2019年11月18日

[動画アリ]「爆破甲子園」開催、通常3倍爆破の威力が凄まじい〜栄冠が誰に輝いたとかどうでもよくなるレベル

カテゴリー:DDT





191117ooni.png


 次世代の爆破デスマッチ・スターを生み出すべく「爆破甲子園」が開催されました。
 会場は、かつてのインディーの聖地・鶴見青果市場。


結局、大仁田厚がかっさらう/爆破甲子園

 大会の様子は以下で。

 自ら爆破挑戦に名乗りを挙げた朱崇花(フリー)、今成夢人(ガンバレ☆プロレス)、FUMA(BASARA)、納谷幸(DDT)の4選手がトーナメントで予選を行い、勝ち上がった朱崇花とFUMAが決勝戦=爆破戦を大仁田らと6人タッグで闘う…はずだったが、急遽、大仁田は1回戦で敗れた選手も呼び寄せ、8人タッグに変更要求。
 トーナメントは無かったこととなり、以下の対戦カードに。

▼爆破甲子園トーナメント決勝戦=電流爆破8人タッグデスマッチ
 大仁田厚&新井健一郎&朱崇花&今成夢人
 vs 高木三四郎&青木真也&FUMA&納谷幸男

 一応、言っておきますが、「青木真也」とは、MMAで活躍されているアノ青木真也です。爆破初挑戦。

 内容は、公開されている動画を見ていただくのが早い。


▼爆破甲子園2019生中継】メインイベント〜電流爆破6人タッグデスマッチ 大仁田厚&新井健一郎&トーナメント決勝進出者A vs 高木三四郎&青木真



 今回の爆破は通常の3倍ということなのですが…動画で見ていても“音”の違いが分かる。
 これまでは「バーン」と聞こえていた破裂音が、だんだん「ドーン」という音に近づいてきているような。
 会場の反響具合が影響している可能性もありますが、爆破の閃光もハンパない。威力は間違いなくとんでもない。

 爆破は3回。
 食らったのは、今成(大仁田を助ける形で)、青木、納谷。

 最終的に大仁田厚が勝ち名乗りを受け、何が甲子園なのか分け分からぬけど、理屈抜き観客を圧倒して終了。
 大仁田厚の力なのか、爆破の力なのか、この試合形式にはとにかく不思議な魔力がある。

 なんだかんだいって、“プロレス”というジャンルに「爆破」というカテゴリーを創った大仁田厚と、そのスタッフは偉大である。

 爆破甲子園はどうなるのか?
 個人的には、JUST TAP OUTの田村ハヤト選手に参加してもらい、高校野球と爆破の両・甲子園優勝という快挙を達成していただきたいw

 今回の大会は、近くDDTユニバース(有料)にアップされます。たぶんリングサイドのハンディカメラ映像も含めたYouTubeと違うちゃんとした映像。
https://www.ddtpro.com/universe


ツイート








タグ:DDT 大仁田厚

 個別記事ページ→ [動画アリ]「爆破甲子園」開催、通常3倍爆破の威力が凄まじい〜栄冠が誰に輝いたとかどうでもよくなるレベル

posted by sugi
2019年11月 02:22 | Comment(0) | DDT
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: