2020年07月04日

オカダ・カズチカ「お前がやろうとしてることは、そんな簡単にできることじゃないんだよ」〜7.3新日本NJC準決勝、感想&情報

カテゴリー:新日本プロレス





2007031.png


BSでの生放送もあった7.4新日本・非公開会場大会の感想・情報。




ブラックアイ感想

▼SANADAvsEVIL
 同門対決でもEVILのラフ目立つ闘いぶりは変わらず。
 ヒールに大きく振り切る予感と、NJC終われば元に戻るような予感が同居しているように自分は感じて、そこは面白い。
 試合内容が犠牲になってしまうのはちょっとアレだが。せっかくゴールデン生放送だしね。
 SANADA選手が垂直に落下する場面にはヒヤリ。
 「頭から落とすプロレス」を否定し続けていた人が、久々のゴールデンでああなってしまうのは悔しいのではないでしょうか。

▼オカダ・カズチカvs高橋ヒロム
 ヘビーvsジュニアが一つテーマ。
 体重差も重要だが、増量できない身長というのはまた違う差を感じる。
 試合は真っ向勝負。オカダ選手がヒロム選手を受け入れるような面もあったが、最終的には突き放し完勝。「そんな簡単なことじゃない」。
 待望のゴールデン生中継だった高橋ヒロム選手だが、涙で退場する結果に。

 まぁでも、ゴールデンと言ってもBSだし、コロナ影響があったからできたところもある。
 マスコミもファンもかなり盛り上がってしまったが、新日本プロレスはそこまで浮かれず。
 試合は通常通り。気になっていたメイン途中の番組終了も、「放送時間はあと何分!」と連呼するなどなく(NJPWワールドと実況が同じだったためか?)。あっさりめ。
 ネット配信になれていない層にとって、新日本ワールドを見るキッカケになればいいのですが。
 BS終わってからのほうが試合は白熱していたのは勿体なく感じてしまったかな。

 メインに話戻すと、オカダ選手の変形コブラクラッチが素晴らしい。
 1回戦〜準決勝まで、全てがコノ技決着。入り方も様々。フィニッシュとしての説得力もだんだん強くなってきている。
 単純に技量を感じます。簡単に真似できない。
 他のレスラーなら「変形コブクラ職人で生きていこう」と決める人もいるレベルでは(笑)。
 だんだん、コブラクラッチを見るのが楽しみになっています。
 TV番組に出たら、芸能人にかける技はコブクラになるんでしょうかね。あれ大嫌い(笑)。でも断りにくいのだろうなぁ。

 ニュージャパンカップは決勝へ。無観客期間も取りあえず終了。
 1回戦は自粛明けのモチベーション高さもあってか、名勝負級の試合が連発で驚きましたが、徐々にストーリー色が強まってきたように感じます。
 ビッグマッチが近いということでもありますかね。

NJC準決勝・情報まとめ


▼メイン後オカダ、マイク
 https://www.njpw.co.jp/card_result/251161
「オイ、ヒロム、タップしないお前に、IWGPジュニアヘビー級チャンピオンの意地を感じたよ。でもさ、これが現実。お前がやろうとしてることは、そんな簡単にできることじゃないんだよ。ただ、今日のこの結果でも、あきらめずにIWGPジュニア(ヘビー級ベルト)巻いた状態で、IWGPヘビー(級ベルト)を巻きたいって、まだそういう思いがあるんだったら、俺がいつでも相手になってやる。

▼オカダ・カズチカ、コメント
 https://www.njpw.co.jp/card_result/248191
オカダ「何かあれば。もう言いたいことは全部……」
──2年連続の決勝進出おめでとうございます。リング上でも言っていましたけど、ヒロム選手の意地っていうのは感じましたか?
オカダ「まさかタップしないとは思ってなかったんで。もうするだろうと思って、腕持ってラリアット2発行きましたけど、それでもタップしないんで。まあ、やっぱりそういうのがヒロムの意地でしょうね。それはやっぱりジュニアヘビー級でしっかりやっていこうという。僕も同じ立場だったら同じことをすると思うんでね。さすがだなと思います」
──そういった意味ではオカダ選手もレインメーカーを出してないと思うんですが、ヒロム選手に対して変形のコブラクラッチの新技で、あえてそこにこだわったというのはあるんですか?
オカダ「そうですね。まあ、別にレインメーカーを出すまでもないわけじゃなくて、いつまでも同じオカダ・カズチカじゃおもしろくないでしょ。やっぱりね、ドンドンドンドン新しいオカダ・カズチカを見せていかないと、お客さんも飽きてしまうと思いますし、別にレインメーカーを出さないと勝てないじゃなくて、僕は今のフィニッシュにそれだけ自信を持ってやってますから。レインメーカーよりも素晴らしい技だと思って出しています」
──決勝戦がEVIL選手ということに決まりましたけど、準決勝後に「何がなんでも勝つ。手段は選ばない」とコメントしていました。かつてはIWGPを懸けて闘ったこともありますけど、今のEVIL選手はどのように見えていますか?
オカダ「正直、反対側は見てないんで、今のEVILがどんなEVILか知らないですけど、遅いって。みんな勝ちたいのはそういう気持ちは変わらないし。何がなんでもやって勝てるんだったら勝てばいいじゃんって。何を今さら言ってんのって。別にIWGP巻きたいんだったらやればいいじゃんって。『NEW JAPAN CUP』優勝したいなら、オカダ・カズチカを倒したいんであれば、やればいいじゃんって。それでも俺は負けない自信もあるし、そこまでやってきたっていう自負があるから。まあ、どんなEVILかわからないですけど、負けない。俺が勝たなきゃダメだし、ヘビー級は内藤さんに負けてるんで、ドームも4日、5日連戦でしたけど、今回も連戦になると思うんでね。それで勝たないとね。それでやっぱり元気にしたい。みんなで笑ってもらいたい。『プロレス楽しいね』って、一人でも多く笑顔にしたい……キャラじゃないな(笑)」

──今日は久々のゴールデンタイムでの放送でしたが、そのへんは意識されていましたか?
オカダ「まあ、正直、意識してたかどうかと言えばしてますけど、だからと言ってリング上、気合い入ったわけでもないですし、いつも気合い入ってやってるんで。まあ、でも、そういう中でね、ああやってヒロムと闘えて。何年ぶりでしたっけ?」
──34年ぶり。
オカダ「僕が生まれる前ですからね。まあ、なんなら今のプロレスファンの人はほとんど知らない人が多いと思いますし、もういいよ、過去は。2020年7月3日から始まったと思えば。またね、これで終わりじゃないと思うし、プロレスの素晴らしさに気付いてくれる人が一人でも多く増えていってもらえるような闘いを……キャラじゃない(笑)。もうわかんなくなっちった、3カ月半も自粛してたんでね。でも、本当にプロレスを一人でも多く知ってもらいたいという気持ちは昔から変わらないことだし、まあコロナで大変な状況があったからこそ、こうやって生放送につながったかもしれないですし、ゴールデンタイムでできるようになったかもしれないんで、プラスで考えてポジティブに行きたいと思います。ありがとうございました」
 
▼第1試合・ゲイブリエル・キッド、コメント
https://www.njpw.co.jp/card_result/251138
 デスペラード、4年前におまえがWCPWのゲストとしてイギリスに来たことを今でも鮮明に覚えてる。鈴木も一緒だった。俺も同じ大会に出ていた。鈴木とデスペラードはスパーリングの練習していた。デスペラードは鈴木からもの凄いキックを受け、立ち上がるのも精一杯だった。当時19歳だった俺はスズキに近づいて『スズキさん、ボクにキャッチレスリングを教えてくれませんか?』って頼んだ。そして30分間休みなしで指導を受けた。俺は何度も何度もギブアップさせられて、気付いたら気を失っていた。練習の後「大事なのは心の強さだ」と彼に教言われた。それからずっとその言葉を胸に刻み続け俺はここまでやってきた。その2年後、俺はLA道場に入った。加入当初は113kgだったが、そこから27kg落とした。こうして俺たちはまた同じリングに立っている。4年前の弱いままの俺だと見くびっていたか?お前はキングでも何でもない。その証拠にベルトも王冠も持ち合わせていない。鈴木軍、まとめて全員倒してやる。デスペラード、お前は新日本のジュニアはレベルが高いといつも言ってるな。なら俺たちで証明してやろうぜ。最初の標的はお前だ。待ってろよ! (日本語で)イジョー!」


<記事>
■オカダ・カズチカ、ジュニア王者・高橋ヒロム下し決勝進出!「ロス・インゴ」対決はEVILが制す…新日NJC準決勝全成績(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/178fede361ec8d73833714258b5d2fdf2cbfc706
■オカダがヒロム撃破で「ジュニア王者の意地感じた」 34年ぶり金曜8時生中継(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/abd2b1e13a312a052ecac2d39442f19a1463be74
■【新日本】NJCカリスマ対決はオカダに軍配 34年ぶり金曜8時$カ中継に「プロレスを一人でも多くの人に知ってもらいたい」(東スポWeb) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/24b8816869476cbbc260e112a5abff6eedc4ce8c
■オカダ・カズチカ、高橋ヒロム圧倒でNJC2連覇&打倒・内藤を宣言「ロス・インゴ3連勝と行こうか」(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/59a6ef64a77f2f07a57d905532cca911f4590749
■EVILがSANADAとのL.I.J同門対決を制してNJC決勝進出!「何が何でも勝つというのは手段は選ばねぇって意味だ」(バトル・ニュース) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/845488ee5df660fd0e765b798cb4250779c5471d
■新日本・SHOがNEVER王者の鷹木に「挑戦させろ」スピアーでKO(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/237d837b54227556f873a3ce2d58380346b942c4
■34年ぶりの金曜8時プロレス生中継 トレンド独走(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/8479d9e0c33017b75b8338820797c009fe3e68e9

▼アーカイブも無料

<マスター・ワト登場>



■川人拓来こと”マスター・ワト “が2年半の海外修業を経て凱旋帰国も鉄パイプでKOの悲劇!「こんなカッコ悪い凱旋見たことあるか?」(バトル・ニュース) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/7fcc3b367b84013825807837a098861d0c176897
■川人拓来あらためマスター・ワト登場「頂点獲る」(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
 https://news.yahoo.co.jp/articles/bbc60e6f98fdb5a466782efa063e5209877f44f6

▼ツイート・データ


大阪城カード決定、そのほか発表




■【お詫びとお知らせ】YOSHI-HASHI選手が右膝を負傷、YOH選手が左膝を負傷。今後の大会を欠場へ | 新日本プロレスリング
 https://www.njpw.co.jp/251359



 個別記事ページ→ オカダ・カズチカ「お前がやろうとしてることは、そんな簡単にできることじゃないんだよ」〜7.3新日本NJC準決勝、感想&情報

posted by sugi
2020年07月 17:02 | Comment(0) | 新日本プロレス
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: