2018年02月11日

▼SANADAに苦戦もオカダがIWGP・V10、防衛記録は"ついで”/旗揚げ記念日にオスプレイと王者対決へ〜2月10日頃のプロレスニュース・トピックス








▼SANADAに苦戦もオカダがIWGP・V10、防衛記録は"ついで”/旗揚げ記念日にオスプレイと王者対決へ
▼永田裕志が北村克哉に"闘い”を注入、「僕はああやって馳さんや佐々木さんに…」
▼レイ・ミステリオが新日本・ロス退会参戦、対戦相手にライガー指名
▼美邑 弘海が突然の引退発表/スターダム2期生・鹿島沙希が現役復帰
▼“ディーノの化身”愚零闘補萌が現る
▼アイアンマン王座がホントの一般人に移動
▼近藤朱里、チリでのUFC2戦目が確定

ニュース

● 新日本プロレス



■2月10日 新日本プロレス / 大阪エディオンアリーナ、結果
http://www.njpw.co.jp/tornament/117890?showResult=1
オカダが強敵SANADAを下してV10!
・後藤はEVIL、オスプレイはヒロムを退け王座防衛!
・あのレイ・ミステリオが会場ヴィジョンに登場!
・3.25ロス大会でライガーに対戦表明!!

.
――今日もまた物凄い攻防となりましたが、勝敗を分けたSANADA選手との差は何だと思いますか?
オカダ「わかんないですね。正直、そんな紙一重の闘いになると思ってなかったですけど、そんな『何が?』ってのが考えられないぐらい、強かったですね」

――戦前に予想していたよりもSANADA選手は手強かったという感想ですか?
オカダ「まあ、あれがホントのSANADAの実力なんだと思いますしね。『やればできんじゃん』って。『最初からそれぐらいでやってくれよ』と(言いたい)。まあ、この(IWGPヘビー)ベルトに挑んだわけですから、『まだまだ手強い敵になって行くんじゃないかな』と。『やっかいな敵が1人増えたな』と思います」

オカダ「いや〜、なんか、『ふたケタ行ったな』と。別にふたケタを目指してたわけでも、防衛の新記録を目指してたわけでもないですけど、(戴冠)4回目ですか? このベルト持って、やっとふたケタ行けたわけです。どんどんどんどん…。元々、防衛回数というよりも、今日みたいな激しい闘いをして、プロレスのよさを皆さんに伝えて行くことのほうが大事だと思ってるんで。

オカダ「まあ、“ついで”。そんなに別に。まあ、その最長というのもそうですし、別に最多防衛したからどうだというのは(ない)。そういう記録というのは、また誰かに破られて行くものだと思うので。
正直、そんなに(意識しない)。11回防衛したときだって、誰も棚橋さんの記録を破ることはできないと、みんなが思ったと思いますし。僕の前の最長(記録)の橋本(真也)さんのときだって、誰もこんな長い歴史というのを破ることなんてできないと思っていたはずですけど、こうやって破る人間(自分)が出て来たんで。まあ別に、棚橋さんの11回を超えても、僕の中ではそんなに大きなものではないので。ま、“ついで”で。次、V11ですか? 行かせていただきたいと思ってます」

後藤「ダークネスワールド、堪能させていただきました。まあ、あいつにはね、いろいろ言ってきたけども、このままでいいのか? このままじゃいけないのか? いまはわからなくてもいずれわかる。一番重要なのは、変わらなきゃいけない自分に気づけるかどうかです。(※左肩に掛けているNEVERベルトを軽く叩いて)このベルトは俺に、新鮮で刺激のある光景を見せてくれる。今回で、それがよくわかった。いま面白くてしょうがない。もっと楽しみたいと思います。引き続き誰の挑戦でも受ける!」

内藤「(※タイチが去ってから立ち上がり)やれ、やれ…。さあ、“定位置”に戻りましょうよ(※と言ってコメントを出す本来の場所へ移動)。それにしても、次から次へと(対戦希望者が)現れるね。いいんじゃない? だって、こんなにおいしい相手、ほかにいないよ? 逆に絡まなきゃ損だからね。それから、いまタイチの顔見た!? あんなに生き生きしているタイチ、俺は数年ぶりに見たよ。

永田「まあ、一つひとつの技とかね、受け身とか、攻撃パターン、チョップ。エルボー、そういうものを一つひとつ、確かに身につけてるのはわかります。新人離れした体を使った、それを有効に使う技もできつつある。それはよくわかる。ただ、プロレスっていうのは本当に闘いなんで。自分の体を有効に使いながら、いざ殴られたり蹴られたりしたときに、“なにクソッ!”ってものがもっとリングで出ないと。リング上は闘いなんだから、相手に対して、怒りとか、そういうものをぶつけながら殴る蹴る、叩きつける、そういうレスラーになってほしいですね。すごいモノ持ってますから、北村ってのは。ま、我々も、昔はそうやって、先輩たちに殴られ蹴られ、谷底に落とされ、そっから這い上がってきたのでね。今日の彼の7番勝負、かつて僕らがやられてきたそのまんまのことを北村には伝えたつもりです。僕はああやって、当時のコーチだった馳(浩)さんとか佐々木(健介)さん、そういう人たちに谷底に沈められて沈められて、這い上がってきたっていうのがありますからね。まあ、ホントは北村なんかは、もっと攻撃を受けてもいいんですけど、今日までの(7番勝負のうちの)5番勝負までうまくやってたんで、あんまりそれが見えなかったんで、今日は僕が敢えて教えてやりました。この体……あの体で僕のことを吹き飛ばしたら、それはそれでいいんですよ。でも、そんなヤワじゃないんで。26年もやってきた永田裕志の体は。北村はもっとこういうのを受けなきゃダメですね。そして本物のプロレスラーになってほしい。そういう思いからくる厳しい攻めをしたつもりです」






 ↑試合後コメントで意味は説明しているようなものですね。しかし大変な時代だ。











● スターダム


 "シャウト”で売り出しているのかと思っていたのでビックリ。














● DDT







● UFC
■近藤朱里 5・19UFCチリ大会参戦:日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/battle/news/201802110000185.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp @nikkansportsさんから
 まだ正式発表ではないのかな?朱里選手ご本人がツイートされています。UFC2戦目。




● SEAdLINNNG
■【シードリング】首負傷で欠場中の高橋奈七永が久々にリングヘ「2月中には練習再開」:東京スポーツ
https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/womens_prores/913954/
『た復帰時期については未定としながらも「日常生活で、できないことはなくなった。2月中にはリングに上がっての練習を再開したい」と前向きに話した』。

● はぐれIGFインターナショナル
■藤田、カシン参戦!4・4新宿フェイスで新団体「はぐれTGFインターナショナル」船出:東京スポーツ
https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/mens_prores/913936/
カシン「だいたい旗揚げ戦っていっても中身は東京愚連隊興行と一緒じゃないか。名前を変えただけだろ!?」


気になったツイート

● やっぱり新人が片付けるの?







 個別記事ページ→ ▼SANADAに苦戦もオカダがIWGP・V10、防衛記録は"ついで”/旗揚げ記念日にオスプレイと王者対決へ〜2月10日頃のプロレスニュース・トピックス

posted by sugi
2018年02月 15:09 | Comment(0) | プロレスニュース・トピックス
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: