2019年02月03日

「レッスルマニア」タイトル戦決定、中邑真輔US王座失うもカール・アンダーソン&ギャロウズとの対戦確定:WWE情報まとめて

カテゴリー:WWE





CBIMG011.jpg


 WWE関連の情報を溜めてしまいました。まとめて紹介。
 大きな動きもあります。


<ロイヤルランブル結果

 まず紹介済みですが、PPV「ロイヤルランブル」のおさらい。




<主な出来事>
・中邑真輔がルセフに勝利、US王座奪回。この試合でルセフのマネージャー・ラナが負傷。
・戸澤陽・ヒデオイタミが4WAYでクルーザー級王座挑戦も、王者バディ・マーフィーが防衛。
・第1試合でアスカがベッキーリンチに勝利、SD女子王座防衛。
・シェイン・マクマホン&ミズがSDタッグ王座奪取。フィニッシュはシェインのシューティングスタープレス。
・ロンダ・ラウジーがサーシャ・バンクスに勝利、RAW女子王座防衛。
・女子ロイヤルランブルは、負傷のラナに代わって急遽出場したベッキー・リンチが優勝。
・ダニエル・ブライアンとAJスタイルズのWWE王座戦は、ローワンが乱入、反則決着。
・フィン・ベイラーがブロック・レスナー相手に大健闘もキムラロックに敗戦、ユニバーサル王座奪取ならず。
・男子ロイヤルランブルは、セス・ロリンズが優勝。ラスト入場のRトゥルースを女子のナイアジャックスが襲い、勝手に代打出場する場面も。

ランブル、サプライズ出場はジェフ・ジャレットぐらい。その割には面白かったかと。納得できる結果だったのも大きい。
 アスカvsベッキー・リンチが個人的にはベストバウト。

 画像はアスカのフィニッシュ。ブリッジでアスカロック極めた。

CBIMG004.jpg

PPV翌日・RAW

 続いてRAW。



 男女ロイヤルランブル優勝者が挑戦するベルトを明かし、「レッスルマニア」のメイン級カードが決定。




■WWE「レッスルマニア35」/アメリカ・ニューヨーク・メットライフスタジアム
現地時間:4月7日
日本時間:4月8日

▼ユニバーサル選手権
 ブロック・レスナー(c) vs セス・ロリンズ

▼RAW女子選手権
 ロンダ・ラウジー(c) vs ベッキー・リンチ
 妥当なところ。ただ、まだ祭典まで日にちがあるので、カードが変更となる可能性もあります。

 この日、セス・ロリンズはディーン・アンブローズと一騎打ち。





 試合後、敗れたアンブローズは何かマイクで話し始めるも…そこにナイアジャックス登場。邪魔されてしまう。

 このあと、突如としてアンブローズ退団の噂が流れ始め、なんとWWEが公式にそれを認めてしまう。




 アンブローズから退団を申し入れたとの噂。
 退団後の行き先は不明ながらも、クリス・ジェリコやCodyと仲がいいらしいので…AEWなんでしょう。
 WWEの現在進行形スパスタ獲得は振興団体にとってデカイ。TV局のリアクションとか変わってくるでしょうね。

 ロンダ・ラウジーはベイリーと注目のタイトル戦。



 ロンダ、前夜のサーシャに続き、実力者をに連勝。ちょっと急ぎすぎなような気も…。休養・退団の噂もあるにはある。
 一方で、MMAの動きや、勝ちすぎな点にナチュラルなブーイングが発生しているのは、PPVで示唆されたフォー・ホース・ウイメン対抗戦に向けては悪くない現象。やるならロンダはヒールターンする可能性が高い。同チームのNXT女子王者シェイナ・ベイズラーはベビーフェイス向いてないですからね。

 フィニッシュ前のロンダの雪崩式技、投げるってより自身の落下する力で引き落とすみたいな感じで面白い。1回止まっちゃうけど。

 このほかでは、ナイア・ジャックス&タミーナが、新設される女子タッグ王座決定戦に出場確定。
 次回PPV「イリミネーション・チェンバー」で行われる。

スマックダウン、中邑激怒

 とにかく中邑真輔が気になる。



 ロイヤルランブルで30番手入場も、ネイア・ジャックスに出番を横取りされてしまったRトゥルース、「まだリングインしていない=失格していない=優勝者?」という読みもあったが、どうやら正式にナイア・ジャックスは姿勢記参戦と認められたようで。
 お詫び?としてRトゥルースにはUS王座挑戦のチャンスが与えられる。



 な、なんと丸め込み&微妙なカウントながらRトゥルースが短時間勝利! 大番狂わせ。中邑、怒る怒る。
 続けてRトゥルースはルセフと初防衛線。
 なんとこれでも勝利。



 怒るルセフと中邑は流れ上、共闘してボコボコに。
 バックステージでは、なんとカール・アンダーソン&ギャロウズから対戦を申し込まれ受諾(来週?)。



 中邑とアンギャロ、WWEではおそらく初対決。
 …な、なんかお別れマッチに見えなくもない。

 試合後も中邑は大荒れ。
 こちら↓は日本公式独自の動画のようです。
 




 そして以下のツイート。



 WCWに移籍されるのですかね(笑)。
 Twitter見ていると本気デ心配されている方もいますが、もう存在しない団体ですからね。

 今後の中邑選手どうなるか。US失っても、新たな役目が回ってくるならいいのですが、
 取りあえずアンギャロ戦があって、そこから先でしょうね。





 ベッキー・リンチのスピーチにはシャーロットが横入。
 レッスルマニアは3WAYになるとの噂もあるが、それっぽくなってきた。
 SD女子王者・アスカが何も発言なかったのは意外。
 ベッキーはアスカに負けたまま別の相手を選んだわけで、立場的にはかなり有利、言いたい放題できるのだが。


 ダニエル・ブライアンがローワンとの共闘を正式に宣言すると共に新ベルトをお披露目。

地球王者"ダニエル・ブライアンは、唯一の理解者であるローワンを呼び入れると、WWE王座のベルトについて「無駄に過剰なシンボルであり、低賃金の労働者によって作られ、ベルトの革になった雄牛のデイジーはそのために一生を終えてしまった」と蔑んだ。するとローワンが木製(オーク材と大麻)のベルトを取り出し、ブライアンは「これこそ地球に優しいベルトだ」と掲げ上げた。そこにAJスタイルズが現れると、ラ

 ダニエルさん、自然派キャラでヒールなのが面白い。どこからかクレームきてないのだろうか。
 大麻ベルトは日本人には衝撃すぎますが、今や世界的に解禁の流れで大麻ビジネスが大流行だそうですね。

 このあと、いろいろ選手入ってきて乱闘。そこにHHHがビジョンからカード決定。

■Elimination Chamber 2019 | WWE
 https://www.wwe.com/shows/eliminationchamber/elimination-chamber-2019
■WWE PPV「イリミネーション・チェンバー」 米テキサス州ヒューストン・トヨタセンター
 現地時間:2月17日
 日本時間:2月18日

▼WWE選手権=イリミネーションチェンバー戦
 ダニエル・ブライアン(c) vs AJスタイルズ vs ランディ・オートン vs ジェフ・ハーディ vs ムスタファ・アリ vs サモア・ジョー

<そのほかの決定カード>
▼SDタッグ選手権
 シェイン・マクマホン&ミズ(c) vs ウーソーズ

▼WWE女子タッグ王者決定戦=イリミネーションチェンバー戦
 ナイア・ジャックス&タミーナ vs りぶ・もーがんサラ・ローガン& vs マンディ・ローズ&ソーニャ・デビル vs 未定 vs 未定 vs 未定
 まだSD王座は男女ともにレッスルマニア・カード決まらず。
 女子タッグ、カイリ&イオのエントリーはあるか? いきなりチェンバーは大変そうではあるが。

NXT、スーパーボウルのハーフタイムに極上6人タッグ戦

 最後にNXTから。
 珍しい企画が。

■カイリ&イオがMMAコンビに快勝!『NXT #490』結果|次回は2月7日(木)午前10時!! | Sporting News https://www.sportingnews.com/jp/wwe/news/%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%81%8Cmma%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%93%E3%81%AB%E5%BF%AB%E5%8B%9Dnxt-490%E7%B5%90%E6%9E%9C%E6%AC%A1%E5%9B%9E%E3%81%AF2%E6%9C%8831%E6%97%A5%E6%9C%A8%E5%8D%88%E5%89%8D10%E6%99%82/33dwo20pn2fh1av57xpwfzok5
『NXTテイクオーバー:フェニックス』のNXT王座戦直後に起きた、NXT王者トマソ・チャンパ、新北米王者ジョニー・ガルガノ、アダム・コールと、ヴェルヴェティーン・ドリーム、アレイスター・ブラック、リコシェによる小競り合いの結果、日本時間2月4日の特別番組『ハーフタイム・ヒート』で6人タッグが行われることになった。同番組は、スーパーボウルのハーフタイムショーの時間帯に配信される。

 WWEネットワークで配信。どれぐらいの人が見るんですかね?
 約20年前に「ザ・ロックvsマンカインド」で行われて以来の開催だそうです。


■ヒデオ・イタミがWWE退団か、Twitter名前を「KENTA」に変更・205LIVEで戸澤に完敗後「thank you」ツイート: プロレス専門ブログ・ブラックアイ3(テスト中) http://blackeyepw.com/article/185471157.html
 こちら、Twitterでのスパスタやりとりを見ていると、ほぼ退団確定なのですが、WWEから正式な発表がまだ出ていません。



 個別記事ページ→ 「レッスルマニア」タイトル戦決定、中邑真輔US王座失うもカール・アンダーソン&ギャロウズとの対戦確定:WWE情報まとめて

posted by sugi
2019年02月 02:33 | Comment(0) | WWE
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: