2019年08月25日

マイケル・エルガンが関本大介を撃破・これで終わりというわけにはいかなくなった、「最侠タッグ」に岡林裕二&入江茂弘エントリー〜8.24大日本メイン反響・感想など

カテゴリー:大日本プロレス

CBIMG011.jpg


 全プロレスファン注目の大一番、関本大介vsマイケル・エルガン、ついに激突。
 その反響紹介と私の感想も少し。

 タッグリーグの参戦チーム発表にもサプライズが。


 試合結果は以下で。
 大日本プロレス旗揚げ以来初の前売りチケット完売。
 メインだけでなく、全体的に評判良い。

■08月24日(土)東京・後楽園ホール大会 | 大日本プロレス official website
 https://bjw.co.jp/result/r2019-08-24/#.XWFpLVbawsg.twitter
試合後マイク掲載。
【リング上】
エルガン「日本を離れてカナダ、アメリカなどで闘ってきた。でもこの8月24日、この東京・後楽園ホール、みんな俺の家族だ。」
関本「とりあえずオマエは俺と戦え。明日も明後日も明々後日もこれからずっとだこのヤロー!」
エルガン「明日は今日とは違う。でも再びビッグマイクが勝つだろう」
関本「明日名古屋国際会議場でリベンジしてやるこのヤロー!わかったらとっとと出て行けこのヤロー!」

【バックステージ】
エルガン「俺たちに会話はいらない。見ただろ?誰にも文句は言わせない。よりタフでデカくて強かったのはマイケル・エルガンだ」

関本「俺は諦めない。絶対やり返してやる。明日はあいつにギャフンと言わせてやる。
(実際に闘ったエルガンは?)正直ね、体幹がすごく強いのを闘って感じました。全くこっちが打っても体がブレないというか体が崩れない。そういうタフネスさを今日は感じました。でも明日は絶対撃ち抜いてやる。
(関本vsエルガンを願ってこれだけ多くのファンが集まったが)闘いたいと言われるのは自分もレスラー冥利につきます。あいつが来ると知った時に僕が闘わせてくれと志願しました。そういう意味では相思相愛なんじゃないですか?でもビックマイクとはずっと闘って行きたいなと思いました。」

 観衆:1740人(札止め)。



 佐久田選手は、横浜文化体育館でのデスマッチ王座挑戦をぶちあげました。

■【大日本】初参戦のエルガンが関本下す 試合後は抱擁:東京スポーツ
https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/bjw/1523280/
 ※上記、まだストロングブロックは未掲載ノヨウデス。
敗れた関本は「エルガン、今夜はありがとう。だが、俺はファイティングスピリットをキープしている。明日、お前を打ち砕く」と英語で返すと、日本語で「お前はこれからずっと俺と戦え。明日、名古屋でリベンジしてやる」と絶叫した。
 バックステージで、互いに望んで実現したこの一戦を「快感だね。打ってもぶれないタフネスさを感じた。戦いたいと言われるのはレスラー冥利に尽きる」と振り返った関本は、改めて「明日は俺の右腕で打ち抜いて、木っ端みじんにしてやる」と反撃を誓った。
翌日は名古屋で対戦します(タッグマッチ)。

「最侠タッグ」参加チーム発表

■【公式戦スケジュール決定】9/1(日)仙台大会でデスマッチブロック開幕戦!リッキー・シェイン・ペイジが初エントリー&石川勇希がデスマッチデビュー!9/15(日)横浜大会でストロングブロック開幕戦!※8/24(土)ホール大会で参加チーム発表2019最侠タッグリーグ情報 | 大日本プロレス official website
 https://bjw.co.jp/news/info/7153/
<デスマッチブロック・エントリーチーム>
▼木イサミ&宮本裕向
▼竹田誠志&塚本拓海
▼東竜二&リッキー・シェイン・ペイジ
アブドーラ・小林&星野勘九郎
▼オルカ宇藤&ドリュー・パーカー
▼高橋匡哉&植木嵩行
▼佐久田俊行&石川勇希

<ストロングブロック>>
▼関本大介&ボディガー
▼神谷英慶&橋本大地
▼浜亮太&中之上靖文
▼菊田一美&河上隆一
▼野村卓矢&阿部史典
▼兵頭彰&加藤拓歩
▼エルリンダマン&T-Hawk
▼岡林裕二&入江茂弘
 岡林&入江はヤバイ。
 今年はかなり面白そう。

ブラックアイ・コメント(感想)

 待望の初対決。
 関本選手のタイプに合わせたのか、今日のエルガンは大技先行でなく、打撃とパワー技中心。この方がイイ。手数が多いのは相変わらずでしたが。
 強烈すぎる打撃を正面から食らい続ける関本選手、エルガン相手でも下がらない。
 負けじと、普段使わない エプロン・ジャーマン、サードロープ載ってのスワンダイブ式ジャーマン、更にコーナー串刺しのデスバレーまで披露。
 お互いのフィニッシュホールドが出ても決まらない、その削り合い含め大激戦。
 しかし最後はエルガンの最終兵器、バーニングハンマーで決着。
 この技は関本選手の秘密兵器でもあるので、いつかやり返すしかないですな。
 とにかく、負けたままではいられない。秋に来られるのかな? 契約でトラブったりしないか心配(笑)。
 超満員の両国国技館で誰かが立ち向かえば最高。
 「打倒エルガン」という、団体の枠超えて多くのファンに広がりそうなテーマが生まれた日でもありました。
 今後の大日本、楽しみ。


エルガンvs関本・反響ツイート

※削除希望の方は連絡ください。











● ドラゴンゲート






 個別記事ページ→ マイケル・エルガンが関本大介を撃破・これで終わりというわけにはいかなくなった、「最侠タッグ」に岡林裕二&入江茂弘エントリー〜8.24大日本メイン反響・感想など

posted by sugi
2019年08月 13:44 | Comment(0) | 大日本プロレス
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: