2019年08月13日

飯伏幸太、最期まで諦めなかったG1クライマックス初制覇、鈴木みのるが予定調和ぶち壊すIWGP挑戦表明〜8.2 新日本・日本武道館大会(3日目)、動画・コメント等まとめ

カテゴリー:新日本プロレス





1908126ibu.png


 G1クライマックス2019いよいよ最終日。
 まとめも最期。

結果/G1クライマックス




■8.12 新日本 / 東京・日本武道館、結果
https://www.njpw.co.jp/tornament/192661?showResult=1
・飯伏がジェイを撃破し悲願の『G1』初優勝!
・KENTAが柴田を裏切り衝撃のBULLET CLUB入り!
・鈴木はオカダを仕留め、IWGPヘビー挑戦をアピール!
 12,014人(札止め)

動画

▼もう見られないかと

▼G2S

▼KENTAダブルクロス

▼鈴木組vsオカダ組

▼ラ・ミスティカ式裸絞め?_

▼飯伏幸太vsジェイ、終盤

▼飯伏幸太、勝利後マイク


試合後コメント

▼ライガー組vsタイチ組
ライガー「タイチのクソバカに伝えとけ! 俺は昨日心底思った。『タイチすげぇ』って! 昨日のベストバウトって言っても誰も文句言わねぇような試合だった! それが何だ今日は! 元のタイチに逆戻りか! マスク(を取る)必要ないだろ! 俺の顔はファンみんな知ってるだろ! なぜそんな必要あるんだよ! あれだけの実力見せて! 『G1』(公式戦)と、そうでない試合で、そんなに差をつけるのか! それがプロか!? 昨日言ったことは全部撤回するわ! クソ野郎だアイツは!(※と、一人で足早に去る)」
 全コメント、試合詳細→ https://www.njpw.co.jp/card_result/211975

▼オスプレイ組vs石森組
オスプレイ「この俺の肩が見えるか!この肩に貼ってあるものが見えるか!これこそが俺がJr.ヘビー級で世界最強であることの証なんだ!もうタイトルマッチと言われても俺にはそれだけでは満足しない、もっと欲しい。もっと良い試合がしたい。そしてみんなもわかっているだろ?オスプレイはどんな状況下であれ最高の試合をする男だという事を。まあ『G1』は終わったということで、今回これから10日間の休息を貰う。それは嬉しいことだね。ワシントン、サンフランシスコ、どこにでも行くが、世界で誰が最強か、最高かという事を知りたいようならば俺を探してくればその答えは簡単に見つかるだろう。『SUPER J-CUP』も俺は出場する」
 全コメント、試合詳細→ https://www.njpw.co.jp/card_result/211976

▼ジュース組vsモクスリー組
モクスリー「(※足を引きずり、満面つらそうな表情でインタビュースペースへ。海野は後から来て床に倒れ込む)イテテテテ! 何だったんだ! このシリーズも終わったが、今はクソみたいな気分だし、俺の体もクソみたいな状態だ。まぁこれが、5週間日本で戦い抜いた証ということなんだろう。実際、俺も精根使い果たした気分だ。初めて紙にハサミを入れるような気分なんだが、ジュース、オマエはまたやってくるんだろう? だがオマエには、また俺に挑戦するチャンスはないということだけは言っておこう。(※と言って一人で立ち去る……が、また戻ってきて)いやいや、ちょっと待てよ。ハッキリさせときたいことがある。ジュース、俺にとっては、オマエに休みを与えることすら気に食わねぇ。だから、これでやろうじゃねぇか。ノーDQマッチだ! 翔太、帰るぞ!」
海野「(※モクスリーのコメントの間ずっと倒れ込んでいたが、モクスリーについて控室に向かう途中に)絶対諦めない。無駄にはしないからね」
 全コメント、試合詳細→ https://www.njpw.co.jp/card_result/211977


▼ファレ組vsKENTA組
KENTA「いやぁ〜、最後、『G1』締めたねぇ! メチャクチャ気持ちよかったなぁ……。ブーブー言ってたな! ブーブー言ってたよ! 柴田もうれしかったろう、あんだけ久々に声援浴びて。あ!? 礼の一つでも言いに来いって。
今日から新しい始まりだよ。俺から目を離すなって言ってたろ、ここ何日か、ずっと。まだまだ終わんねぇぞ!」
 
石井「(※フラついた足取りでインタビュースペースに来ると、顔を押さえながら)くだらねぇなぁ、オイ! やり方がくだらねぇんだよ! BULLET行くなら最初から行けよ、この野郎! 2対4でやってやるよ! やり方がくだらねぇよ! KENTA! コレがテメェのプロレスかオイ! くだらなすぎるんだよ! BULLET! テメェらも一緒だ!」

柴田「(※脇腹を押さえてインタビュースペースにたどり着くと、ヒザをついて座り込み)アイツは何て言ったんすか! KENTAは何て言ったんすか!」
──「久しぶりに声援を浴びて、KENTAも喜んでるだろう」と。
柴田「(※しばしの沈黙の後)俺が、アイツのために、どれだけ苦労したのか。どれだけ苦労して、このリングにつなげたのか。アイツ、これっぽっちも分かってねぇよ! ……でも、いいんじゃねぇの? いいんじゃねぇの? 自分で道を見つけて、お仲間もたくさん増えて、うん。いいんじゃないすか? ただ、これだけは言っとく。どこ行っても、どこのリングでも、ちゃんとKENTAでいろ。関係ねぇよ、別に、仲良しこよししたくて連れてきたわけじゃないし。アイツだって言ってたじゃん。迷子が道を見つけられて、よかったじゃん。それだけの話だよ。いいよ、別に。どうってことねぇよ。ただ、あと、これだけは言っとくよ。人の顔を蹴ろうとした時に、転ぶな! バカ野郎! 以上ーッ!」
 全コメント、試合詳細→ https://www.njpw.co.jp/card_result/211979
※柴田選手、おそらく即復帰ということではないものと思われます。



▼鈴木組vsオカダ組
鈴木「ここで改めて言わせてもらおう。何を俺を抜きで最強とか名乗ってるんだこの野郎!おい、最強とはな、俺のことだ。プロレス王の名前だ。何俺の居ないところで最強とか名乗っちゃってんの。見たか。見ればわかるだろう?そうだ、この日をずーーーっと待っていたんだ、一ヶ月間。そう、後ろで。じーっとしながら。そう、今日この日、このカードが組まれるように、してやったんだ。
オイ、新日本、今度は逃げるなよ。誤魔化すなよ。もみ消すな。オカダ、『IWGP』を賭けろ。そして俺に差し出せ。それ困るよな。こんな、予定調和を端からどんどんどんどんぶち壊す奴いたら困るもんな。そうだろ新日本プロレス、の方々。おい、てめえ等が作ろうとしたその偽りの、偽物の最強の世界。俺が全てぶち壊す、ぶち壊す。まあでも、おかげで1ヶ月間良いトレーニングができた。こんなに屈辱的になあ、悔しさにまみれた1ヶ月はなかった。夜も寝れないぐらい悔しかった。おかげでよ、何度も何度も強くなったぞ。お、もしかしてそういう事か?俺が強くなるために時間をくれたのか?リーグ戦が終わり、気が抜けて、体力ももう残り少ない、この日、たったこの日、たった1日、この日をはなから狙ってた。そうあとはどうカードを組ますか、その1点だけだった。新日本プロレス面白いなお前らな、俺の思う通りに踊ってくれちゃって。さあ逃げんなよ逃げんなよ今度こそ逃げんなよ。IWGPのベルトはなあのベルトができた時から俺のものだ……」
 全コメント、試合詳細→ https://www.njpw.co.jp/card_result/211980


▼飯伏幸太vsジェイ・ホワイト
飯伏「(※足首を気にしながら壁伝いにインタビュースペースに現れると、イスに座り、少し突っ伏した後に起き上がって)『G1』は……これほどまでに、過酷ですか。僕は去年からこの日を待ってました。どうにか、つかみ取ることができました。でも、こんなにまで頑張らないと、コレはつかみ取ることができないのか、よく分かりました。今までも、分かってたつもりだったけど、分かってたような“フリ”をしてたのかもしれない。でも、今は、サイッコーーーに!うれしいですよ! 分かりますか? このうれしさが。最高にうれしいですよ。最高にうれしいですよ。最高に。最高に。(※と、繰り返しながら、テーブル上に用意されたビールを1本ずつ正面に並べ始める)みんなで、乾杯しましょう(※と、報道陣に1本ずつビールを手渡す)。行きますよ、じゃあ。みんなと、カンッパーーーーイ!(※と、報道陣とビールを合わせ、真上を向いて一本を一気に飲み干す。報道陣からは「おおおっ!」とどよめき)ああっ、最高にうれしい。これが夏の……(※と、トロフィーを抱いて控室に戻ろうとする)」
 ※引き留められ会見は続く
(略)
──相手にはたくさんセコンドがいた一方、ご自身は一人でリングに上がり、最後まで一人でしたが、心細さなどは?
飯伏「いや、僕はずっと一人です。……というのは、もうやめましょう(笑)。いや、寂しすぎましたね。一人ですよ」
 全コメント、試合詳細→ https://www.njpw.co.jp/card_result/211982
 ↓必見


G1最終結果

<Aブロック・最終順位>
14点 飯伏幸太 7勝2敗
14点 オカダ・カズチカ 7勝2敗
8点 KENTA 4勝5敗
8点 EVIL  4勝5敗
8点 棚橋弘至  4勝5敗
8点 SANADA 4勝5敗
5点 ザック 4勝5敗
8点 オスプレイ 4勝5敗
8点 ファレ 4勝5敗
6点 アーチャー 3勝6敗

<Bブロック最終順位>>
12点 ホワイト 6勝3敗
10点 モクスリー 5勝4敗
10点 後藤洋央紀 5勝4敗
10点 内藤哲也 5勝4敗
8点 石井智宏 4勝5敗
8点 矢野通 4勝5敗
8点 ジュース 4勝5敗
8点 ジェフコブ 4勝5敗
8点 タイチ 4勝5敗
8点 鷹木信悟 4勝5敗

ツイート











関連リンク

■ジェイ・ホワイトがG1優勝決定戦へ、飯伏の脚に強烈下ごしらえ、鈴木みのる「動くぞ?」〜8.11新日本G1・武道館大会(2日目)、動画・コメントなどまとめ: プロレス専門ブログ・ブラックアイ3(テスト中)
http://blackeyepw.com/article/186408182.html




 個別記事ページ→ 飯伏幸太、最期まで諦めなかったG1クライマックス初制覇、鈴木みのるが予定調和ぶち壊すIWGP挑戦表明〜8.2 新日本・日本武道館大会(3日目)、動画・コメント等まとめ

posted by sugi
2019年08月 02:15 | Comment(0) | 新日本プロレス
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: