2019年07月31日

え、ホント!? 元WWEサンティーノ・マレラがDDT参戦、後楽園ホールで「コブラ」が見れてしまう!

カテゴリー:DDT





190730.png


 一瞬、目を疑う。
 WWEに欠かせぬ存在として脇役ながら大活躍したサンティーノ・マレラがDDT参戦。
 コミカルなリアクションは天才的、まさに“一流”のお笑いプロレスラー。

コーブーラー!

 DDTのリリース、最初はひっそりだったので誤植かと(笑)。

<ほか団体所属外参戦選手>
サンティーノ・マレラ

 このあと個別のリリースも。

 参戦は1大会だけでしょうか?
 いや、それでも呼んでくれたのは嬉しすぎます。
 来日叶った経緯は気になるところ。

 サンティーノ・マレラ!
 ホントはカナダ出身ながら、イタリア人として登場。
 2007年に“観客”がベルトに挑戦するという企画で選ばれ、ウマガに勝利しインタコンチ王座を奪取してしまう。WWE史に残る驚愕デビューを果たす。
 その後、コミカルなレスラーとして大活躍。マイクも上手いが、もう表情が最高。そこにいるだけで、何かやってくれそうな空気だけで観客から笑いがこぼれてしまう。
 ここまでお笑いに徹し、人気者となった選手はなかなかいません。

 必殺技はコブラ。

 
 蛇の頭のような形にした指先を、相手の眉間に突き刺す!
 一撃必殺、滅多なことでは返されない。
 ロック様のピープルズ・エルボーと並ぶ究極技…と言えば意味が伝わるかな?
 これが後楽園ホールで見られるかも!

バトラーツ留学経験アリ

 2015年頃に首を負傷し引退表明、2016年にWWEをリリースされている。
 その後、試合を続けているという話はあまり聞きませんが、どうなんでしょう。
 ちなみに、先週のRAW大同窓会に登場しています。

▼実は、2016年にはアイアンマン王者にもなっている

 引退後は地元カナダで、設立していた格闘技ジム(道場)の運営をしていたと聞きます。
 ジムの名前は「バトル・アーツ・アカデミー」。

 サンティーノ、WWE入団前は、日本の格闘探偵団バトラーツに参戦、留学生として長期滞在していた時期もあります。

■WWEの“お笑い担当”サンティーノ・マレラの格闘探偵団バトラーツ時代戦績を探ってみる | ブラックアイ2
 http://beye2.com/item_23741.html?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter
 2010年頃に書いた記事。
 サンティーノ選手、ジョー・バスコの名前で2004年頃、半年のあいだ日本留学しています。
 格闘探偵団バトラーツの道場で練習を積み、MMAにも挑戦。
 このときの経験がよほど大きかったのか、自身が立ち上げたジムにはバトラーツと同じ意味の名前をつけ、コーチとして石川雄規選手を招聘する。
 新日本→UWF→藤原組と伝承されてきた日本式のプロレスリング技術を世界に広める。
 そのコミカルキャラからは想像できません。
 面白いけど実は強い。いわゆるプロレスのテクニックもある。コルト・カバナ選手と少しイメージ近いかも。
 DDTだと、アントーニオ本多さんと幾つか重なる。

 正直、かなり楽しみ。
 DDTで何を見せてくれるでしょうか。

関連リンク・動画


▼サンティーノ・マレラ名シーン・トップ10


▼コブラ、大ピンチ!


<関連ツイート>




タグ:DDT WWE

 個別記事ページ→ え、ホント!? 元WWEサンティーノ・マレラがDDT参戦、後楽園ホールで「コブラ」が見れてしまう!

posted by sugi
2019年07月 03:00 | Comment(0) | DDT
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: