2019年09月29日

新日本・ニューヨーク大会で興行開始が約90分遅れるハプニング、生配信は手塚元社長の土下座からスタート、矢野・ロッキーが場を繋ぐ。そして遅れた理由は…

カテゴリー:新日本プロレス





190929bh.png


 新日本プロレスのアメリカ大会でハプニング。
 興行開始が90分遅れ。
 待つしか無い札止め現地観客と、新日本ワールド生配信視聴者をレスラーズがサービスで繋ぐ。
 そして遅れた理由を聞くと…新日本に落ち度はない?


ロッキーロメロが英語で説明

 アメリカ遠征シリーズ、3戦中の2戦目での出来事。
 新日本ワールドの生配信は、元新日本プロレス社長・手塚氏の土下座から始まったとのこと。


 現地会場は、超満員札止め(1,776人)。

 そのあと、ロッキー・ロメロがリングに上がり、マイクで謝罪&説明、いろいろパフォーマンスをしたようです。




 東京の実況席では、矢野通選手がフリートーク。Twitterで質問を受け付けたりも。




 大会は約90分遅れながら開催へ。
 全試合、予定通り行われました。


 なお、9月29日午後4時の時点で、この大会のアーカイブは新日本ワールドにアップされていません・

■Regarding NJPW World VOD for Fighting Spirit Unleashed New York | NEW JAPAN PRO-WRESTLING
 https://www.njpw1972.com/61532
 編集が必要なためアップが遅れるとのアナウンス。

 開始までの部分をカット中かな??? 見てみたい気もするが。

大会開始が遅れた理由は…救急車?

 遅れた理由が海外サイトで報じられる。
 未確認情報ですが、バックステージでは話題になっていたでしょうから、信憑性は高いかと。

■【新日本プロレス】ニューヨーク興行にトラブルが発生し、開始時間が約90分遅れる | Wrestling-NOW.net レスリングナウ
 https://wrestling-now.net/archives/3489
アメリカでは、各州のアスレチック・コミッションの許可を得なければ興行を打つことができません。ニューヨーク州のコミッションは新日本に対して会場に救急車を手配するように求めました。しかし、この救急車がいつまで経っても会場に来なかったのです。来ない以上、興行を始めることはできませんでした。
 PWInsiderによれば、当初、救急車は渋滞に巻き込まれてしまったのではないかと考えられたそうですが、実際には違いました。状況を確認するため、会場のManhattan Center Hammerstein Ballroomがいつも利用している「救急車を手配する会社」に電話をしたところ、「興行は中止になったから手配する必要はないという連絡を受けた」と返答されたそうです。
 びっくりの理由。
 ニューヨークでのプロレス大会は、規制がひじょうに厳しいことで知られます。今年の裏レッスルマニアでもいろいろ話題になりました。
 この情報そのままなら、#njpw側に落ち度は無かったということになる。
 ジャパニーズ土下座はどうかと思いますが、それだけ切羽詰まっていたということなんでしょう。

 しかし、誰が「興行は中止」と連絡したのかも重要ですが、電話一本でこんなアクシデントが起きてしまうのもどうなのか。



 個別記事ページ→ 新日本・ニューヨーク大会で興行開始が約90分遅れるハプニング、生配信は手塚元社長の土下座からスタート、矢野・ロッキーが場を繋ぐ。そして遅れた理由は…

posted by sugi
2019年09月 17:01 | Comment(0) | 新日本プロレス
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: