2017年10月29日

フィン・ベイラーvsAJスタイルズ(10.22現地時間 WWE PPV「T.L.C」感想〜WWE版バレットクラブはこれだけで終わりなのか?

カテゴリー:WWE





日にち経ってしまいましたが、今週放送されたWWEのPPV・RAWを中心にいろいろ書いておく。
 見た試合の感想はなるべくやっておきたい。全くできていないのだけど。

 実験的に記事を試合ごとに分けてアップしてみます。

CBIMG085.jpg



急遽、AJスタイルズが出場

  PPV「TLC」で行われたシングルマッチから。
▼シングルマッチ
 ○フィン・ベイラー(約18分 クーデグラ)●AJスタイルズ



 PPV直前にローマン・レインズとブレイ・ワイアットが感染症で欠場に。なんでも「おたふく風邪」らしい(公式発表ではない)。大人がかかると大変な場合もありますが、取りあえず重病ではなかったのでホッとしている。
 ワイアットの代打として出場となったのが、まさかのAJスタイルズ。南米のスマックダウン巡業から飛んで戻って来たのだとか。
 なぜWWEはAJを相手と決めたのか。体格が近く、間違いなく好勝負をしてくれる選手ということかもしれないが…"リスク”は考えなかったのでしょうかね。
 会場は2人を"バレットクラブ対決”として待っていた。ビックリするぐらいの大・大・歓声。試合中に巻き起こる「トゥー・スイート」コール。
 WWEではそこまで深く触れられていないストーリー。新日本プロレスを中心とするユニットなんだから当然。でも、観客の大半はその意味を分かって興奮していたように感じた。
 RAWではほとんど使っていないベイラーによるブラディサンデーを巡る攻防に歓声が上がり、期待通りの好勝負の末、ベイラーが通常フィニッシャーで勝利した(フットスタンプえぐかったけど)。もっとやろうと思えばいくらでもできた気もする。でも特別感はちゃんとあった。
 ハイライトは試合後。ベイラーとAJがトゥースイート・ポーズを合わせる。客席、大爆発。
 このサインに関しては、少し前に大きな波紋を呼んだニュースがありました。

[新日本プロレス] WWEがヤングバックスに対し “Too Sweetポーズ” の使用禁止を通告:UPDATE – 青空プロレスNEWS

 観客の大半がこのことを知っているのですかね? レスリング・オブザーバーどんだけ読んでるんだと。他団体のTwitterも見ているのか。
 サイン禁止の件を知らなくても、バレクラは他団体の話ですからねぇ。ネットニュースの浸透度に驚く。
 日本なら、ネットから火が付いた感のあるアンドレザ・ジャイアントパンダがどのぐらい知られているか調べてみたくなってきた。

 とにかく、これだけのリアクションがあったのだし、WWEの領域を超越してしまいそうな予感を臭わすバレットクラブ的軍団の結成を期待してしまう。新日本やヤングバックスを絡めなくても、ちょっとポジションの危うくなっているアンダーソン&ギャロウズを救うだけでも意味はあるでしょ。

 急遽とはいえ、WWEがバレットクラブ人気を上げてしまうリスクを冒してまでカード組んだ野田から…この先で何かある?
 しかし、その期待は翌日のRAWで吹っ飛ばされることに。  



 フィン・ベイラーが大ベテランのケインに完敗。
 そりゃ確かに年齢のわりにケインはよく動いているけど、抗争予定のストローマン戦に向け格を上げたいんだろうけど…これは。

 更にRAWのエンディングでは「RAWvs SD」の対抗戦に向け大予告編も。
 これで当分「バレットクラブ」の話は出てこないでしょう。あの1戦で終了ということもありそう。結局は欠場を埋めただけ。

 でも、僕はビンス・マクマホンが、リアルとフェイクの境界線上ぐらいで動くアングルの面白さをよく分かっている人だと思ってます。紙一重で恐いけどね。
 この興奮を捨てるのはもったいなさ過ぎる…それだけ、この日の盛り上がりは凄まじかった。今回の試合をキッカケに、どこかでやってくれる、はず。

RAW vs SD

 RAWにSD勢が乗り込む形で始まった対抗戦、なんだかんだで楽しみではある。昨年の対抗戦イリミネーションも面白かったですからね。
 SDがちょっとヒール寄りになってでもRAWを襲撃したのは、DAZN放送でフミ斎藤さんが解説していた通り、「RAWが格上」と見られることへの対抗意識」というのはあるのでしょうが、もう1つ。
 最近はそうでもないのですが、少し前まで「SDの方がRAWより圧倒的に面白い」という声が多かったんですよね。実際、自分もそう思ってました。だから、対峙したときにSDへ歓声が偏ってしまうことを恐れ、ヒール色を足したのではないかな?と思ってます。まぁ実際にリング上がったら結局SDに歓声集まる気もしますけどね。
 今のSDはジンダー・マハルが長期政権となってしまったことで、格のピラミッドが崩れちゃってる点がまず問題かなぁ。AJが王者の頃は最高でしたね。



 個別記事ページ→ フィン・ベイラーvsAJスタイルズ(10.22現地時間 WWE PPV「T.L.C」感想〜WWE版バレットクラブはこれだけで終わりなのか?

posted by sugi
2017年10月 21:56 | Comment(0) | WWE
この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: