2019年11月16日

ジュリアが正式にアイスリボン退団、スターダムは「十分な確認なく行った弊社の対応」を謝罪

カテゴリー:女子プロレス

1116uxe.png


 ジュリア問題、これで取りあえず幕引きか。

<この記事の内容>
・アイスリボン・スターダムのリリースなど
・本日アイスリボン大会で説明
・ブラックアイ・コメント


ジュリア正式にアイスリボン退団

 これまでの経緯は以下で。

■ジュリアがアイスリボン退団宣言ツイートから約5時間後に後楽園ホールのリングでスターダム入団発表〜アイスリボン関係者は困惑: プロレス専門ブログ・ブラックアイ3(テスト中)
 http://blackeyepw.com/article/186681422.html

■【スターダム】ジュリア移籍問題に終止符?団体トップのロッシー小川&ブシロードファイト原田社長がアイスリボンに筋を通す会談を希望 | プロレスTODAY
 https://proresu-today.com/archives/94066

 アイスリボンとキックスロードの間で何度も話し合いが行われ、取りあえずの決着となったようです。

 11月15日、両団体から以下のリリース。


■ジュリア選手との契約締結と今後の経営について ? 株式会社スターダム
 https://wwr-stardom.com/news/%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%83%aa%e3%82%a2%e9%81%b8%e6%89%8b%e3%81%a8%e3%81%ae%e5%a5%91%e7%b4%84%e7%b7%a0%e7%b5%90%e3%81%a8%e4%bb%8a%e5%be%8c%e3%81%ae%e7%b5%8c%e5%96%b6%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/
ジュリア選手との契約締結と今後の経営について
 弊社は、ジュリア選手との間で「選手出場契約」を締結しましたことを、ここにご報告いたします。
 当該契約の締結にあたりまして、弊社は、ジュリア選手が所属していた女子プロレスリング団体 アイスリボン様(有限会社ネオプラス様)との間で協議を行う機会を頂戴し、誠実に話し合いを行いました結果、ジュリア選手のアイスリボン様からの退団に関しましては、円満にこれを解決できましたことも、併せてここにご報告いたします。
 当該退団におきましては、先般のプレスリリースのとおり、十分な確認なく行った弊社の対応により、ファンの皆様・関係者各位に対して混乱を招いてしまいましたこと、大変申し訳ありません。
 弊社といたしましては、女子プロレスリングの興行を実施する法人として健全な経営を行うにあたり、コンプライアンス・内部統制の徹底が今後一層求められる立場であることを自覚し、大事な所属選手に適切な環境を提供するためにも、誠実かつ公正に事業に邁進していきます。
 今後とも一層のご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
 なお、本プレスリリースの発行に際し、ジュリア選手からも、アイスリボン様からの退団において、アイスリボン様をはじめとした関係各位のみならず、たくさんのファンの皆様にご心配・ご迷惑をかけてしまい申し訳ありませんでした、との陳謝がありましたこと併せてご報告申し上げます。

株式会社スターダム
代表取締役 ロッシー小川

 ジュリア選手も久々についーと。

 これでジュリア選手はスターダム所属となり、今後リングに上がることとなります。

11.16アイスリボン大会より

 この記事を書いている間に、こんな情報も。
 アイスリボン大会前にネオプラス・佐藤社長から説明が。


 「移籍金」というのは、スターダムからアイスリボンに…というのが無かったということですかね?
 また情報あれば追記します。

ブラックアイ・コメント

 アイスリボン側のリリースは怒りがこもってますな。円満だけど笑顔で握手とかはしてないよ、と。いろいろ想像してしまう。
 今後、選手契約は必要なんでしょうけど、契約期間が終われば移籍は自由なのは代りませんから、“アイスリボンに所属したくなる理由”をたくさん作っていくべきなんでしょう。これは他団体でも言える。新日本プロレスだって海外移籍を阻止するためいろいろ考えているそうですから。

スターダム側のリリースで、団体側にも非があることを認めているのは良かった。
 これまでの関係者発言・ツイートなどを見ていると、ブシロードはロッシー氏に、ロッシー氏はジュリア本人に責任を押しつけているようで、ファンの間でもかなり不評でした。
 実際にジュリア選手が単独で先走ったとしても、入団させると決めたのだし、「何の心配もするな、責任は全部とるから来い!」ぐらい本当は言ってほしかったのですよ。ファンに聞こえるぐらいの大きさの声で。
 まぁ“今の日本”では、弱い者・弱い者へと追い込んで、最終的に自己責任…みたいな決着が“正解”になってしまっているのかもしれませんがね。
 ジュリア選手、、あとはリングで大暴れして下さい。
 逆風を追い風にできるプロレスラーは強い。まだキャリアが浅いので、そこまでの余裕があるかは分かりませんが…。




 個別記事ページ→ ジュリアが正式にアイスリボン退団、スターダムは「十分な確認なく行った弊社の対応」を謝罪

posted by sugi
2019年11月 16:46 | Comment(0) | 女子プロレス
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: