2020年04月05日

こんな時だからこその墓場マッチがメインイベント〜レッスルマニア36 初日、結果・情報、感想集

カテゴリー:WWE

wwe1003.jpg


 新型コロナ騒動真っ只中、史上初の二日間開催、無観客・全試合収録で行われた「レッスルマニア36」、その初日の結果まとめ。
 私の感想はTwitterに書いたものに少し足してアップしています。
 記事最後にTwitterで集めた感想集あり。


 全体の結果は以下で。
■\[WWE\] 速報 4.4 レッスルマニア36(1日目):KICKOFF?第3試合結果、ベッキーvs.ベイズラー、アスカ&カイリ・セインvs.アレクサ&ニッキー、他 ? 青空プロレス試合結果速報
 http://aozora-pwresult.com/archives/37082

▼詳しい試合経過もアリ


キックオフショー/レッスルマニア36

 本戦前のキックオフショー、無料で全て見られます。

▼キックオフショー:第1試合
 ○セザーロ(エアプレインスピン)●ドリュー・グラック

本戦・試合結果/レッスルマニア36

 まずオープニング。

 ステファニー・マクマホンのコメントからスタート。

 オープニグV。


▼第1試合
女子タッグ選手権
 ○アレクサ・ブリス、ニッキー・クロス
(15分 ツイステッドブリス)
 アスカ、●カイリ・セイン
 ※挑戦者が王座奪取



 カブキが日本語叫びながらペース握り続けるも、挑戦者組がワンチャンスいかし王座奪取。
 カイリがマリンスパイク使った。

 無観客の様子は、RAW・SDと代らず。
 メイン以外は全てパフォーマンスセンター(WWE所有の巨大練習施設)が会場。
 実況席にはJBLが。
 歓声がない分、実況・開設を賑やかにするのも手であるが、TVショーと代らず。会場に入れる人数も資源されているため?

▼第2試合
シングルマッチ
 ○アライアス(約10分 スクールボーイ)●バロン・コービン

 コービンがロープに足乗せ押さえ込むも、レフェリー気づきカウント2。すかさずアライアスがタイツ掴んで丸め込み勝利。 アライアス

▼第3試合
RAW女子タイトルマッチ
 ○ベッキー・リンチ(9分 丸め込み)●シェイナ・ベイズラー
 ※王者防衛

▼ベッキーはデコトラで登場。但し会場外。

 ベイズラーのハラキリクラッチを後方回転しながら丸め込みカウント3。
 大一番かと思われたが意外な決着。ベイズラー、チェンバーの圧倒ぶりはなんだったのか。
 まだ抗争続く? 謎。

ベッキー。トラックで登場。但し会場外まで。
本当はこれで入場したのかな。


▼第4試合
インターコンチ選手権
 ○サミ・ゼイン(10分 ヘルーバキック)●ダニエル・ブライアン
 ※王者防衛

 ダニエルがセコンドの中邑らに場外弾放ったあと、続けトップコーナーからのダイビング技にゼインがビッグブーツをカウンター。勝利。
 この2人の試合としては…。



▼第5試合
SDタッグ選手権=トリプルスレッド・ラダーマッチ
 ※タッグ選手権だが各チーム代表者がシングル3WAYを行う
 ○ジョン・モリソン[ミズ&モリソン]
 (18分 ベルト獲得)
 ジミー[ウーソーズ]、コフィキングストン[ニューデイ]


 ラダー上で3者がベルト奪い合い、モリソンがベルトを掴んだまま落下(天井から吊す金具ごと外れた?)。ベルト獲得扱い。ラダー上でコフィとジミーはポカーン。
 さすがの攻防もあって、ここまでで一番の試合。
 ちなみにミズは隊長不良でこの場にいない(いろいろあったが)、

 コフィがトップコーナーからラダーに飛びつきフランケン?まで放ったのと、モリソンが補助なしでトップロープの一辺を渡りきったのは凄かった。
 ただ、収録だと「やり直しもできるんだろうなぁ」とは思ってしまう。

▼第6試合
シングルマッチ
 ○ケビン・オーエンズ(10分 ゴング攻撃→反則勝利)●セス・ロリンズ

 さすがの攻防もロリンズのゴング攻撃が一発反則。
 オーエンズがNO DQでの再試合要求、通ってゴング。

▼再試合 ノーDQマッチ
 ○ケビン・オーエンズ(5分 スタナー)●セス・ロリンズ

 オーエンズ、かなりの高さのレッスルマニアオブジェ上から、机上寝かせたロリンズへ決死のセントーン! 
 凄まじき威力。
 これはやった無観客祭典の名シーン。


▼第7試合
ユニバーサル選手権
 ○ブラウン・ストローマン(2分 ランニング・パワースラム4連発)●ゴールドバーグ
 ※挑戦者が王座奪取

▼花火でなくスモークでした


 ゴールドバーグがスピアー連打で秒殺予感も、ストローマンがパワースラム連打で逆襲、一気の勝利。
 これは仕方ないのだけど事務的試合にしか見えない。そもそもゴーバーはワイアットに勝ったのがどうかと…。


▼メイン
ボーンヤードマッチ
 ○アンダーテイカー(約18分 埋葬)●AJスタイルズ



 テイカーはバイクで墓場へ! まさかのアメリカン・バッドアス復活。
 オールロケ。BGMと虫の声をバックに殴り合い。
 謎の乱入者あったりテイカーが炎起こしたり、屋根からチョークスラムしたり…。
 最後はKO状態のAJにショベルカーで土をかけ埋葬。
 暗闇の誰もいないように見える道、テイカーがハーレーで走り去る映像と共にPPV終了!

 午前11時ピタリで終わり。3時間キッチリ。
 2日あるからとはいえ、ダラダラの長時間興行にならなかったのは大歓迎。

※大会仲、モジョ・ローリーが247王座を奪取しています。

<ブラックアイ感想>
 メインはバッドアス復活がデカかったなぁ。最後、バイクで突っ走るテイカーでエンディングは大笑いしてしまった。でもコロナ騒動のモヤモヤが少し吹き飛んだ気がするよ。
 賛否両論かもしれないが俺はアリだ。明日も楽しみ。

 メインはこれでいいのだけど、他の試合がレッスルマニア級とは遠いものが多いような。
 特に、メインで行うことも予想されていたベッキーvsベイズラーがアッサリ目だったのはガッカリと言うより驚き。
 コロナで長めの試合がダメなんてあるのだろうか? 会場に長くいられないとか。
 オーエンズのオブジェ上からントーンは凄まじかった。背中から落ちるセントーンやります? 信じられない。
 無観客であそこまでやる気持ちを想像すると泣けてくる。明日もまた生きていこう。

 2日目ももちろん楽しみなのですが、1つぐらい、通常の内容だけで名勝負がほしいかな。
 「無観客でも良い試合は良い試合だよ」と感じさせられれば、これから無観客興行を行っていく他の団体にとっても心強いのでは。

▼大会後アンケート

 テイカーvsAJがダントツのベストバウト。

レッスルマニア36・2日目のカード


レッスルマニア36」
◆WWE王座戦
 ブロック・レスナー(c) vs. ドリュー・マッキンタイア

◆ファイアフライ・ファンハウスマッチ
 ジョン・シナ vs. “ザ・フィーンド”ブレイ・ワイアット

◆ラストマン・スタンディング戦
 エッジ vs. ランディ・オートン

◆スマックダウン女子王座5WAYエリミネーション戦
ベイリー vs. サーシャ・バンクス vs. レイシー・エバンス vs. タミーナ vs. ナオミ

◆NXT女子王座戦
 リア・リプリー vs. シャーロット・フレアー

◆ロウタッグ王座戦 
 ストリート・プロフィッツ(c) vs. オースチン・セオリー&エンジェル・ガルザ(W/ゼリーナ・ベガ)

◆アリスター・ブラック vs. ボビー・ラシュリー(W/ラナ)

◆オーティス vs. ドルフ・ジグラー
 公式に発表されたカードから、初日に行われた試合を引いたものです。

 シャーロットvsディプリーに期待かな。


観戦された方の感想ツイート集

 削除を希望される方は連絡ください。すぐ削除します。
 また、否定的なリプライをすることは絶対にしないで下さい。

























▼AEWでタイトル挑戦経験ある、さくらえみさんがレッスルマニア見ながら配信
■WrestleMania watching Party (ChocoPro) - YouTube
 https://www.youtube.com/watch?v=NzHCG__ZYIs
 テイカーvsAJ、ホラー映画見ているようにしか(笑)

関連リンク

■WWE「レッスルマニア36」情報まとめ〜既に全試合収録済み、この非常事に世界最大のプロレス団体は何を見せるのか: プロレス専門ブログ・ブラックアイ3
 http://blackeyepw.com/article/187345208.html
 視聴方法などコチラで。

■ジ・アンダーテイカー “怪奇派キャラクター”の最高傑作――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第75話>
| 日刊SPA! https://nikkan-spa.jp/1475583



 個別記事ページ→ こんな時だからこその墓場マッチがメインイベント〜レッスルマニア36 初日、結果・情報、感想集

posted by sugi
2020年04月 19:50 | Comment(0) | WWE
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: