2019年07月20日

異次元カード、ジョン・モクスリーvs石井智宏が聖地で実現、ハードコア+ゴツゴツの大激戦に〜7..19新日本・後楽園ホール大会感想&まとめ

カテゴリー:新日本プロレス





1907201いし.png


 新日本G1、後楽園ホール3連戦の2日目、まとめ。

 今回から「感想」を最初に書いてみます。そのあと、動画・コメントなど。
 「感想は必要ない」という方が、飛ばしてお読み下さい。


ブラックアイ感想

 すいません、メインだけ。
 ちょっと前なら全く考えられないカード、石井智宏vsディーン・アンブローズが実現。しかも会場は後楽園ホール。
 夢のよう。しかしこれは現実。そこにいるのはアンブローズでなくジョン・モクスリー。
 ここまで試合時間は両国のジュース戦を除きそこまで長くない。
 噛み合ってるとまでは言わないが、試合も悪くない。せっかくの大物なんだから、異物感はあってもいい、問題ない。

 公式戦3戦目で石井戦…いやぁ、これは最高な試合になりました!
 真っ向勝負を繰り広げるなか、石井選手のガチガチファイトにモクスリー選手のハードコアスタイルがガッツリ噛み合う。
 石井選手は基本いつも通りですが、モクスリーがここまでやるのは驚いた。
 ハードコア攻防の合間に放つトペやドロップキックと言った技がどれも強烈。
  やっちゃいけないタイプの頭突き合戦も応じちゃう。
 また、その激しい闘いのなかで見せるモクスリーの表情・アピールが最高。
 いくらビンスをボロクソに言おうが、こういう部分はWWEでかなり鍛えられてきたこそのはず。
 それが石井選手とのゴツゴツファイトのんかで映えまくる。
 
 石井選手も素晴らしかった。
 なんと言っても、おそらく初公開の場外机へのダイビングボディプレスが驚いた。

 この技、かつてのライバル・田中将斗選手の得意技。
 石井選手にとっては、新日本でブレイクするキッカケを作ってくれた好敵手。
 元WWEとメインで互角に闘うまでになったレスラー道を振り返るという意味もあるのかないのか。
 また、田中将斗選手はECWで大活躍した海外を知る選手でもある。
 vs世界みたいなことも込められているかもしれない。
 石井選手「いつも同じような試合をする」みたいな声もあるのですが、大きな試合では特別な技を繰り出し、強く印象づけさせようとしているんですよね。

 大盛り上がりのなかデスライダー(高角度ダーディデイズ)で決着。
 その前の膝は使い手多いので変えてほしいのだけど。別にWWEでなくても似た技使うのはよく思われないぞ。
 とにかく好勝負でした。モクスリーにとって、新日本でのベストバウトでしょう。今後の公式戦も楽しみ。
 良い試合を見てしまうと、やっぱり武道館のジュース戦は勝ってほしくなってきてしまったよー。たくさんの人に凄さを見てもらいたい。

結果・動画・試合後コメント






■7.19 新日本 / 東京・後楽園ホール、結果
https://www.njpw.co.jp/tornament/192649?showResult=1
・モクスリーが石井との決闘に辛勝!
・ジェイがYTR殺法の前に悪夢の三連敗!
・鷹木はタイチとの接戦を制す!!
 ・コブはジュース、内藤は後藤を下し初白星!
1,725人(札止め)

<動画>
▼鷹木、メイドインジャパン


▼コブvsジュース


▼石井vsモクスリー


▼石井のスーパー机破壊ダイブ


▼速いタイプ



<試合後コメント・マイク>
▼ザック組vsファレ組



▼SANADA組vs飯伏組


SANADA「(飯伏と自分の声援の大きさを表現しているのか、両手を上下させるジェスチャーをしながらボソリと)わからない」

KENTA「EVILってアイツ、アホだな! 俺、言ったんだよ。アイツが俺に『G1に出る資格がない』って言ったんだ。だから『何で?』って。理由を言えって言ったんだ。でも『アイツは、出る資格がねぇんだよ!』って。だから理由を言えっつってんのに、アイツはそればっかり! 頭悪りぃや」
飯伏「いいんですか? いいんですか? これ、僕の個人的なフィーリングですけど。ずっと思ってたんですけど、SANADAさんは、いいんですか? あのチームに、いていいんですか? ちょっと違うんじゃないですか? こっち側でしょう」
 上記選手分は全文、全選手コメント・試合詳細→ https://www.njpw.co.jp/card_result/204039

▼内藤vs後藤
内藤「彼の名前、ちゃんとインプットしたよ。ラ・ドホ? ラ・ドホ?(LA DOJO Tシャツのこと) いい名前だね。まあ、彼の『G1』はもう終わったんでしょ? 残り何試合あるかわかんないけど完走目指してがんばってよ。俺なんかちょっとラ・ドホのファンになっちゃったかな? いい名前だと思うよ。皆さんもそう思うでしょ? 改名する時が来たんじゃない? だって現状を変えたいんでしょ? まずは名前から変えてみたらいかがですか、ラ・ドホさん(と言って、インターコンチのベルトをバックステージのイスに置きっぱなしにして控室へ)」
 コメント全文・試合詳細→ https://www.njpw.co.jp/card_result/203768

▼モクスリー vs 石井
モクスリー、マイク「トーキョー! ありがとう、トーキョー! そして、後楽園ホールに来てくれたみんな、ありがとう! 石井にも、今日、俺と一緒にリングに上がってくれたことに感謝したい。オマエは本当に凄いヤツだな! ここで言いたいことがある。数ヶ月前まで、俺の選手としてのキャリアはトイレに流して捨てる寸前というぐらい最悪の状態だった。でも、日本からのオファーがあり、こうしてまたリングの上で闘える。アートを見せる機会をもらえたことに感謝している。もうひとつ。俺に、何ができるか、何ができないか、指図できるヤツはこの地球上、いや、宇宙のどこを探しても誰もいねぇ! それを決めるのは俺自身だ。俺は死ぬ思いでここまで来て、努力を続けている。ジョン・モクスリーがこの『G1 CLIMAX』で優勝するんだ!」

モクスリー、コメント「もうリングの上ですべてを言ってしまったよ。もう酸素が脳みそに足りなくって何を言ったらいいかわからないけど、どうしようかな……。ウチの妻に怒られるな。まあ仕方ないか、言っちゃったことは。どっちにしろイシイが全部始めたことだからな」
 
※石井は頭を押さえつつも肩を借りず、自分の足で控室に直行。ノーコメント。
 以上で全文。試合詳細→ https://www.njpw.co.jp/card_result/203766
▼モクスリー・マイク&コメント動画



<映像>
■2019年7月19日 東京・後楽園ホール :新日本ワールド
njpwworld https://njpwworld.com/pg/s_series_00523_11

▼フィニッシュつきダイジェスト




 個別記事ページ→ 異次元カード、ジョン・モクスリーvs石井智宏が聖地で実現、ハードコア+ゴツゴツの大激戦に〜7..19新日本・後楽園ホール大会感想&まとめ

posted by sugi
2019年07月 16:59 | Comment(0) | 新日本プロレス
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: