2018年06月01日

▼本間朋晃、一般女性と昨年8月に結婚、リハビリ生活支え退院後に入籍/新日本〜5月30・31日頃のプロレスニュース・トピックス








 ▼本間朋晃、一般女性と昨年8月に結婚、リハビリ生活支え退院後に入籍/新日本
 ▼内藤哲也自伝発売へ/新日本
 ▼リッキー・マルビンが久々NOAH参戦、Jrタッグリーグにエントリー
 ▼『新生K-1が那須川天心、その父、RIZIN運営会社を民事訴訟で訴えている』と週刊新潮報道

ニュース

● 新日本プロレス
■人気プロレスラー本間朋晃が結婚発表「今まで生きてきて、こんなに性格が合う人はいない」:東京スポーツ
https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/mens_prores/1026085/
2人の出会いは2014年8月5日、当時千恵さんが住んでいた香川・高松での大会前夜のことだった。街中で本間が「明日プロレスですよね、頑張ってください」と声をかけられたことを機に、連絡先を交換し合い友人関係がスタート。16年7月、真剣交際に発展した。
 17年3月の新日本プロレス沖縄大会で本間は中心性頚髄損傷の大ケガを負ってしまったが、その際に千恵さんは仕事を休んで沖縄の病院で看病を続けた。「僕が一人でやっていたら、絶対ここまで良くなっていないし…。あとは心が病んでいた時期なんですよね。そばにいてくれたから、ずっと笑ってた気がします」(本間)。リハビリ生活を支えてもらったことで「体がよくなったら結婚しよう」と決意し、退院後の17年8月5日に入籍した
 メデタイ!


 あれ、華原さんとかどうなったんだっけ? 




■5.29 新日本 . ビッグパレットふくしま、結果
http://www.njpw.co.jp/tornament/136634?showResult=1
・KUSHIDAが“無法者”デスペラードを下して勝利の一本締め!! Bブロックは4人が3勝2敗で並ぶ!!
――今シリーズ、連日、ジュニアがメインで試合が組まれてますが、ここまで見ていて今シリーズの印象はいかがですか?
KUSHIDA「過去最高に盛り上がってるんじゃないですかね。過去最高に盛り上がってるし、過去最高に僕自身が楽しんでます。僕自身が一番、『BEST OF THE SUPER Jr.』を堪能できてるし、Bブロックというメンツがね、幸運にも濃いメンツだらけで。堪能っちゅう堪能、充実してます。もうひとつは、こっからデスペラード、ドラゴン・リー、高橋ヒロムなんで、“スーパージュニア・ハイ”で駆け抜けます」

ヒロム「(※インタビュースペースのフロアに寝転んで)Dが、Dがあってよかった。Dがあって、よかったよ。このシリーズ、助けられてるよ。Dのお方に、助けられてるよ。よかったぁ……。最近、TIME BOMB、読まれてたからさあ、Dがあってよかったよ。Dも警戒する人間が増えてきたってことは、Dの、いや、あの方の恐ろしさがわかってきたってことか……。

田口「まだ、4勝すれば、まだ(決勝進出の)可能性もあるんじゃないかと。大混戦ですから。(残りは)マーティー・スカルとACH……。ここで郡山スープレックス……ご当地スープレックス、各市町村で出していけたらなと思ってます。ご当地スープレックス……七色のスープレックをはるかにしのぎますよ、数で。量産していきたいと思います」

ゴードン「毎日それ(デスティーノ)でやられてるけど、少しは学習しないと。(クリス・)ジェリコから教えてもらったらいいんじゃないか?」
ヘナーレ「エッ、ジェリコ?」
ゴードン「並んで座って、教えてもらえよ」
ヘナーレ「何を言ってるのか、訳がわからないんだけど……」
(中略)
ヘナーレ「(※1人残されて)デスティーノで……。いつもいつも……。日本スタイルと、ほかのスタイルと、それに“ウォリアーズスタイル”と……。ああ、わからない……(※と言うと、リストバンドを外してフロアに叩きつける)」
ゴードン「(※戻って来て)何やってる? さあ、行くぞ」


<Bブロック>

 6点 3勝2敗 ドラゴン・リー
 6点 3勝2敗 高橋ヒロム
 6点 3勝2敗 KUSHIDA
 6点 3勝2敗 マーティ・スカル 4点 2勝3敗 エル・デスペラード
 4点 2勝3敗 SHO
 4点 2勝3敗 クリス・セイビン
 4点 2勝3敗 田口隆祐








● NOAH



● RUZUB / K-1




● ドラゴンゲート
■KOG2018予選全試合終了〜5.30 栃木・栃木県総合文化センター〜|ドラゲーライヴ Vol.1
 http://dragate.blog.shinobi.jp/Entry/3364/




★KING OF GATE 2018
※全公式戦終了
<Aブロック>
 6点 3勝1敗 YAMATO
 5点 2勝1敗1分 Ben-K
 5点 2勝1敗1分 Kzy
 2点 1勝3敗 シュン・スカイウォーカー
 2点 1勝3敗 神田裕之

<Bブロック>
 6点 3勝1敗 吉田隆司
 4点 2勝2敗 ジェイソン・リー
 4点 2勝2敗 堀口元気
 4点 2勝2敗 B×Bハルク
 2点 1勝3敗 ビッグR清水

<Cブロック>
 8点 4勝0敗 土井成樹
 5点 2勝1敗1分 パンチ富永
 4点 2勝2敗 ヨースケ?サンタマリア
 3点 1勝2敗1分 Eita
 0点 0勝5敗 ドラゴン・キッド

<Dブロック>
 5点 2勝1敗1分 吉野正人
 4点 2勝2敗 横須賀ススム
 4点 2勝1敗1無分 鷹木信悟
 3点 1勝1敗1分1無分 Kagetora
 0点 0勝2敗2無分 斎藤了

あらゆる勝ち=2点、あらゆる負け=0点、時間切れ引き分け=1点、両リン・両者反則など=0点
各ブロック1位選手4名により優勝決定トーナメントを行う。
1位が同点で複数出た場合は出場者決定戦を行う。
優勝者は6.10博多でドリームゲート王座挑戦。
最下位決定トーナメントも行われる。
 最下位決定トーナメント出場者、Aブロックの最下位は直接敗戦の神田。
 欠場中のドラゴンキッドがどうなるかは不明。

● スターダム / WWE
■スターダム退団の紫雷イオ WWE挑戦決意させた2人:東京スポーツ
https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/womens_prores/1023790/
「真横にいた人(華名=アスカ)があれだけの舞台に立てるのは、自分にもチャンスがあるんだなって教えてくれた」。

● メジャーズ&アライブ



● WWE




コラム・インタビュー

■WWE 中邑真輔『SHINSUKE NAKAMURA USA DAYS』連載第12回「2016年4月1日、NXTデビュー」 | Sporting News
 https://www.sportingnews.com/jp/wwe/news/wwe-%E4%B8%AD%E9%82%91%E7%9C%9F%E8%BC%94shinsuke-nakamura-usa-days%E9%80%A3%E8%BC%89%E7%AC%AC12%E5%9B%9E2016%E5%B9%B44%E6%9C%881%E6%97%A5nxt%E3%83%87%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC/1076vgpj7xwi91uzbultce2ner

■“ストーンコールド”スティーブ・オースチン タフ・ガイは最後までタフ・ガイ――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第87話> | 日刊SPA!
 https://nikkan-spa.jp/1479657

■Special Interview vol.1 橋本大地選手「長州戦を前に怖がった自分とは別人に思わせる」|NEWS|S.P.E(エス・ピー・イー)|国内外のプロレスとコラボして企画・運営するイベント会社
 http://sp-enter.com/news/detail.php?id=317

■ド演歌ファイター・越中詩郎の「ジャイアント馬場さんと食べた思い出のフィレオフィッシュ」【レスラーめし】
https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/kemuta-otsubo/18-00096
 馬場さんにフィレオフィッシュを食べさせようとする話が最高です。


気になったツイート

● 新潟



● 退屈



● バトラーツ



● 高山善廣





 個別記事ページ→ ▼本間朋晃、一般女性と昨年8月に結婚、リハビリ生活支え退院後に入籍/新日本〜5月30・31日頃のプロレスニュース・トピックス

posted by sugi
2018年06月 00:36 | Comment(0) | プロレスニュース・トピックス
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: