじゃなくて、俺の発言に一番最初にアイツがいろいろ反応してたし、ブックスロード? なんかいつもいつも俺に反応してるし、そういうヤツに来てもらおうと。ただ、俺は俺のやり方でやるから。俺も大人げないことはしないよ。どこまで俺がいくか考えないといけない。それもまたアイツとやる楽しみでもあるから。どこまでいって、どこを断つか。それもギリギリでしょうね。プロレスラーとしてのセンスも問われるし、ダメってなったら俺がダメになるかもしれないし。だから逆に今の試合よりもディーノの試合のほうが難しいかもわからない。頭を使うから。若いヤツらとは体力……アホみたいに自転車ガンガン漕いで心拍数をあげて練習していればなんとかついていける。ただ、アイツにはそれだけじゃなくてここ(頭)を使わないといけないから。大変だと思う。リング上でも言ったけど、アイツを一切バカにする気持ちはないし、なんならアイツをDDTの中で一番リスペクトしているかもわからない。ここまで男色ディーノという名前をDDTで作り上げてきた。DDTが上がってきたのは、もしかしたらアイツの力がかなりあるのかもわからない。それで俺がちょろっと入ってきてチャンピオンになって、もうみんなアイツを応援してやってくれ。100対0でいいや、俺は慣れているから。全員ディーノを応援してやってくれ。オマエはどうするんだ?
大石 ……秋山さんです。
秋山 そうか、わかりませんって言っとけや(苦笑)。

<決定>


ブラックアイ感想

 サムライTVでLIVE観戦しました。
 秋山準vs樋口和貞、激戦だったという声もありますが、自分には秋山準の完勝に見えました。
 クロー封じの右手攻めで完全にペースを握られる。
 最近の樋口選手は、やりすぎなんじゃないのか?と心配になるぐらいのド迫力試合が多く、そのポテンシャルがついに爆発するのではないかとの予感は過去最高。
 いろいろ難しい初防衛戦でも、勝ち負けも含め好勝負を想像できた。それが札止めにも繋がっているのでしょう。
 樋口選手も、後半には手の痛みを超えて反撃するが、手負いの感は否めず。
 本領を発揮させなかった王者の闘いぶりを賞賛するしかありません。





 話題の試合後やりとり。これはヒリヒリしました。
 秋山選手の「負けたら言うことを聞け」戦前要求をのみ、「ハイ」と返事してから
 敗者・樋口がベルトを膜。客席から「樋口、やれ(攻撃しろ)」とヤジが飛ぶや、秋山が「うるさい」と制する。
 コロナ禍に野次はダメなのだが、結果としては場の緊張を高める形に。このシーンは永遠に忘れない気がします。
 DDTファンの心を強烈に掻き乱した瞬間。
 過去に似たようなものだと、スペル・デルフィンの「股くぐり」になるのかも。
 しかし、このあとの男色ディーノ選手によるマイクは、ドンビキした観客の気持ちを一気に高めるのに十分なもの。
 この日の大会名は「Judgement2021」。24年前に、プレ旗揚げ大会で「団体として旗揚げしていいか」を観客投票で決定。
 結果としては次に向けて期待を持てる形での大会終了。
 自分としては“満足”できた内容。本当は、満足じゃなく「納得」ぐらいのほうが正しいのかもしれないが、DDTは見終わって満足させるのが団体としてのポリシーなので、この言葉。
 プロレスはいろいろなので、喜怒哀楽と様々な感情を持ち帰る大会があっても良いとは思うが、DDTの場合、インディとしてノシ上がることができた理由の一つがそれと思ってます。「満足できなかったら料金返金」なんて興行をやったこともあるんですよ。
 最後のディーノのマイクは、「ジャッジメント」に相応しいマイク。

 とは言え、秋山入団効果は、前座の試合を見ても感じるところあって、既にDDTは良い変化を見せているんですよね。
 そこを秋山中心に、話題を生みながら、ファンの心を揺さぶりつつ勧めている。それでいて次への期待も持たせているので、雰囲気は悪く無いな、とも思います。
 秋山準と対戦した選手が、負けてもなお評価を上げるぐらいだと尚良いんですが。

 秋山準vs男色ディーノも話題となりそう。
 DDTをそこそこ長く見ている人なら、ディーノ選手がココゾでは凄い試合をしていることは知っている。
 今回はどんな展開と成増か。あまり決めつけずに見ます。

 あと、そろそろイツデモドコデモ挑戦権が出てくるのかも気にしておきたい。
 vs秋山で、意外なタイトル戦が実現できそう。

<感想ツイート>




 オープニングとメイン前のVが良かったですね。

発表・記事・ツイートなど/DDT

■16年ぶりのタッグリーグ戦!「Ultimate Tag League 2021」出場チーム決定! | DDTプロレスリング公式サイト
 https://www.ddtpro.com/news/15627
◆出場チーム
○樋口和貞&坂口征夫(Eruption代表)
○秋山準&大石真翔(準烈代表)
○竹下幸之介&勝俣瞬馬(The 37KAMIINA代表)
○クリス・ブルックス&アントーニオ本多(欧州代表)
○佐々木大輔&火野裕士(DAMNATION代表)
 本命は佐々木&火野では。
 公式戦日程はリンク先で。
<記事>
■KO-D無差別級王者・秋山準が樋口和貞の挑戦を退け4・11後楽園で男色ディーノを迎撃へ【DDT】(TOKYO HEADLINE WEB) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/8c8a83a6b719e231c623aa6888aa0c854c448563
■“親の七光り軍団”が青木真也組を破り、KO-D8人タッグ王座を奪取【DDT】(TOKYO HEADLINE WEB) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/ca7301e71bc013e8a7d3ad19f9b80db57cef6317
■8・21富士通スタジアム川崎大会の開催が決定【DDT】(TOKYO HEADLINE WEB) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/a34d34183ad74514388c1bc5b7a2d0d32878bd3d
■“親の七光り軍団”が青木真也組を破り、KO-D8人タッグ王座を奪取【DDT】(TOKYO HEADLINE WEB) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/ca7301e71bc013e8a7d3ad19f9b80db57cef6317
<ツイート>












 個別記事ページ→ 秋山準がKO-D王座V1・敗者の樋口和貞にベルト巻かせる衝撃、おそらく長く記憶されるシーンに〜3.28 DDT・後楽園。情報まとめ&感想

posted by sugi
2021年03月 18:08 | Comment(2) | プロレスニュース・トピックス
この記事へのコメント
後楽園ホールで観戦していました。
秋山選手が樋口選手にベルトを巻くよう支持した際に、客から飛んだヤジは、「樋口、(ベルトを巻くのは)やめろ!」でした。

ヤジに対して秋山選手は、「うるせぇ! 何がやめろだ! 負けたんだよこいつは、当たり前だろ!」と言っていましたね。

ベルトを巻く時の樋口選手の悔しそうな表情を見たら、思わず私が泣いてしまっていました(笑)

胸が熱くなる良い試合でした。
Posted by at 2021年03月29日 19:19
「やめろ」でしたか。
秋山さんの発言全体からすると「やれ(襲え)になると思うのですがね。
また聞き直してみます。
Posted by 管理人・杉 at 2021年03月29日 21:19

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: