2019年05月06日

ビー・プレストリーがジャパニーズオーシャンサイクロンスープレックスホールドあらため「クイーンズ・ランディング」で試合を決めスターダムの“赤ベルト”奪取

カテゴリー:女子プロレス

CBIMG001.jpg


ネットを中心に大変な論争となった“オリジナル技を他レスラーが使っていいのか”問題、その発端となったビー・プレストリーが、大事な試合のフィニッシュで技名を変えジャパニーズオーシャン・サイクロンスープレックスを使用。
 あれだけ言われても使い続ける根性は立派。


スターダムのトップに

 試合結果は公式から。

■2019年5月4日 GOLDENWEEK STARS 2019 ? 株式会社スターダム 
http://wwr-stardom.com/news/2019%e5%b9%b45%e6%9c%884%e6%97%a5%e3%80%80goldenweek-stars-2019/
5月4日 スターダム / 東京・新木場1stRING
◆ワールド・オブ・スターダム選手権試合 30分1本勝負
 ○ビー・プレストリー (16分14秒 クイーンズ・ランディング)●花月
 ※第10第王者の花月が9度目の防衛に失敗。ビーが第11代王者となる
 ワールド王座はスターダム・トップの“赤”ベルト。

 フィニッシュのクイーンズ・ランディングとは…。
 終盤の試合経過。
プレストリーがフィニッシュを宣言し肩車。ジャパニーズオーシャン狙いを切り返すとミストを噴射しデスバレー、大江戸コースター。プレストリーが返すと、15分経過。花月は再びコーナーに上がるがプレストリーが下からキック。プレストリーも上がるとトップからのカーブストンプ。コーナーに乗せてキック、肩車してジャパニーズオーシャンサイクロンスープレックスホールドあらためクイーンズ・ランディング。3カウントが入り、プレストリーが新王者となった。
 と言うことで、ジャパニーズ・オーシャンサイクロンを技名変えて使用。
 これはロッシー小川代表も予告していたこと。
 2019年3月のツイート。


 プレストリー選手はトップロープを使い肩車の体勢に入る、細かく言えば違う。でも肩車から押さえ込むまでは同じのようです。
 とはいえ、あそこまで論争になったことぉ知らないわけはないし、それでも使い続ける度胸はたいしたもの。

 自分は、他人の技でも使うのに意味があって、覚悟が込められていればOKと思っています。

■他レスラーの技をパクるなら、メッセージやタブーを破る想いも込めて欲しい〜その技の意味を探る楽しみをファンは失ってしまうのでしょうか: プロレス専門ブログ・ブラックアイ3(テスト中)
 http://blackeyepw.com/article/185761749.html

 「まだ使うのか」と騒動に再び火がつくリスクあっても放つ。
 賛否両論であろうとも話題になったことを自分の糧にしてしまう。その姿勢はプロレスラーとしてなかなかのもの。
 日本語分からないとはいえ、近くにいるだろうウィル・オスプレイ選手も論争には参加していたので、雰囲気は伝わっているはず。
 今後しばらくはジャパ…でなく、クイーンズ・ランディングの体勢になっただけで、観客は特別なモノを目撃したような感覚に陥るでしょう。
 とは言え、豊田真奈美さんや藤本つかさ選手・日高郁人選手がイラっとするのは当然。また怒るファンも出てくるかもしれない。またその時に姿勢を問われるのでしょう。
 
 ビー・プレストリー選手、ベルト奪取と同時に、日本に移住することも明かす。
 どこかの居酒屋でバッタリ豊田さんと合っちゃったりして。

参考リンク

■ジャパニーズ・オーシャン・サイクロン・スープレックス巡る技の継承論争が話題〜「日本の女子プロレス」では大事なこと: プロレス専門ブログ・ブラックアイ3(テスト中)
 http://blackeyepw.com/article/185761604.html
■プロレスで他人の技を使うのはOK?豊田真奈美のツイートで論争が勃発。 - プロレス - Number Web - ナンバー
 https://number.bunshun.jp/articles/-/838847



 個別記事ページ→ ビー・プレストリーがジャパニーズオーシャンサイクロンスープレックスホールドあらため「クイーンズ・ランディング」で試合を決めスターダムの“赤ベルト”奪取

posted by sugi
2019年05月 02:29 | Comment(0) | 女子プロレス
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: