2017年12月25日

▼内柴正人、ハードヒット公開オファーなら「もう佐藤君とは絶対にしゃべらない(笑」)」、佐藤光留は諦めず〜12月24日頃のプロレスニュース・トピックス







▼内柴正人、ハードヒット公開オファーなら「もう佐藤君とは絶対にしゃべらない(笑」)」、佐藤光留は諦めず
▼コルト・カバナの世界観超え竹下幸之介がKO-D王座V10
▼カシアス・オーノ(NXT)、極悪同盟TシャツでDDT・後楽園幹線
▼美闘陽子引退、カイリ・セインも駆けつける
▼元スルースキルズ・有田ひめかアクトレスガールズでプロレスデビュー、秋山準も祝福
▼棚橋弘至ブログで膝の状況報告

ニュース

● ハードヒット
■内柴正人が柔術で2大会連続2階級V プロレス挑戦は否定:東京スポーツ
https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/869326/
 「もしそうなったら、佐藤君とはもう絶対しゃべらない(笑い)。興味本位で出ることは絶対にないです」。

.
■佐藤光留、内柴にプロレス参戦オファー「何としてでもウチのリングに」 : スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/fight/20171224-OHT1T50118.html
五輪2大会連続キンメダリストのプロレスデビューへ佐藤は11月からは内柴が練習する神奈川県座間市の柔術道場「ALAVANCA柔術アカデミー」に通いオファーしてきた。しかし、現時点では「プロレスはやったことがないので分からない」との理由で断られたという。

今回の来場で「ウチの試合を実際に見てもらって理解して欲しい」と訴えた。内柴の魅力を「本物の強さを持っているところです」と佐藤。金メダリストがプロレスデビューを決意するその日まで熱心に口説く意気込みだ。

 知り合いではあるんですね。
 内柴さんのハードヒット来場は、同じ道場の選手の応援が目的だそうです。




● DDT
■【NEVER MIND 2017のまとめ】カバナのペースに惑わされっぱなしの竹下、薄氷のKO-D無差別V10!/KO-DタッグはハラシマルフジがDAMNATIONを退ける! プロレス大賞2018最優秀タッグ取りを誓う!/ディエゴ、涙の日本ラストファイトも…T2ひー女子・平田一子からアイアンマンヘビーを奪取!/漏らしながらも大石が勝利してもNωA解散を認めない男色P、1・3後楽園でバラモン兄弟を投入! | DDTプロレスリング公式サイト
http://www.ddtpro.com/ddtpro/53010/

カバナ (左ヒザのサポーターを外して)これが見えるか? (テレビカメラに向かって)撮ってくれ。俺は勝っていたんだけど、リングの外に出たときに足をやっちまった。俺は勝っていたんだ! (負けたのは)これのせいだ! ただタケシタにやれたんじゃなくて、自分でやっちまったんだけどな。すごくいい試合だったし、タケシタはいいチャンピオンだけど、彼は俺を倒していない。俺は自分で俺を倒してしまったんだ。ゴメンナサイ。(記者の頬を撫でながら)ゴメンナサイ。

――28日には新宿地上最大武道会という1DAYトーナメントへの出場が決まっています。1回戦と2回戦はロープがない試合ですが。
カバナ 俺は10歳のとき、自分のベッドの上でプロレスをやっていた。そのときはロープなんてなかったからな! だから俺はもう準備できている。俺は自分が10歳だったときのように練習してくるから。そして俺は10歳の子供たちと一緒に練習してくるから。

――D王GPがありますが、先ほどリング上で優勝したら両国の相手を逆指名するという話でした。自分の中で両国でやってみたい相手がいてのことなんでしょうか?
竹下 あります、あります! うーん……竹下がチャンピオンだとして、竹下vsこの選手っていうのは恐らくよっぽどの何かが起こらない限り、組まれることがないだろうなって。後楽園でも、むしろ地方でも! 関係なく組まれる可能性が低いだろうなっていう。でも僕個人的には思い入れのある選手と、両国という舞台で試合がしたいっていう。言ってしまえば僕の自己満足なのかもしれないですけどね。でもD王GPに優勝することは、その権利が与えられるわけですから! これは誰にも文句言えないと思うので。だから楽しみです。モチベーションになりました。

――カバナ選手と闘ってみせ、何が一番すごかったですか。
竹下 うんとね……プロレスを楽しむ気持ち。確かにコミックなことをするし、必ずしも日本のいわゆる王道スタイルとは違うのかもしれないですけど、リングに上がる以上はみんな命懸けてるし。もう体すべてダメージとか、やっぱり怖い、恐怖感ってあるんですよ。(カバナはそれが)ないですね! カバナにはそれがない。楽しむ気持ちしかない。僕もプロレス好きだし、楽しいですよ。タイトルマッチもやり甲斐あるし、達成感もあるし。でも心の隅っこには怖いっていう気持ちもあるし、毎回その恐怖感っていうのはあります。カバナはそれが一切ないです! ゼロ! そこまでの選手、僕は初めてです。それこそ煽りVで名前が出た(エル・)ジェネリコとかケニー(・オメガ)さんとかにもないもので。本当にそれが恐ろしかったです。だからプロレスラーっていうのは笑顔で人を殴ることもできる職業なのかもしれませんけど、もっとね自分の命を懸けていることに対しての恐怖感がないっていう、それが恐ろしかったですね。あともっと言えば、あれだけお客さんの、オーディエンスの反応っていうのも気にしてますけど…気にしているっていうか、お客さんのレスポンスありますけど、それも正直どうでもいいと思っています! カバナは。自分のやりたいことをやるだけ。それにお客さんがついてきてくれるっていう……もうこれぐらい…僕もチャンピオンとして防衛ロードはもう自分の道を歩こうと思って、決めてやってますけど、まだブレがあったなと。あれぐらい自分のスタイルを貫くべきだなと。勉強になりましたし、こうあろうと改めて思いました。恐ろしかったですね。

















● スターダム



■2017年12月24日 STARDOM YEAREND CLIMAX2017 | 株式会社スターダム
http://wwr-stardom.com/?new01=2017%e5%b9%b412%e6%9c%8824%e6%97%a5%e3%80%80stardom-yearend-climax2017
大会詳細。

■“美しき狙撃手”美闘陽子が引退「一般女性に戻ります」カイリ・セイン来た/ファイト/デイリースポーツ online
https://www.daily.co.jp/ring/2017/12/24/0010846184.shtml

■カイリ・セインが美闘陽子引退セレモニーに登場!「本当にお疲れさま」:東京スポーツ
https://www.tokyo-sports.co.jp/prores/869461/
 サプライズ登場。
 今日の後楽園ホール、昼にはカシアス・オーノも来場。NXTスターが来日中。




● アクトレスガールズ




 アイドルグループ「スルースキルズ」として全日本プロレスのオープニングで歌を披露し続けているうちにプロレスファンへ。
 グループ解散後、プロレスラーとなることを決意。
 全日本プロレスに多くの選手が上がっているアクトレスガールズでデビュー。全日本のリング登場を目指している。

● 新日本プロレス
■マーマー復活|棚橋弘至 オフィシャルブログ powered by Ameba
https://ameblo.jp/highfly-tana/entry-12338929666.html
 膝の状況を説明。


● アイスリボン
y


● プロレスリング・アルカディア
■2017.12.24 プロレスリング アルカディア旗揚げ記者会見(アルカディア・アリーナ) - Togetter
https://togetter.com/li/1183170
 丸山さんの新団体?

● 東京女子プロレス



番組情報

● テレビ東京



気になったツイート

● 本人が演じる



● 外道自伝











 個別記事ページ→ ▼内柴正人、ハードヒット公開オファーなら「もう佐藤君とは絶対にしゃべらない(笑」)」、佐藤光留は諦めず〜12月24日頃のプロレスニュース・トピックス

posted by sugi
2017年12月 14:52 | Comment(0) | プロレスニュース・トピックス
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: