2018年07月09日

現WWEユニバーサル王者ブロック・レスナーがUFC現れヘビー級王者・コーミエの対専要求を受諾、ダナ・ホワイト「必ずやる」

カテゴリー:WWE





CBIMG001.jpg


 ついに動いたか。
 ブロック・レスナーが事実上のMMA復帰宣言。


ブロック・レスナー、メインのタイトル戦前に現る

 UFCのビッグマッチでサプライズ。










■【UFC】コーミエが初回KO勝ちで二階級制覇を達成、試合後はレスナーと一触即発に - eFight 【イーファイト】 格闘技情報を毎日配信!
 https://efight.jp/result-20180708_297107

 ダナ・ホワイトも対戦実現に向け動くことを宣言。
 
■MMA IRONMAN: デイナ・ホワイト「ダニエル・コーミエ vs. ブロック・レスナーは必ずやる」
 http://sadironman.seesaa.net/article/460411658.html

 ブロック・レスナーは現役のWWEユニバーサル王者です。WWEとUFCの関係は悪くないはずなので(ダナ・ホワイトは今年のレッスルマニアを観戦)、強引な引き抜きは契約もあるし考えにくく、何か話し合いがもたれてこうなっているとは思うが…。どうなっているのか。
 契約によってはプロレスを続けながらUFCに上がることも不可能ではないようですが、実際難しいでしょうね。

 今のところ、8月20日(現地時間)開催のPPV「サマースラム」で、ブロック・レスナーはユニバーサル王座の防衛戦を行う予定。ただ、これもまだストーリー上で流動的。おそらく、このUFC出場を絡めた虚実入りマジ会ったアングルが始まるのではないかと予想します。王座返上はないと思うが…まぁレスナー絡みは騒動できないようなことがたくさん起きてますからねぇ・・・。

ブロック・レスナーはすぐUFCに出場することはできない

 ブロック・レスナーがUFCに復帰するには幾つかクリアしなければいけない問題があります。

<1>出場停止処分を終えな蹴ればいけない
 ブロック・レスナーが最後にMMAを行ったのは2016年7月。マーク・ハントと対戦し判定勝ちするも、後になってドーピング検査が陽性反応とわかり結果はノーコンテストに変更。1年間の出場停止処分を受けています。
 その後、2017年2月14日にUFC引退を表明。
■MMA IRONMAN: UFCがブロック・レスナーのMMA引退を発表 http://sadironman.seesaa.net/article/447052672.html
 この時点で謹慎期間はクリアとなっていましたが…復帰するとなれば、その処分は復活する。残っている期間の消化がどこから始まるのかが今のところわからないため、いつ頃に試合できるかはわかりません。

<2>厳しいドーピング検査をクリアしなければならない
 当然、同じことをしないかと検査が何度も行われるはず。さすがにまた引っかかったらUFCも諦めざる得ない。

 詳しい情報が出てくるのを待ちます。

 しかし、WWEにとっては他競技へ目を向けている選手からベルトとってもインパクトは薄く、どうなってもあまり良い方向には進まないような。パートタイマー王者が消えることでストーリーは組みやすくなるだろうけど。
 また、元王者とはいえ、2年もブランクある選手がタイトル戦を組まれてしまうUFCも、ビッグイベントに関しては手詰まりなんだなぁと思ってしまいました。
まぁやるとなったら楽しみに見てしまうんでしょうけどね。



 個別記事ページ→ 現WWEユニバーサル王者ブロック・レスナーがUFC現れヘビー級王者・コーミエの対専要求を受諾、ダナ・ホワイト「必ずやる」

posted by sugi
2018年07月 02:28 | Comment(0) | WWE
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: