2020年06月13日

「DDT軍vs金剛」始まるまでは全然乗れませんでしたが…〜6.6 DDTレッスルピーターパン初日感想&感想ツイート集

カテゴリー:DDT

CBIMG002.jpg


DDT年間最大ビッグマッチとして開催された「WrestlePeterPan 2020」、WRESTLEユニバースで観戦しました。感想を書いておきます。
 記事下段には、Twitterで拾った皆さんの感想も。



 史上初の無観客&2日間開催。DDTのビッグマッチ連戦は過去にもありましたが、今年の場合は、同じく無観客&2日間で開催されたWWE「レッスルマニア36」を意識していたと言うか、乗っかったというのは間違いなさそう。
 レッスルマニアの2日間開催は、新日本プロレスの1.4・1.5をヒントにしたという説もあるので不思議な流れ。
 WWEは、墓場マッチとして行われた「アンダーテイカーvsAJスタイルズ」と、不思議すぎる空間で行われた「ブレイ・ワイアットvsジョン・シナ」が話題に。
 無観客が影響したのかなんなのか、通常試合がやや低調に終わり、振り切った2試合に助けられたのではないかとの声も聞こえている。
 さて、異例づくしの大会、DDTはどう挑んだか。

 観戦記、2日まとめてアップするつもりだったのですが、いつまで経っても書き上がらないので、初日だけ先にアップします。
 もう1週間ですからね…。

初日・DDTレッスルピーターパン

 全結果・主な話題などは以下で。

■拳王「金輪際、オマエと関わらない」・高木三四郎「見せないでやってるんだから」、新潟女子プロレス・水戸ちゃんとは誰なのか〜6.6 DDT「レッスルピーターパン初日」情報まとめ: プロレス専門ブログ・ブラックアイ3
 http://blackeyepw.com/article/187571991.html

 取り上げる試合は中心カードのみとなります…。

 通常ならダークマッチに回されそうな試合も本戦で行われたりしていましたな。
 でもレッスルマニアもそんな感じではあった。


第4試合
 ▼新潟女子プロレス(#njpw)プレ旗揚げ戦 in 坂井精機株式会社

 スーパー・ササダンゴ・マシン vs ポコたん

 ササダンゴさんは新潟在住、県またぎはマズイとリモートマッチに。更に、坂井良宏さんが坂井精機の社長になられたことも記念。
 当初のカードは消滅、坂井精機の社員だという水戸悠夏子さんが新潟女子プロレスの所属選手としてポコたんと試合をすることに。

 いやもう、この水戸ちゃんが逸材でしたね。その闘いぶり…闘い? まぁいいか、その闘いぶりが素晴らしい。予期せぬリアクションに目を離せなくなります。
 と言うか普通に可愛い(笑)。新潟中心にスタイリストとモデルをされているそうです。人選の時点で大勝利。
 結果は水戸ちゃんがビューティフル・クロスボディで勝利。
 試合後は、新潟女子のタグが#njpwだったり、東京女子を挑発したりでTLがザワザワしてましたが、それより自分は新潟にある別の団体が大丈夫なのかのほうが気にな…なんでもない。

● 第5試合
▼秋山準&渡瀬瑞基 vs 彰人&飯野雄貴

 DDTでゲストコーチを努めることが決まっている秋山準が、若手に囲まれた形のタッグマッチ。
 個人的に、秋山選手と飯野選手の絡みに期待していたが…放つまでタップリ時間のかかるハカ・エルボーを巡るやりとりだけで終わってしまいガックリ。
 試合後にはこんなツイート。



 ハカ・エルボーを巡る攻防だけ見て「教えることがない」のか、園後の直線的な攻撃も含めたうえで「教えることがない」のかは大きいのだけど。
 飯野選手、自分はかなり期待してますよ。
 試合は渡瀬選手がハリキるも敗戦。DDTでスポットライト当たっているのは初と思うので、まだどんどん前出てほしい。
 昨年のTAKAYAMANIAでNOAH勢相手でも臆せずガンガンやてったの見てから自分の中で注目度上がってました。


▼第6試合
 高木三四郎&松永智光&樋口和貞 vs 拳王&マサ北宮&覇王

 拳王選手が週プロ誌上でNOAHの社長としての高木三四郎を否定したことから始まった因縁マッチ。
 ただ、もう、ぶっちゃけ自分はこのテーマに全然乗れなくて。サイバーA傘下となった会見の時点で「リング内には触らない」と高木社長は言っていたし、そのうえでこの新型コロナ。だいたいNOAH自体は自粛期間中、最も攻めたことをやってた団体でしょ? それが元リデットの竹田さんによる仕掛けだとして、社長が何かマイナスなことをしているようには見えない。
 通常興行で客席ガラガラなら「社長がなんとかしろ」となるのは分からんでもないが、無観客だし。Abemaの中継だってDDTより全然NOAHは多い。

 週プロでいろいろ主張はあったようだが申し訳ないのですが読めていないのです。そこは本当にすいませんが情報得ぬまま言わせて頂いています。

 自分的にはいろいろ余計な裏を読み、DDTの代表が、一時期は間違いなく業界ナンバーワン団体だったNOAHの社長になったことにモヤモヤを抱く人々はファン含めいるだろうから、その気持ちを代弁して拳王選手は挑発し続けたんだと解釈。
 試合へ。

 高木選手はプラケースやドラマチック号などを堂々使い、DDTらしさを全面に出し戦い。
 拳王選手はプラケースを踏み潰し破壊。対立構図がはっきりわかる。
 松永選手と樋口選手は、それぞれにテーマを持って真っ向勝負に。試合自体は白熱。
 高木選手はブランクもあってか、もう一つ動けてませんでしたが、他の絡みは面白かった。
 やっぱり樋口選手は良い。
 試合は覇王選手がカウント3穫って金剛勝利。

 いろいろ感じさせる内容。
 “試合”というモノを通すことで、その主張を強めたり、変化させることができるのは“プロレス”の特異性。
 自分も見方が変わった。

 今後、NOAHとDDTが闘うことも無し…となるはずなのだが、金剛と樋口・松永の対戦を目撃してしまうと「また見たい」の気持ちが残る。
 「少し勿体ない」と思わせつつ「まじわらない」、この加減は絶妙。
 NOAHファンがどのぐらい見たかは分かりませんが、「樋口ならいいんじゃないか?」と思ってもらえてはいないか。
 もし、また絡むことがあるなら、ファンからはいろんな感情が沸き出してくることでしょう。絡むとしても先か、部分的な話でしょうが、そこに向けては、最高の決別ができたのでは。
 もちろん、この先は何もナシって可能性もある。でも、まだ続くような気配もゼロではない。この空気をよく作れたものだ。
 因縁に乗れなかった自分も、最終的には納得です。ある程度、モヤモヤが整理された気がする。

▼ セミ
DDT UNIVERSAL選手権ハードコア3WAYマッチ
佐々木大輔(c) vs 勝俣瞬馬 vs 木イサミ

勝俣選手が、ジョーカー仕様のスーパーハードコア勝俣で登場。
 ハードコア戦ならではの見せ場は十分も、主役となるべき勝俣選手は突き抜けるほどの活躍ではなかったか。
 全然ダメということはないのだけど、ブレイク・オーバーってほどでは…。
 そもそも、無観客というのは、レスラーがブレイクしたかどうかを決める大きな要素、「歓声」がないので判断難しい。
 みんがTLで感想ツイートを読むわけでもないし、団体が取り上げるのは信用できないし(笑)。
 この自粛期間、誰もが間違いなく「ブレイクした」と言えるレスラーって、世志琥選手だけだと思うのです。試合関係ないですがw
 フォロワー急増みたいな客観的な数字があると認めざるを得ない。
 試合でも、大会MVPやベストバウトをアンケートするのはどうだろう?と思っていたりはしましたが、嬉しいことに観客が会場に戻り始めたので、どうでも良くなったかな(笑)。
 試合後のイサミ選手と佐々木選手のマイクは好き。お互いの言葉を探りながら話すアドリブ感。

▼メイン
ラストマン・スタンディング・マッチ
 竹下幸之介 vs ヨシ
ヒコ

 WWE「レッスルマニア」初日で行われたアンダーテイカーvsAJスタイルズを意識してるだろう試合。
 もともとヨシヒコは墓堀人的なイメージも兼ね備えていたレスラーだ。
 となるとAJが竹下選手? 使う技からすると遠藤哲哉選手のほうが相応しいが、この辺もライバル関係に繋がる?
 ただWWEはテイカーの方が善玉。そこがちょっと違う。

 墓場とビルの屋上が主な戦場。
 いろいろヨシヒコも仕掛けるが…、特別「こりゃ凄いな」と言えるようなものはなく…。
 竹下選手の目ん玉が飛び出たのはギョっとした。あれが一番インパクトあったか。
 DDTで目玉が飛び出たのは、タノムサク鳥羽さん以来2人目。

 あ、実際には飛び出て無かった。訂正。

 フィニッシュはガソリンまいての大爆破。
 日本インディー界には、本当にヤバイ○炎攻撃等を「あれはCGだから」とファンに言い聞かせる伝統があるのですが、ある意味ではvs怪人、原点回帰なのかも。
 かなり暗めだったので、自分の目だと見逃している攻防もあるかもしれませんが…ごめんなさい、イマイチでした。
 ちょっとホラーっぽさに寄りすぎたかも。

 冒頭に書いたとおり、レッスルマニアは無観客ならではの試合に助けられた感が自分にはあるのです。でもレッスル・ピーターパン初日で一番記憶に刻まれたのは、団体対抗戦的な、イデオロギー対決的な、日本プロレスらしい試合だったDDT軍vs金剛でした。
 あと、水戸ちゃん。


 2日目の乾燥は…気長にお待ち下さい。

ファン&マスコミ等・・感想ツイート週

 削除を希望される方は連絡ください。対応します。
 ツイートに挑発的な言葉で否定的なリプライを送ることは止めて下さい。


























タグ:DDT 観戦記

 個別記事ページ→ 「DDT軍vs金剛」始まるまでは全然乗れませんでしたが…〜6.6 DDTレッスルピーターパン初日感想&感想ツイート集

posted by sugi
2020年06月 16:45 | Comment(0) | DDT
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: