2021年01月30日

飯伏幸太がケニー・オメガに向け「全面対抗戦をしたい」とツイート、新日本vsAEWの開戦はあるのか?

カテゴリー:新日本プロレス

21012922.png


 1月29日に投稿された飯伏幸太選手のツイートが話題。
 


プロレスに刺激を!


 ケニー・オメガに向けての投稿なのは間違いない。
 と言うことは…新日本とAEWで全面対抗戦ってことですか? 突然ですな。
 「立場が変わった」というのは飯伏選手とケニー選手のことでしょう。2008年、ケニーが路上マッチの動画をDDTに送りつけたことから、2人の関係は始まっています。
 いろいろ追い抜かれた飯伏選手から、今度はアピールということか。

 この記事を書いている時点の情報はこのツイートだけです。
 なので、対抗戦実現の可能性をいろいろ考えてみる。

 新日本とAEWの仲は、犬猿のようでそうでもないような。プロレス団体としては理想かもしれない距離感。
 AEW側は、ずっと交流を呼びかけていた。
 昨年は、クリス・ジェリコの30周年大会に、棚橋弘至選手がお祝い動画を送ったことも。
 AEWマットでは、元バレットクラブのケニー&アンダーソン&ギャロウズが再合体中。





 ちょっと気になるのは、ツイート発信な点。
 飯伏選手が先走ったということでしょうが、サプライズの生み方が絶妙に上手いAEWからすると衝撃度は弱めのような。
 まだ裏で動きがないうちでのアピールということはあるのか。

■スティング出現! ケニー・オメガがAEW王座初戴冠! 続きは…インパクトレスリング!?〜衝撃連発・12.2Dynamite: プロレス専門ブログ・ブラックアイ3
 http://blackeyepw.com/article/188188158.html
 この大会、ケニー・オメガが王座奪取後、控室を小走りにくぐり抜け、車に乗り込みインパクトW出場が分かるまでの流れが素晴らしすぎます。
 誰もが「ええっ!」と叫びたくなる。正直、AEWより規模は小さいインパクトと絡んだところで、「大事件」というほどではありません。マニアは喜ぶけどね。
 その衝撃を高めるだけの工夫が大会・番組の中に詰まってます。
 かなり出来る人が、AEWにはいるのです。“ジェリコvsケニーを実現させた男”ドン・キャリスがそれなのかもしれません。一人かわからんけど。
  こんな始まりでいいのかな?とは少し思う。飯伏×ケニーというパーソナルな関係ならば、ツイートぐらいがリアルなんですかね。
 新日本側のアイディアってことはあるか。

 飯伏選手が思っていたことをそのままツイートしてしまっただけ、という可能性も。
 そういうことをやりそうな人だと言うのは、うなずいていただけるでしょう。

 どれにしても何かが始まってくれた方が嬉しい。
 「今、プロレスにはもっと刺激が必要だ」、この言葉には大賛同。
 やり過ぎはよくないけど、ケニーvsジェリコみたいな衝撃は時折必要と自分は考えてます。
 海を渡る選手が増えてきたとはいえ、ケニーや飯伏のような団体ド中心選手がヒョイヒョイ移動するのはまだ難しい。



 さあ、AEW側はどうリアクションしてくるか。スルーはないでしょう。
 日付変わって本日の新日本・名古屋大会も注目点増えました。

 月末ですし、ジェイ・ホワイトの去就もハッキリするかも。

参考記事

■新宿御苑で働く社長レスラーのblog : そして、そんな飯伏に「カナダの路上の王レスラー」が挑戦状を! - ライブドアブログ
 http://blog.livedoor.jp/t346/archives/52080624.html
 高木三四郎社長の旧ブログ。ケニー・オメガが日本プロレス史に初めて名前を残した瞬間かも。
 一部マニアの間では話題となってましたが。

▼DDTに送った路上戦動画(まだあった!)


■ケニーオメガが予告通りインパクトW登場、本日AEW番組で重大発表すると宣言:プロレスニュース・トピックス: プロレス専門ブログ・ブラックアイ3
 http://blackeyepw.com/article/188204910.html
■ケニーオネガのピンチにアンダーソン&ギャロウズ現る、ヤングバックスも加わり「too sweet」/AEW:プロレスニューストピックス: プロレス専門ブログ・ブラックアイ3
 http://blackeyepw.com/article/188292177.html



 個別記事ページ→ 飯伏幸太がケニー・オメガに向け「全面対抗戦をしたい」とツイート、新日本vsAEWの開戦はあるのか?

posted by sugi
2021年01月 02:45 | Comment(0) | 新日本プロレス
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: