2020年02月10日

KENTA「笑われるのわかって、もう1回だけ言うよ。今年は、オレの年だ…」、モクスリー「(俺が日本ニ来るのは)焼きそばパン目当てでもない」、ヒロム「(再戦には)最低でも2年はくれ」〜2.9新日本・大阪城ホール注目試合後コメント集+一夜明け会見情報

カテゴリー:新日本プロレス





200210njpw2.png


 2.9大阪城ホール大会の試合後コメント紹介と、一夜明け会見のまとめです。
 一部、昨夜更新分の内容と重なります。


 大会結果はこちらで。
■THE NEW BEGINNING in OSAKA ? 大阪・大阪城ホール 2020/2/9 | 新日本プロレスリング
 https://www.njpw.co.jp/tornament/222322?showResult=1
・内藤が怨敵KENTAを退け血染めの二冠防衛!
・モクスリーは鈴木とのケンカマッチを制す!
・ヒロムはリーとの“再会”に激勝!
・ジェイはSANADAとの初シングルに勝利!
・RPG 3Kはデスペ&金丸を下して王座防衛!

2.9 新日本プロレス・大阪城ホール大会、注目・試合後コメント

まずは久々に試合後コメント紹介。
 ※紹介しているコメントは発言の一部です。全文はリンク先で確認を。

■THE NEW BEGINNING in OSAKA 2020年2月9日 大阪・大阪城ホール バックステージコメント(字幕あり) - njpwworld
 https://njpwworld.com/p/s_series_00542_1_bs
 映像はこちら。

<試合後コメント>
■THE NEW BEGINNING in OSAKA ? 大阪・大阪城ホール 2020/2/9 ? 60分1本勝負 ? IWGPヘビー級・IWGPインターコンチネンタルダブル選手権試合 | 新日本プロレスリング
 https://www.njpw.co.jp/card_result/234235
内藤「彼は認めないかも知れない。彼、KENTA選手は認めないかも知れない。でも、ドームであれだけの行動を起こした覚悟、気持ちは痛いほど伝わってきた。いや挑戦者としてどうなんだってのはあったよ。東京ドームで負けておいて、乱入1発で……ドームで伝説を作ったこの2本のベルトに簡単に挑戦できるのかって。でも、俺言ってるじゃん。思っていることを口に出さなきゃ誰にも何も伝わらないから。行動を起こさなきゃ、誰にも伝わらないんだよ。そういう意味では、KENTA選手以上に相応しい選手は今回いなかったのかもしれないですね。そのへん! そのへん他の選手は危機感持ったほうがいいよ。

KENTA「まあ、このシリーズ通して、鉄也には、また一つ……なんだろうな、自分の中の何かをまた、こじ開けてくれたような気がするな、今回の試合を通じて……。笑われたっていいよ。笑われるのわかって、もう1回だけ言うよ。今年は、オレの年だ……」

■第7試合 | 新日本プロレスリング
 https://www.njpw.co.jp/card_result/234446
モクスリー「次の相手は“人間うどん”ザック・セイバーJr.か。面白いじゃないか。オレは簡単な挑戦じゃ、満足できないタチだからな。日本で闘うのは最高だ。時差ボケなんてちっとも気にならない。人によっては、わざわざ日本まで来て15分の地獄のような試合するなんて狂ってると思うだろう。でもオレにとっては、ソファに座ってピザを食ってビールを飲んでるよりも、もっとやりがいがある。オレは金を稼ぐためだけに日本まで来て闘っているわけではない。コンビニの焼きそばパン目当てでもない。確かに美味いけどな。リスクのない試合ならやる価値もない。オレは新日本一の大物を狙うハンターだ。“プロレス界の王”と呼ばれるスズキはまさに、文字通りの大物だった。スズキに対してはリスペクトしかない。だが少しも手加減はしない。それがオレの闘い方だ。この勝負はキング・オブ・デスマッチ vs キング・オブ・プロレスだった。またスズキと闘うことがあるかどうかはわからない。いや、もしかすると一生闘い続ける相手になるかもしれない。だが今日は、間違いなく特別な試合になった

鈴木「(※コメントスペースにたどり着くなり崩れ落ちるように両ヒザを着いて)フヘヘヘヘヘヘ。あと何発殴ってやろうか。オイ、ジョン・ボーイよ。あと何発ほしい? お前はちょっと、オイタしたな。(※ゆっくり立ち上がりながら)あと何発ほしい? (※視線をさまよわせながら)それとも何か……(※カメラマンにつかみかからん勢いで)お前は何発ほしい! ハハハハハハ(※ふらふらした足取りで控室へ)」

■第6試合 | 新日本プロレスリング
 https://www.njpw.co.jp/card_result/234444
ヒロム「2018年7月7日。俺とドラゴン・リーはお互いに全力で闘い、お互いに心と身体に傷を負いました。その……大きな大きな傷が、2020年2月9日、大阪城ホールで癒えました。やっぱりやってて楽しいな。ドラゴン・リー、最高だ。でも、でももう1回やろうとはテンションの高いリング上では、リング上では言ってしまったけど、最低でも2年はくれ。俺とドラゴン・リーのシングル、2年はくれ。ドラゴン・リー、頼む、挑戦表明はしないでくれ、まだな。さあ、挑戦者、誰もいらっしゃらないようで。でも、憶えてるから。俺が知ってる限り、俺の名前、及びIWGP Jr.の名前を出した人間は、ファンタズモ、石森、SHO、YOH、デスペラード、金丸、そしてDOUKI、ナマハゲ、上村。その他にも言っているならば俺が見逃している。面白くなってきたじゃねーか。ジュニア戦線、そして高橋ヒロム包囲網。面白れぇ、どうだ? 俺を倒したいんだったら、今俺が名前を挙げた全員でユニットでも作ってみればいいじゃねーか。ジュニアのユニット、高橋ヒロム包囲網。高橋ヒロムを崩して見ろよ。このベルトさんに挑戦して来い。俺は楽しみに待っている。誰の挑戦でも受ける。……それともう1つ、初めてここでコメントを出す。“内藤哲也”、メインイベント必ず勝て!」


■第4試合 | 新日本プロレスリング
 https://www.njpw.co.jp/card_result/234442
ザック「(※記者に向かって)お前はどこのやつだ? 週刊プロレスか? 『シェアーネス・タイムス・ガーディアン』の記者はいないのか? こっちに記者を送ってくれるって言ってたのにガッカリだ。おい、まだ話してるぞ。先週やっと良い質問をしてきたじゃないか。『シェアーネス・タイムス・ガーディアン』の記者が現れない限り、もうお前らに話すことなんかない。金曜日(2月14日=現地時間)、(ロンドンの)ヨークホールでオスプレイをタップアウトさせると、女王がオレに電話をかけてきてこう言うだろう。『ザック、あなたはイギリス史上最高のレスラーです。是非ともあなたにナイトの爵位を授与したいと思います』と。そしてオレはこう返す。『失せろ。ナイトの称号なんか欲しくもない』ってな。そんな称号なんていらない。このベルトこそが、オレがイギリス最強のレスラーの証だ。話は以上だ。話してほしかったら、『シェアーネス・タイムス・ガーディアン』の記者を連れて来い。

■第3試合後 | 新日本プロレスリング
 https://www.njpw.co.jp/card_result/239535
フィンレー「タイトルの挑戦権を俺たちは取り戻す。そしてハッピーな結果にもっていく。俺は自分たちの家族の前で恥をかかされたんだ。俺の妻であったり、母親であったり。ただ、僕のパパ(デイブ・フィンレー)は病院にいたんでその時は見ていないけれども。家族の前で恥をかかされた。だからそういったことは2度とゴメンだ。ここは大阪か。ま、とにかく俺たちはタイトルに挑戦を再びしてベルトを取り戻してみせる。そのタイトルの再チャレンジ、再獲得を狙っているんだ」
 病院?

■第2試合後 | 新日本プロレスリング
 https://www.njpw.co.jp/card_result/239534
デスペラード「たまたまだ。こういうこともあるさ。ヤングライオンがすっげえ頑張ったらさ、1回ぐらい丸め込んで勝ったりすることあんだろ。あれといっしょだっつうの。たまたまそれが、対戦相手がオレたちで、相手がノブさん(金丸)で、たまったまいいタイミングで合体(技)に入れるタイミングだった、それだけだ。それだけのことだ。試合中、どうだ? どっちがチャンピオンらしかった? わかんだろ? (※バックステージに戻って来てからも。ずっと頭を冷やして苦しそうな息遣いを続けている金丸の様子を見て)ダメだ。ダメージ、デカイな……。ラッキーパンチとはいえ、やるじゃねえか。だけどたまたまだぜ、わかってんだろ? (闘ってた)お前らが一番よくわかってんだろ? YOH、このヤロー、アゴばっかり狙いやがって。まあ、試合中にな、お前ら、ウイークポイントを攻めることなんていうのは、これっぽっちも思ってなえ。テメエらの感情を出せ、感情を出せ、感情を出せって言い続けたオレが、結果、感情の発露がビンタしかなかった。もしくはリングインで同時にオレにぶん殴ってくる、それしかなかった。それしか感情の表現方法がないんだろ? そりゃそうだよな。ふわふわふわふわ、根無し草めてえによ、カッコいいことだけやってりゃ、そうなるよ。な? (そんなことしてるヤツ)かっこ悪いぜ……」


■第1試合 | 新日本プロレスリング
 https://www.njpw.co.jp/card_result/234439
−−デビューした土地である大阪、いろんな思い出があると思うんですけど、一番の思い出は?
中西「こっちでブロック・レスナーとやった試合がありましたね?(2005年12月10日、大阪府立体育会館)。まあまあ、なめくさったあれやったんで、別に何やろうが、外国から来た来賓でもなんでもないし、ただのクソガキや思てミソクソになったら、急におとなしくなりましたけどね。そのあとオレがちょっと油断してもうたから、一発やられてしもたけど、バーディクトで。せやけど、あの、自分にとっては外国から来ようがなにしようが、なめたマネされたら、日本がなめられてるんですから、黙ってられへんっていうのを見せた大阪でした」
−−そういえば、IWGPヘビー級への初挑戦も大阪でしたね?(1998年12月4日、大阪府立体育会館)
中西「ああ……そうでしたっけ? あの時は(王者が)常連のノートンやっけ? ノートンに……。ああ……なんでノートンに、ブロック・レスナーにやった時みたいに、あんなにできひんかったん……できひんわな、ノートンにはな(苦笑)。さすがに。まあ、せやけど、思い出せばいくらでも出てくるとこですよね、大阪はね。いろんなものが出てきますよ」
−−残り4試合、どういうカードをお望みですか?
中西「いや、どういうカードいうか、どんなカードでもいいんですけど、できればホンマ、今言うた、いつも第三世代がそばに、心が、そんな熱い気持ちがあるっていうのがわかるけど。一番ええのは、組むのが一番ええけどね。組んで、もしくは対峙してやるのもいいし。せやけど、ずっとやってきたし。仲間割れもなんか、なじり合いもいろいろやってきたけど、でもそれは、相手認めてたからやってたんで、別に何とも思わなかったら、そんなことせえへんかったから。まあ、とにかく、彼らとともにあと4試合、できたらやっていきたいですね」
−−その闘いの中で、後輩に何か見せたい部分はありますか?
中西「見せたい部分は、新日本プロレスがどうのこうのっていうのは、それぞれが感じることであるんですけど、絶対忘れたあかんのは、お客さんを喜ばして、お客さんが楽しんでくれる試合、お客さんがおもろいと思ってくれる試合が一番なんで。オレらが自分のことを評価してしもたらどうしようもないんで。お客さんが来てくれる、お客さんが見に来てくれる、銭払ろて。そうしてやらないと、プロやねんから。それを心がけて。どんだけ面白い試合をするかっていう。いつも同じ体調、同じ調子……同じなんて1回もないんで。でもそんなかで、お客さんに喜んでもらえる、自分がなんやってわかってもらえる、そういう試合をやっぱりしていかなあかんし。なんか知らんけど見てたおもろいわ、それだけでもいいんですよ。まあ、だから、あと4試合もそういう気持ちでやっていきます」
 レスナー、おとなしくした!

一夜明け会見まとめ

2.10に行われた会見のまとめ。
 映像は以下で無料視聴できます。
■THE NEW BEGINNING in OSAKA 2020年2月10日 一夜明け会見 - njpwworld
 https://njpwworld.com/p/s_series_00542_3_1
 高橋ヒロム選手が突然登場します。

<発表>






 後楽園4連戦、力入れてきましたね。

 また、会見に乱入?した高橋ヒロム選手が、「内藤選手に勝ったら1.4挑戦権利証をくれ」と要求も、菅林さんは一蹴。

2.9大会内での発表(再掲載)

▼今年も!

▼G1

▼復活


ツイート集




※以下、再掲載







参考記事

■▼内藤哲也二冠V1・ヒロムと一騎打ちへ。KENTA大ブーイング浴び敗退/新日本:プロレスニュース・トピックス: プロレス専門ブログ・ブラックアイ3
 http://blackeyepw.com/article/187141880.html



 個別記事ページ→ KENTA「笑われるのわかって、もう1回だけ言うよ。今年は、オレの年だ…」、モクスリー「(俺が日本ニ来るのは)焼きそばパン目当てでもない」、ヒロム「(再戦には)最低でも2年はくれ」〜2.9新日本・大阪城ホール注目試合後コメント集+一夜明け会見情報

posted by sugi
2020年02月 16:45 | Comment(0) | 新日本プロレス
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: