2019年03月08日

高橋ヒロムが2年前から闘いたい相手として挙げていた「イニシャルK」は、リバプールの風になったY田K一でほぼ確定 ※追記:「Y田K一も違うのでは」との納得できるご意見いただきました

カテゴリー:新日本プロレス





CBIMG020.jpg


 獣神サンダー・ライガー選手の引退表明は大変な話題となっています。
 その流れで、これまでハッキリしなかった一つの謎の答えが明かされることに。

※3月8日昼に追記しました。



絶対に呼び起こす、イニシャルK

 獣神サンダー・ライガー引退発表のあと、高橋ヒロム選手が以下のツイート。




 「イニシャルK」とは、ヒロム選手が「対戦したい選手」のヒントとして過去に何度も挙げたもの。
 最初にその話が出たのは2017年。IWGPジュニア王者としてベスト・オブ・ザ・スーパーJrに参加した高橋ヒロム選手は、自身が優勝した場合の大阪城ホール大会におけるJrタイトル戦の挑戦者に「イニシャルK」を指名。




 結局、優勝はならず、イニシャルKは謎のまま。

 しかし、翌年(2018年)のBOSJで再び…。
 石森太二との激戦を制し優勝を決めたあと。



 2018年6月には、こんな発言も。



 ファンの間では「金本浩二」説が有力だったのだが…、今回のタイミングで金本選手は99%ない。

 つまり…リバプールの風になったアノ人、Y田恵一の恵一のKであることがほぼ確定ですね。
 Y田さんならBOSJ優勝戦の会場にいた…と言っていいかもしれない。
 Y田さんなら「プロレスをやっているかどうか」は微妙。

 ライガー選手引退までの約10ヶ月、一つの物語がみえてきました。
 「ライガーと闘えればそれで目的達成となるのか、それともリバプールの風からKを呼び戻す必要があるのか?
 ただ、ライガーさんが会見でおっしゃっていた通り、まずヒロム選手は復帰することが大前提。

 本日のライガー選手、会見から。
■ラストマッチは来年1月の東京ドーム!「こんな幸せなプロ人生はない」獣神サンダー・ライガーが笑顔の引退発表!【3.7会見】 | 新日本プロレスリング
 https://www.njpw.co.jp/188652
――只今、橋ヒロム選手から「『いま欠場中なんですけど、自分がライガーさんとやりたいです』と伝えてください」と連絡がありましたが、これを受けていかがですか?
 ライガー 仲間内じゃあな、あんまり意味もなくなくねーか?
――いま欠場中という無念さもあると思いますが。
 ライガー 「それより早く怪我を治してください」ってことですね。やはり、レスラーはリングに立ってなんぼだから。復帰してから、改めて「もしボクと闘ってもいいよ」ってヒロム選手が言うのであれば、もちろんシングルでやりたいと思いますし。ただ、これはもうレスラーもファンの皆さんもそうだと思いますけど、やっぱり「ヒロム選手に早くリングに復帰してもらいたい」と思ってると思うので、まずはそこが最初じゃないかなと思います。

 「仲間内じゃあな、あんまり意味もなくなくねーか?」という言葉が引っかかります。個人的には他団体との絡みは大歓迎なんですけどね。
 ヒロム選手が、引退試合にこだわりがるかどうかでも変わってきそう。

 まずはヒロム選手の復帰。ただ、こういう流れがあることは頭にシッカリ入れておきます。

3月8日昼・追記

 Twitterで「Y田K一も違うのでは」とのご意見いただきました。



 鬼神=キシンのKだと。
 これは大納得。「ほぼ確定」と書いておいて申し訳ありませんが、私も「鬼神」だと思えてきました(汗) 

3月9日・追記

■【新日本】ライガー 「平成に生まれ平成で潔く散る」万感の引退の心境を本紙に激白:東京スポーツ
https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/mens_prores/1303486/
「ライガーを継承、伝承していくよりも、これからの人には自分自身のオリジナルで、一人ひとりやっていってほしいですね」。




 個別記事ページ→ 高橋ヒロムが2年前から闘いたい相手として挙げていた「イニシャルK」は、リバプールの風になったY田K一でほぼ確定 ※追記:「Y田K一も違うのでは」との納得できるご意見いただきました

posted by sugi
2019年03月 02:36 | Comment(0) | 新日本プロレス
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: