2018年03月27日

竹下幸之介が大学卒論実証ジャーマンでV11、ムタまさかのラスト・ムーンサルト、2018年2月「マッスル」が両国で復活、入江茂弘現る〜3.25DDT・両国関連情報・動画・コメント

カテゴリー:DDT







DDT関連の話題が多かったので1つの記事にまとめます。

● DDT




 メイン、竹下幸之介が石川修司を下す


 フィニッシュのジャーマンは、大学卒論のテーマ。



 竹下幸之介・試合後コメント。
――フィニッシュは卒論が活きた?
竹下 何度かジャーマンするシーンがありましたけど、石川さんって体格が人間離れしてるんで。でも卒論でやってきたことは間違ってなかったと思うし。実際、一年半前は3カウント取れなかったジャーマンスープレックスで取れてるんで。その意味で、大学生、大学生レスラー、僕は今日、卒業しました。
――これまで高校生レスラー、大学生レスラーでしたが、これからは肩書きが外れることになります。
竹下 僕は学生とレスラーを両立してたつもりはちっともないんです。100:100。全部100でやってきたんで。だからこのベルトを巻けてるわけで。今後もプロレスが一番、DDTが一番、それは変わらないけど、いろんなことにトライしていきます。なぜなら、人と同じ道、歩きたくないんで。人に理解されたくないんで。「コイツ何してんだ?」でも、あとで超えていく。だから、僕を信じてついてきてほしいです・

 石川修司が追い込みに追い込みまくる。「ここまでやっていいんだよ」と竹下選手に教えるようでした。
 終盤のラリアットはそれに応える威力あったように思います。

グレート・ムタ、ホントに最後のムーンサルト

 ムーンサルト動画↓





 多くの人が「やるわけないだろう」と思っていた。そういう状況だと裏切りたくなる人なのでしょうね(笑)。
 この調子で復帰後も飛ばないか心配。


2018年2月「マッスル」復活



 マッスル開催発表後↓
高木 マッスルは2030年に復活するんですけど、その前にやってもいいんじゃないかと。
ササダンゴ 2030年は東京ドームなんで。僕ら1500人以上の会場はやったことないので。後楽園ホールまでで。4000、5000人の会場でやっておかないと、2030年に3万人というのも見えてこないんで。

 直前までバタバタする印象の「マッスル」を11ヶ月前に発表とは。
 良い方向に動くといいなぁ。
 あと、abemaTVで過去の「マッスル」を放送してはどうだろう?

変態大社長、肛門爆破




高木 今日は路上プロレスやって高らかに言いたかったんですけど、本屋プロレスから4月で10周年。それを祝って、メチャクチャなところでやろう。ナイアガラとか。
澤 いいですね!
高木 世界遺産とか。もうタイ、カンボジア、シンガポールは場所抑えた。
澤 ちょっと待ってくださいよ。ホントですか。世界各地で怒られますか。
高木 そして日本でも。路上プロレス10thアニバーサリー・ジャパンツアーをやりましょう。北は北海道から南は沖縄まで。それをAbemaTVで放送して。
澤 世界にはこんな素晴らしい地域があるんだよっていうのを路上プロレスで見せるっていう。……あいたたた!(尻の痛みを)忘れてた!


 ササダンゴvsイケメン

 この試合、評判良いです。



 試合後コメント。
ササダンゴ こんな、僕のプロレスのキャリアの中でも最も濃密な20分間を、黒潮“イケメン”二郎選手とすごせたことを誇りに思います。ずっと守り続けます。ありがとうございました。

イケメン 俺、人間じゃなかったみたいです。神の子供だったみたいです。神の子でした! ……ちょっと現実に戻ろう。両国、3回目のシングル。新しい形の試合で。でもDDTでは竹下に勝ってる。もし今日のメインで竹下の勝ちがあるなら、俺の挑戦も視野に入れておいてほしい。俺はこういう試合も、どっちもできる。WRESTLE-1のエースは、誰が何と言おうと俺だ。フィニッシュ!


総括・そのほか


 コルト・カバナvsジョーイ・ライアン、試合後コメント。
ライアン 今日は負けたけれども、あらためて自分のチ●コが最強だってことが証明できたと思う。自分で自分のチ●コに投げられて負けたんだからな。あっと、みんな近寄らないほうがいいぞ。俺に近寄ると(チ○コ投げで)傷つけてしまうかもしれない。下がって下がって(と言いながら退場)。

 この試合もかなり評判良いです。

【大社長総括】
高木 サイバーエージェント体制になって初めての両国大会ということで、こけられないものもあったし。今日は興行戦争だったと自分の中で思ってるんで。何が何でもパンパンにしなきゃなと。そういう意味では、大勢のお客さんに集まってもらって、去年の夏とそんなに変わらない数字だと思うんですけど。
(略)
高木 DDTっていうのは一昨年くらいでリセットされて、またゼロから新しく作ろうとしてる段階。その中で一つ形が見えたのかなと。竹下がチャンピオンとしてどう成長してくかも含めて。やっぱり石川修司は強かった。だけど、それに勝った竹下は背負ってるものが大きかったんだなと。
(略)
――両国2daysは2daysありき? それともマッスル?
高木 2daysありきだったんで。この体制になっていろいろあるんですけど、2020年に向けて拍車をかけていかなくちゃいけない。そのために、なんとなく2daysだなって。でもDDTで二日間っていうのはあれだなっていうので「どう?」って。丸投げですよ。


 新ロゴ発表。NIGOさん、武藤・全日本時代にコラボ興行されたこともあります。


 中継ゲスト。


 ↓abemaTV効果凄い。



大会終了間際に入江茂弘が現る

 ボイコットのような形で欠場していた入江茂弘がリングに。
本部席で上野がエンドアナウンスしていると、リング上には海外遠征中だった入江茂弘が、髪の毛も着ているTシャツも黒一色になって現れる。マイクを持った入江は「幸之介、このリングに戻ってきてくれ!」と竹下を呼び出す。竹下がALL OUTのメンバーと共に再び姿を現すと、リングまで呼び寄せた入江は「幸之介、防衛おめでとう。でも今の自分にはそのベルトが必要なんです。どうかタイトルマッチやってください」と入江が挑戦表明。それを聞いた竹下は「お久しぶりです。何をしてたんですか? 久しぶりに上がったと思ったら……。でも僕はいつか帰ってくると思ってました。だから僕のベルトに挑戦してもいいんですけど、ちょっと待ってください。入江さんがいない間、僕がずっとこのDDT背負って、このベルト11回防衛してきたんや。入江さん、あんたにこのベルトに挑戦する覚悟があるのか、オイ?」と言い放つ。そこに彰人が入ってきて両者の間に割って入ると、「入江さん、あんたね会社っていうのはね、いろいろな役割があるんですよ。別にあなたを外したのには意味があるんです。あなたはそれなのにあなたが大好きだと言っているDDTから、自分から逃げたんです。どのツラ下げてここに来てるんすか? あなたがいない間、僕らは頑張ってこの両国、大会成功させているんですよ。あなたがいる場所じゃないですよ、いまは」と辛らつな言葉を浴びせる。さらに「僕はね、いまここで竹下に挑戦するって言ったの認めないよ」とまで言われた入江は「確かに彰人の言ったことは正しいかもしれない。……でもなD王にエントリーされなかった理由っていうのは、ちゃんとした答えをもらってないんだよ。D王から逃げた? 逃げたのは会社じゃねぇのかよ? 両国をオマエらが盛り上げたかもしれないけど、自分はD王優勝してそのベルトをかけて、オマエとここでやって両国を盛り上げるつもりだったよ。自分はD王を外されたことはまったく納得してない」と反論するが、彰人は「入江さん、あんた子供過ぎるよ。自分の思い通りにいかなかったら会社が悪いって言うの? 違うだろ」とバッサリ。すると入江は「ゴチャゴチャうるさいんだよ! もう何が言いたいのか分からねえ! だったらな、オマエを納得させてやるだけだ! 幸之介、もう準備は出来ているんだ。覚悟しろ!」と吐き捨てて去って行った。だが、その背中に向かって「入江さん、あんたいつまでもバカのフリするの止めてもらっていいですか? あんたが頭いいの俺は知ってるんだよ! そうやってキャラ作ってバカなフリして!」と、なおも厳しい言葉を吐きかけた彰人は、竹下に「ああやって自分勝手に逃げる人間が、そのKO-Dに挑戦していいものなの? それは違うと思うよ! そんな人間には挑戦してほしくない! あの人はDDTのことが大好きって言ってるけど、DDTのこと何も考えてないよ! 自分のことしか考えてないよ! そんな人間がそのベルトに挑戦していいの? 俺はそんなの本当に悔しい! あんな人間がそのベルトに挑戦するのが本当に悔しい! 竹下、考え直せよ! 嫌だよ、俺は!」と涙ながらに訴える。竹下は「すみません。自分の考えが未熟でしたね。ちょっと……彰人さんはこんな性格なので、ちょっとごちゃごちゃ言いますけど。でも僕は分かりました。チャンピオンとしてひとつ言わせてください。彰人vs入江茂弘が見たいんです。それだけです。もう僕が言えるのはそれだけです。ありがとうございました」と言って引き上げると、観客は竹下の提案を支持するように歓声を送った。


 入江選手と彰人選手はブログの発言を巡りいろいろありました。
2017年12月25日更新
■ありがとうございました。 | 入江茂弘(DDTプロレスリング)オフィシャルブログ Powered by Ameba
https://ameblo.jp/shigehiro-irie-ddt/entry-12339206317.html
2017年12月29日更新
■入江茂弘 | 彰人(DDTプロレスリング)オフィシャルブログ Powered by Ameba
https://ameblo.jp/akito-ddt/entry-12340221270.html

 2018年以降、入江選手が海外遠征に出ると宣言し国内大会は欠場。しかし、入江選手が海外で試合を行っているという情報はありませんでした。

 一夜明け会見より。





■【一夜明け会見】4・1後楽園で彰人vs入江が決定!「すべてぶっ壊すために帰ってきた」という入江は会見を途中退席。「僕が尊敬してた入江茂弘は死にました」(彰人)/竹下のKO-D無差別V12戦は4・29後楽園。「すべての記録を塗り替えたい」 | DDTプロレスリング公式サイト
http://www.ddtpro.com/ddtpro/54757/ 
入江茂弘「(しばし沈黙の後)自分は、DDTをやめようと思ってました。今のDDTは、自分が好きだったDDTではなくなってしまいました。でも、それならすべてをぶっ壊してしまえばいいと思い、ここに帰ってきました。ここであらためて、竹下幸之介の持つKO-D無差別級王座に挑戦を表明します。。横からゴチャゴチャ文句を言ってくるヤツがいるけど、挑戦に認める、認めないとか関係ねえだろ。」

一人残った彰人がコメントする。「今の入江さんはね、ああやって都合の悪いこと、嫌なことから逃げて。D王の時だってそう、昨日の両国だってそう、今日のこの記者会見だってそう。都合の悪いこと、嫌なこと、うまくいかなかったことから逃げ出してるんです。僕が尊敬してた入江茂弘って、ああいう人間じゃないんですよ。どんなことでも立ち向かう人間だった。僕が尊敬してる入江茂弘は、僕の中では死んだのかなって。急にいなくなったりとか、僕には理解できないし、もしかしたら彼なりの考えがあるのかもしれないけど、自分の口で語ってくれないから分からない。僕らが分からなければお客さんに分かるわけがない。そんな人間が、竹下のKO-Dに挑戦して、仮にチャンピオンになっても、面白い試合、いい試合は最低限の話で、何を発信できるのか」

 入江選手が公式の場で「辞めるつもりだった」と語ったのは初めてではないでしょうか。それに比べれば前向きになっている。
 竹下幸之介と入江茂弘は、大阪プロレス学校出身同士。
 DDT総選挙のアンダーカード(本戦試合に出場できる順位に一歩足りなかった選手が闘う場)で一騎打ちを行い激闘を繰り広げ、「いつか両国メインで見返すような試合をやってくれるのだろう」と期待していたのだが…こんな形で実現の道が見えてくるとは。
 
 ゴタゴタをリングに落とし込み、プラスに持って行けるかどうか。
 こういうのはハマれば記憶に残る試合として今後の糧になると思うのだが。


タグ:DDT 入江茂弘

 個別記事ページ→ 竹下幸之介が大学卒論実証ジャーマンでV11、ムタまさかのラスト・ムーンサルト、2018年2月「マッスル」が両国で復活、入江茂弘現る〜3.25DDT・両国関連情報・動画・コメント

posted by sugi
2018年03月 01:55 | Comment(0) | DDT
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: