2019年05月28日

謎映像“デス・ライダー”の正体はディーン・アンブローズことジョン・モクスリー、まさかの新日本参戦へ〜幾つかの疑問も ※追記アリ

カテゴリー:新日本プロレス





MOX_01-540x360.jpg


 プロレス世界地図を揺るがしたAEW旗揚げ戦の翌日、またも激震が。今度は日本がらみ。
 つい最近までWWEのトップスーパースターであり、AEWでケニー・オメガと大乱闘を繰り広げ、今や世界で最も動向が注目されるレスラーとなっらジョン・モクスリーが、新日本プロレス参戦することとなる。
 しかも、開催中の新日本シリーズで毎回流れている登場予告映像の正体が彼であったことも判明。


6.5両国に登場か

 日本時間の5月27日の午後でした。

 まず、ジョン・モクスリーがTwitterで動画アップ。
 新日本の会場で流れている「デス・ライダー」動画、その少し先まで進んだもの。


 その後、新日本プロレスが公式に参戦を認める。


 NOAHの新ロゴにも似ているが(笑)。
 いや、とんでもないことに。

 ディーン・アンブローズは間違いなくWWEのトップスーパースターでした。
 トップ中のトップ…とまでは言えませんが、WWEに欠かせぬ選手として長く活躍。かなりの人気者でした。
 3人組ユニット「シールド」のメンバーとしては一世を風靡。近年のWWEは「シールド」を巡る動きがメインストーリーでした。
 WWE世界王座をはじめ多くのベルトを獲得しています。
 193cm、102kg、現在33歳。
 ※追記:新日本公式の身長は188cn。

 今年4月いっぱいでWWE退団。





 5月3日の福岡大会から流れ続けている登場予告映像、その正体は、クリス・ブルックス(DDT参戦発表済み)やデビット・フィンレーではないかとの予想が出ていましたが…全く違う大物でした。

 AEWとの複数年契約が既に発表されていますが、クリス・ジェリコと同じように、他団体参戦も可能な契約とのこと。

■ジョン・モクスリー(ディーン・アンブローズ)の活動はAEW・新日本プロレスにとどまらない | Wrestling-NOW.net レスリングナウ
 https://wrestling-now.net/archives/1377
AEW社長のトニー・カーンによれば、モクスリーはAEWとフルタイム契約を結んでいるものの、他団体への出場は(スケジュールが合えば)許可されているそうです。モクスリーは「国際的な団体、またはインディ団体」にも出場できる契約内容のようなので、彼の活動場所はAEWと新日本に限定されているわけではありません。
 おそらく、秋のAEWレギュラーTV番組が始まるまでは様々な団体に上がることになるでしょう。
 その後はどうなるか。TV収録が録画か生かでずいぶん違ってくるか。予測が難しい。
 AEWは全く新しい団体なので、これまでのプロレス界にあった常識がそのまま当てはまるかは分かりません。
 モクスリーも過去にない形での活動を考えているかも。

 既にAEW・新日本以外の団体への参戦も発表に。





 6月14〜18日に開催の Northeast Wrestling なる団体でペンタゴンJrと対戦(とんでもないカードだ)。
 今頃、世界中の団体から山のようなオファーが届いていることでしょう。

モクスリー参戦で世界規模の話題の波に乗ることはできた

 新日本へはレギュラー参戦することとなるのか。あってもビッグマッチ限定化。
 話題の選手を獲得できた一方、世界規模のレスリングWARに巻き込まれる可能性も。

■\[WWE\] ディーン・アンブローズのAEW登場に関して、ビンスの反応、他 ? 青空プロレスNEWS:WWE
 http://aozora-pw.com/wpwn/archives/39354

 また、モスクリーがレギュラー参戦するとなれば、彼の主戦場であるAEWの流れに新日本が影響を受けるという恐れは出てくるか。

 でも、世界のプロレスファンから常に注目されるだろうことは良いこと。
 ケニー・オメガ離脱・AEW旗揚げで離れようとしていた世界のファンに「やっぱり新日本もチェックすべきかな?」と思わせるキッカケにはなったかも。
 この辺は良し悪し。

幾つかの疑問

 以下、思いついた疑問に自分で答えています(笑)。

<映像のユニオン・ジャックは何だったのか>
 デス・ライダー映像にはユニオン・ジャックが映ります。しかしモクスリーはアメリカ出身。意味ないじゃん!

 こんな記事が。


 有料記事なのであまり書けないのですが、英国人を名乗った時期があるそうです。 
 こんなツイートも↓


 もしかしたら「モクスリー」というリングネームを英国人ギミックの時につけたのかも。詳しい方、教えて。
 ※追記:その後、モスクリー本人が英国旗が正体をわかりにくくするためのフェイクだったと明かしています。うあー

<本当に最初からモクスリーが正体だったのか>
 これは「最初から」だと自分は思います。
 アンブローズとの契約は4月いっぱいまで、新日本で映像が初めて流れたのは5月3日。タイミングばっちり。
 本来、選手との交渉は前の団体との契約が切れてから。でも守っている団体は少ないでしょうね(笑)。
 WWEだって中邑真輔やKUSHIDA を新日本との契約切れる前から声かけています。
 となると、AEWとどちらが先に声をかけたのか、近い時期なのか、もしくは新日本がAEWを通したのか、など興味深い疑問も浮かんできます。
 こんなツイートも。


 ジュース・ロビンソンとはNXTで対戦しているんですよね。

 そしてデビット・フィンレーは…。

<なぜ会場でなくTwitterで発表したのか>
 おそらく、モクスリーがあまりに大物のため、海外サイトで噂が出回るのを裂けたのでは。
 AEW乱入が解禁のタイミングなんでしょう。
 また、新日本プロレスのファンは新日本以外の団体をあまり見ない傾向があるようなので(クリス・ジェリコすら知らない人が多かった)、両国前に情報をどんどん出しておきたい事情もありそう。

<モクスリーは新日本でもすぐ大活躍できるか?>
 実は少し不安。
 技数も多くないし、身体能力が売りでも無いし。
 アメリカなら彼が大物であることは観客みんな知っていますが、新日本ではそうでもない。
 「どんな選手だろう?」と距離とるだろう観客を、一発で「スゲエ」と言わせるようなタイプでもない。
。WWE以外での試合は長く経験していないし、新日本になれるには時間が必要なような。
 だんだん好きになっちゃうタイプ。
 観客を感情移入させる術は素晴らしいんですけどね。その辺が伝われば。
 ただ、WWEでは制限されていた技もあるだろうし、新たな引き出しを開けてくる可能性はありそう。
 もともとインディー出身ですから。
 私を含め驚かせてくれることを祈る。

 初戦は両国って記事も出ていますが、そこは顔見せでUS戦は大阪城じゃないかな?

 とかなんとか言ってたら新日本の会見始まってしまった。
 ブログアップするタイミング最低ではないか(笑)



※6月2日・追記
■【無料更新!】「人気も実力も知名度もピークにある選手が、WWEを蹴って新日本に合流する!」ジョン・モクスリーは何が凄いのか? 斎藤文彦氏が徹底解説!! | 新日本プロレスリング
 https://www.njpw.co.jp/201550

関連記事

■AEWついに旗揚げ、ケニー・オメガ破れる、元ディーン・アンブローズ現る、ブレット・ハート登場、日本人女子大観衆前に躍動〜旗揚げ戦結果などまとめ: プロレス専門ブログ・ブラックアイ3(テスト中)
 http://blackeyepw.com/article/186052071.html

■DDTのクリス・ブルックス参戦発表動画に新日本プロレスファンがざわつく: プロレス専門ブログ・ブラックアイ3(テスト中)
 http://blackeyepw.com/article/186021812.html






 個別記事ページ→ 謎映像“デス・ライダー”の正体はディーン・アンブローズことジョン・モクスリー、まさかの新日本参戦へ〜幾つかの疑問も ※追記アリ

posted by sugi
2019年05月 15:00 | Comment(2) | 新日本プロレス
この記事へのコメント
まさか今一番話題のプロレスラーが新日に来るとは…
これは楽しみですね
Posted by at 2019年06月02日 09:30
>Posted by at 2019年06月02日 09:30

ちょっと試合が合うかが心配ですけどね。大変なことには違いないです。
Posted by 管理人・杉 at 2019年06月02日 15:32

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: