2019年05月03日

KUSHIDAがNXTデビュー戦勝利!〜“マサヒロ・タナカ”も炸裂、WWEは顔面パンチが反則じゃないので堂々使えます

カテゴリー:WWE

CBIMG024.jpg


KUSHIDA 選手、NXT正式デビュー。
新日本プロレス退団からちょうど3ヶ月、WWEネットワークでデビュー戦が配信に。


短時間決着でない、キッチリとした試合をしたうえ勝利

 試合は4月10日(現地時間)に行われたもの。
NXTと契約したのは4月5日、その5日後となります。

 5月1日(現地時間)配信分番組のメインに登場。
 対戦相手はNXTの門番的存在、カシアス・オーノ。クリス・ヒーローの名でNOAHを中心に来日経験多数。
 実力者であると共に、195cn120kg(?)という大型選手、WWEで闘っていくなら通っていかなくてはならない関門をいきなり突きつけられた。

<入場>



<ダイジェスト動画>
 フル視聴はWWEネットワークで。


 WWEでのデビュー戦となると、短時間で決着するお披露目だけが目的なようなものが多いのですが、KUSHIDA 選手はキッチリとした勝負感あるファイトをやりきった。
 そして日本と同じく、ホバーボード・ロックで勝利。

 試合終盤には、ダメージ深い相手の手をとり強引に握手させる場面も。
 日本でするとちょっと臭いかな?とも思いますが、アメリカではハマる。観客にもウケてましたね。意外とアメリカの方が肌に合うのかな?と思わせる。




 見事なデビュー戦勝利。
 また、体重が近い選手と闘えば違ったタイプの試合も見られそう。

<日本向け試合後コメント>



 KUSHIDA選手、一番近い目標は、6月1日(現地時間)に行われる「NXT テイクオーバー」出場でしょう。
 現在のNXTは、リコシェ・ウォーレイダースらが多数1軍に昇格したため、少しトップ戦線は余裕ある。KUSHIDA選手にとってはチャンス。

WWEは顔面パンチOKなのです

 KUSHIDA選手、NXTデビュー戦では見事なワインドアップからの顔面パンチ「マサヒロ・タナカ」を炸裂させていました。
 
CBIMG023.jpg


 実況もシッカリ「マサヒロ・タナカ」とコール。かなり詳しく解説していたようですよ。

 この技、日本で使うとブーイングがついて回ることが多かった。「反則である顔面パンチを堂々と使うな」との批判が一部の新日本プロレス・ファンからはありました。
 しかし、WWEは顔面パンチが合法なのであります。

■WWEのルールでパンチがLegalとされた話について | KEN筆.txt
 https://ameblo.jp/kensuzukitxt/entry-12306902326.html

 いつ頃からなのかハッキリせず、公式にアナウンスはされていないという見方だが、実際に最近の試合を見ていると、顔面にパンチを放ってもレフェリーはチェックをしない。
 ベッキー・リンチのライバルとして急上昇してきたレイシー・エバンス、そのフィニッシャー「ウィメンズ・ライト」も顔面へのパンチである。
 MMA出身レスラーはマウントパンチも使う。

 つまりWWEではマサヒロ・タナカは打ち放題。ブーイングどころかKUSHIDA選手の代名詞的技になる可能性すらあるのです。
 カシアス・オーノ戦でも、逆襲のキッカケとなる大事な場面、ロープに飛んだ相手へのカウンターとして使っています。

 ただ、個人的にはプロレスで顔面パンチを合法にしてしまうことはあまり乗れてはいません。
 プロレスの基礎というものは、どこまで行ってもレスリングから始まっているもので、打撃を想定はしていないはず。
 本格的に打撃を取り入れたUWFで両腕を上げるガード姿勢が当たり前になったように、パンチがアリならそれに対応する技術が出てこないと本当はおかしい。そして、それがプロレスを面白くするものかは疑問。
 アメリカにおける「プロレスでのパンチ」が、日本の印象とはだいぶ違うというのも大きいのでしょう。
 今のところは「技」として使う場合がほとんどだが、ロンダ・ラウジーは時折パンチのコンビネーションを披露もしている。
 WWEのプロレスにどう影響していくのかは気にして観戦しているつもりです。

 マサヒロ・タナカを放ったあとのKUSHIDA選手、その拳・手首を押さえる場面がありました。

CBIMG025.jpg


 グローブをしていない手で顔面を殴れば拳などを痛める場合もあります。
 そのリスクが見えたことで「1試合で乱発するものではない」との見方が自分の中にはできました。


タグ:WWE NXT KUSHIDA

 個別記事ページ→ KUSHIDAがNXTデビュー戦勝利!〜“マサヒロ・タナカ”も炸裂、WWEは顔面パンチが反則じゃないので堂々使えます

posted by sugi
2019年05月 17:15 | Comment(0) | WWE
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: