2020年07月27日

DDT・NOAH・東京女子・ガンバレ☆・DDTフーズが経営面を一本化、「CyberFight」に、彰人が副社長に

カテゴリー:DDT





2007271.png


 予告なしの会見で少し驚きました。
 「サイバーファイト」立ち上げについて。
 
 続報あれば、この記事にも追記していきます。


リング内は変わらず、強調




▼会見動画


■サイバー、「ノア」などプロレス事業統合  :日本経済新聞
 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61935530X20C20A7X30000/
サイバーエージェントは、2017年に買収したDDTプロレスリング(東京・新宿)とDDT傘下で飲食事業を手掛けるDDTフーズ、20年2月に買収したノア・グローバルエンタテインメント(東京・新宿)を9月1日に経営統合し、新会社「Cyber Fight」(サイバーファイト、東京・新宿)を設立する。DDTとノアの社長である高木規氏が新会社の社長に就任する。
 サイバーエージェントはインターネットテレビ「ABEMA」上でプロレス番組を配信する。統合したプロレス団体ごとに事業部を設立することで、新会社でも団体ごとの特性を生かせるようにするという。高木規社長は「経営統合によって経営基盤を盤石にする」と意気込む。
 日本経済新聞は、NOAHがサイバー傘下となった会見を、詳しく解説して下さったので続報を期待しています。

 コロナで苦しいこともあっての判断。結果的に会社としてまとまりが出れば。
 大社長が何度もおっしゃっていたので、今すぐ団体それぞれが変わるようなことはないのでしょう。
 新宿歌舞伎町を中心に展開する、DDTフーズは助かるのかも。一時、DDTが苦しいときに、エビスコ酒場の売り上げがあって切り抜けられたということもありましたから。

 人事では、なんと言っても彰人選手の副社長就任がびっくり。
 昭和ぐらいまでのプロレス団体役員って、リング内の格や選手キャリアが重視される傾向ありましたが、彰人選手の場合は裏方での仕事っぷりが評価されてのことなんでしょうね。BOYZのプロデュースとかグッズ製作、大社長も随分褒めていました。

 レスラーとしても期待。しかし、名古屋スポルティーバ出身選手は出世する。

 団体それぞれの収益、そして損失が1つにまとまるということになるのか。基本的には、お金方面で何かあっての統合なんでしょうね。
 全てが良い流れに向かうことを祈ります。

会見情報など追記



■【記者会見】株式会社DDTプロレスリングとノア・グローバルエンタテインメント株式会社が9月1日付で「CyberFight」として経営統合! 目指すは東京ドーム進出、業界ナンバーワン! | DDTプロレスリング公式サイト
 https://www.ddtpro.com/news/14411
■プロレス事業会社 株式会社CyberFightの始動について | 株式会社サイバーエージェント
 https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=24965
■【会見全文】NOAHとDDTが経営統合!新会社CyberFightを設立し各団体は事業部として継続!丸藤正道と彰人が副社長に就任!:バトルニュース
 http://battle-news.com/?p=60706


<ツイート>






関連記事

■【記者会見レポ】サイバーエージェント、プロレスリング・ノアを買収 -DDTとは相互補完の関係を目指す-|井木康文 (日本経済新聞社)
 https://comemo.nikkei.com/n/n26a8d431892d
■拳王「金輪際、オマエと関わらない」・高木三四郎「見せないでやってるんだから」、新潟女子プロレス・水戸ちゃんとは誰なのか〜6.6 DDT「レッスルピーターパン初日」情報まとめ: プロレス専門ブログ・ブラックアイ3
 http://blackeyepw.com/article/187571991.html



 個別記事ページ→ DDT・NOAH・東京女子・ガンバレ☆・DDTフーズが経営面を一本化、「CyberFight」に、彰人が副社長に

posted by sugi
2020年07月 16:04 | Comment(0) | DDT
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: