2019年07月31日

オカダ・カズチカ6連勝でAブロック半数5選手が早くも脱落、ザックvsオスプレイ日本初対決〜7.30 新日本・高松大会結果&感想

カテゴリー:新日本プロレス

1907311.png


 G1高松大会の情報&感想。

ブラックアイ・コメント(感想)

 毎回1試合で申し訳ない。
 今日は日本初対決のザックvsオスプレイを。

 海外では何度も対戦住みだが、日本ではザックがヘビー級枠なこともあってここまで絡まず。
 ついに見られる、その試合順とは関係なく期待値ハンパない。

 それぞれ特化した技術を持つ2人だが、オスプレイは関節技・レスリングもかなりやる。切り返し合うグラウンドはやっぱり面白い。
 このG1、ザックと寝技勝負してくれる選手がいて嬉しい。
 しかしやっぱりザックが上回る。オスプレイも空中技を放ち始める。
 飛ぼうとするザックをシュっと捕まえにいくザック。そうそう、こういう攻防が見たかったのです。
 飛び立つ蝶に食らいつくクモのような。この2人ならでは。
 終盤はオスプレイの得意技をザックが次々と切り返していき、ザック勝利。
 結果が逆だと、ザックがジュニア枠に来るキッカケとなっていたかもしれないが…負けたらヘビーでやってきた意味が消える。

 十分、面白かったが…ハードル高くしていただけに、そこは超えなかったか。
 単純に比較はできないが、スリリングさで言ったら飯伏vsザックの方が上。
 この辺はセミ前前という試合順も関係しているのかな。後楽園のメインでリマッチ見たいですね。

Aブロック・得点

<Aブロック・順位> ※7月30日終了時点

12点 オカダ・カズチカ 6勝0敗
8点 棚橋弘至  4勝2敗
8点 飯伏幸太 4勝2敗
8点 KENTA 4勝2敗
6点 EVIL  3勝3敗
===↓脱落
4点 SANADA 2勝4敗
4点 オスプレイ 2勝4敗
4点 ザック 2勝4敗
4点 アーチャー 2勝4敗
2点 ファレ 1勝5敗

 オカダ選手が止まらず。あと2勝すれば自力トップ決定。
 しかし、この時点で半分の5選手脱落といいのは驚き。あまり記憶に無い(探せばあるかな?)。

結果・動画・試合後コメント





■7.30 新日本 / 香川・高松市総合体育館・第1競技場結果
https://www.njpw.co.jp/tornament/192654?showResult=1
・棚橋がEVILとの熱闘を制す!
・SANADAは難敵KENTAに逆転勝利!
・Aはアーチャーを葬ったオカダが、無傷の6連勝で首位独走!
2,820人

<動画>
▼ザックvsオスプレイ

▼オカダvsアーチャー

▼ッジュニアア

▼棚橋vsEVIL 、終盤


<試合後コメント>
▼棚橋vsEVIL
棚橋「ハイフライ(フロー)で、波を起こします。やりたくなくて、ハイフライを使わなくなったんじゃなくて、飛ぶ勇気がなかったから、飛ばなかった。でも、覚悟を決めたんで。(※腰に挟んでいたファンからのメッセージが書かれた紙を取り出して)ちいちゃい子も、女の子も、応援してくれてるから。こないだも言ったけど、自分との、自分の気持ちとの闘いです。先入観を壊す。弱い気持ちに負けない。これで勝ち星先行。よし、あきらめない。そして、EVILにひとこと言っとこうかな。ちょっと、上から言われるのは、本人、気に食わないかもしれないけど。すげぇレスラーになったなあ……」
 試合詳細→ https://www.njpw.co.jp/card_result/203799

▼オカダ vs アーチャー
オカダ「(※フロアに座り込んで)アーチャー、あんなだったっけ? いやあ、キツかった。これが6戦目だっていうわけでもなく、キツかった。強かった、アーチャー。ま、でも、6勝。残り公式戦はみっつですか。次(の対戦相手)は、ライバル(SANADA)ですねぇ。ライバルはいま、何点ですか?」
――まだ2点です。
オカダ「まだ2点!?(苦笑)」
――今、オカダ選手が勝ったことで、(ライバルの)脱落が……。
オカダ「決まりました? いいじゃん。脱落が決まったんだったら、次に、次の闘いに集中できるでしょ。頑張りなさい。さすがライバルだね。まあ、でもさ(※ゆっくり立ち上がって)、ライバルらしい闘いしてくれよ」
 試合詳細→ https://www.njpw.co.jp/card_result/203798

▼ザック vs オスプレイ
ック「まんまと仕掛けにハマってくれたな。プロフェッショナル・レスリングにおいては、感情のままにではなく、正確なテクニックの方が勝っているってことさ。これでわかっただろう。でも、数百人の歓声を浴びるところで披露するようなものじゃないはずなんだが。頭のいいレスラーとはどういうものかということを見せられて、驚きの声をあげてさせるってのはな。まあ、運がよかったってことだ。世界的にもこんなにできのいいレスラーの闘いが見られたんだから。でも、割に合わないよな。才能の無駄遣いってとこだ。これってとんでもないことなんだぞ。サンドイッチを手にピクニックに行くのはいいけど、楽しみにしてたピクニックがブチ壊された感じだ。これが『G1』(公式戦の)6戦目。それがオスプレイとの試合で、ニュージャパンのリングで、それも『G1』で実現したのはいいけど、なんでメインイベントじゃないんだ? それもカガワでだぞ。タカマツでだぞ。カガワのみんなにとってはよかったかもしれないけど、リョーゴクやトーキョードームのメインイベントにふさわしいカードなんだ。おかしくないか? 頭がイカれてるんじゃないか? この意見に同感だと思うだろ? さて、ここから巻き返すか。2019年を振り返ったとき、思い返す試合だったな。今日は狙い通りだった。してやったりだったな」
 試合詳細→ https://www.njpw.co.jp/card_result/203801




 個別記事ページ→ オカダ・カズチカ6連勝でAブロック半数5選手が早くも脱落、ザックvsオスプレイ日本初対決〜7.30 新日本・高松大会結果&感想

posted by sugi
2019年07月 16:31 | Comment(0) | 新日本プロレス
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: